真空管ラジオ(MT管)

MT管を使ったラジオを紹介します。

シャープOM-161 ナショナルDX-490 ナショナルAM-380  東芝TA-410
サンヨー SS−138 シャープ UC−104

シャープOM-161

シャープOM-161 MT管トランスレス5球スパーラジオ 昭和30年代前半?。小さくてかわいいラジオです。めずらしい19A3が整流管に使われています。最近はマジックアイが高価になり交換するのも大変です。このラジオは清掃のみでほとんど修理はしていません。マジックアイは弱りかかっていて、薄く光ります。
19A3,35C5,12AV6,12BA6,12BE6、6ME-10

ナショナルDX-490

ナショナルDX-490 MT管トランスレス5球スパーラジオ昭和30年代。ナショナルの小さいラジオ昭和30年代のラジオ。MW、SWの2バンド。昔のラジオやテレビには必ず回路図が付いていましたね。なつかしいです。このラジオにも内部に回路図が貼り付けてあります。修理をすることを予想して付いていたんですね。とても助かります。
35W4,30A5,12AV6,12BA6,12BE6

ナショナルAM-380

ナショナルAM-380 昭和30年代前半?。デザインがなかなかいいですね。でも正面向かって左脇が少し欠けています。欠けていたので安く買ってきました。MT管トランスレスのものにはめずらしく大きなマジックアイも付いています。プラスチック製のケースやパネルは汚れも落ちやすく掃除が簡単です。はじめは汚くて家に入れるのも躊躇しましたが、掃除をしたらこんなに綺麗になりました。MW、SWの2バンド  19A3,30A5,12AV6,12BA6,12BE6、12Z-E8

東芝TA-410

東芝TA-410 このラジオは私がラジオを集め始めるきっかけになったラジオです。あるリサイクルショップへ行き見つけました。デザインは良くありませんが、真空管のラジオを30年ぶりくらいに見て、欲しくなり買ってしまいました。今から思えば高い買い物だったと思います。今なら2000円以下でないと買いません。でも思い出のラジオなので大切にしています。  35W4,30A5,12AV6,12BA6,12BE6

サンヨー SS−138

サンヨー SS−138 製造年は不明。たぶん昭和30年代はじめの頃でしょうか?簡単な電源トランスを使った5球スパーです。 これはある骨董屋へ行ったとき店の主人が奥の方から持ってきて「鳴らないんだけど これはどうですか?」というので買ってきたもでものです。角が丸いデザインがめずらしいので少し高かったのですが買ってきました。入手時には鉄腕アトムや宇宙少年ソランのシールがあちこちに貼ってありました。前の持ち主に子どもがいてその子が貼ったんでしょう。微笑ましいですね。このラジオは痛んでいる配線の修理程度で鳴るようになりました。電源回路の平滑用コンデンサーと6AV6から6AR5のグリッドへ信号を送るコンデンサーの交換も必要だと思いますがまだしていません。5MK9,6AR5,6AV6,6BD6,6BE6

 

シャープ UC−104
少し変わったデザインをしていて新しさを感じます。傷も少なく比較的綺麗でした。出力トランスの断線と音量調整用のボリュームを交換しました。詳しくは修理日記をみてください。使用真空管は12BE6,12BA6,12AV6,35C5,35W4です。