真空管ラジオ(ST管)

真空管を使った昔のラジオです。たくさん集まりすぎて修理や分類整理が追いつきませんが、修理の終わったものや未修理のものでも私がおもしろいと思ったものを紹介します。しっかりとした修理をするならコンデンサーなどはすべて交換しなければならないと思いますが、できるだけ元の状態を保存したいので、ラジオ修理に関して私は必要最低限の修理で済ませています。

縦型4球再生式 Elman HS−63 ナショナルBX−230 帝国電波(クラリオンR-7)
Runo(ルノー)6S−11 Mullard社製(ST管) 放送局型123号受信機 スパーラジオMODEL NO.40
シャープ5R−85A

縦型4球再生式

3年ほど前に骨董屋で見つけた戦前のラジオ。昭和8年から10年頃のものだと思われます。メーカー名は不明でが、作りはしっかりとしていて、裏蓋にチューリップの花のようなしゃれた模様が切り抜かれています。手に入れたときには前面の一部分が剥がれて汚いラジオでした。当然受信不能。木工の得意な友人に前面の板を張り替えてもらい自分で塗装しました。内部は配線をやり直して、真空管をチューブテスター(T−V7)でチェック。幸運にもどうにか使える範囲でした。再生用の豆コンの軸が粘ついて全く動かない状態でしたので分解清掃。内部の回路は12B(12Fに交換されている)、27A(56に交換されている)、26B、26Bの4球グリッド再生検波方式、トランス結合でした。低周波トランスは断線もなく使える状態でした。電源回路の平滑用コンデンサーが昭和20年代後半から30年代はじめに頃に交換されたようで修理の痕がありました。

Elman HS−63

Elman HS−63 昭和26年から28年頃?に売っていた5球スーパーラジオ。まだテレビが一般の家庭に無かった頃、ラジオは娯楽の中心でとても高価なものだったでしょうね。木製ケースの上の部分が少しアーチ型に湾曲して、ちょっとおしゃれな雰囲気があります。ダイアルメモリのパネルはガラス製で磨くととてもきれいになりました。このラジオは私がラジオを集め始めた頃のもので、売れずに残っていたラジオです。あのころは5球スーパーはまだ人気がなかったようです。球の構成は80BK、6WC5、6D6、6ZDH3A、42、6E5(マジックアイ)で一般的です。6E5のみ新品に交換。(以前6E5は安かったのですが、今はとても高かくなってしまいました。)スピーカー前面の布は張り替えました。

ナショナルBX−230

ナショナルBX−230 昭和28年頃。当時の定価16800円。このラジオは私がラジオを集めはじめて2番目に手に入れて修理したラジオです。修理の仕方がわからず、本を頼りにどうにか修理しました。まだ、今のようなに修理情報をインターネットで調べられなかったので大変だったのを思い出します。これもお店で誰にも買われずに残っていたラジオです。めずらしいのは電源コードを壁に通すときに使う陶器製の白い保護管がついていることです。時代を感じますね。使う真空管は標準的な構成で80BK、42、6ZDH3A、6D6、6WC5、6E5です。6E5は新品に交換。痛んでいる内部の配線をやり直す。前面パネルの掃除。布の張り替え(できるだけ本来の布に近い黒いフェルトのような布)。木製ケースがだいぶ痛んでいましたので、削って塗装(これも友人に手伝ってもらいました)。

帝国電波(クラリオンR−7)

帝国電波(クラリオンR−7)の5球スーパーラジオ昭和26〜27年頃?。 寝ぼけ眼のマジックアイを真ん中に配置したデザインが何となくレトロな雰囲気。真鍮の飾りも磨いてみたらとてもきれいで気に入っています。木製ケースの状態は良く磨き込んだだけです。裏蓋はなくなっていたので自分で作りました。スピーカの布を交換。電源回路の電解コンデンサーの交換。いくつかのコンデンサーとマジックアイの交換。痛んだ配線の交換。80BK、42、6ZDH3A、6D6、6WC5、6E5です。

Jyonan&TV K.K Runo(ルノー)6S−11

Jyonan&TV K.K Runo(ルノー)6S−11 ルノーという名前の5球スーパー(銘板にはルノー6球スパー受信機と書いてある)丸ダイアルの綺麗なラジオで購入当時から状態が良く受信できました。6E5のみ交換して、あまり手を加えずに分解清掃しただけ。、いずれ修理をする必要がでてくると思っています。
12F、6ZP1、6ZDH3A、6D6、6WC5、6E5。

Mullard(英ムラード)社製のST管ラジオ

Mullard(英ムラード)社製のST管ラジオ。このラジオの製造年代は使用されている真空管から見てたぶん戦前だと思います?私の持っているラジオで唯一の外国製品。これはラジオを集め始めたころ行きつけの骨董屋で見つけたもの。当時はまだラジオの人気がなかったので売れずに残っていて安く手に入れました。電源が220Vと100Vで切り替えられるようになっています。購入当時から受信状態も良かったです。落ち着いたベークライトのケースに収まっていて磨き込むととても綺麗になりました。痛んだ配線のやり直しと清掃。前面パネルの布がシミで汚かったので交換。元の布は捨てずに丸めてラジオの中にしまっておくことにしています。(写真右下側)受信周波数は長波、短波、中波の3つ。長波の受信チェックはしていません。実物から回路図を作成していないので詳しいことはわかりません。真空管はPen4DD(検波出力5極管),VP4B(高周波増幅5極管),FC4(周波数変換8極管),DW2(整流管、両波整流)です。

放送局型123号受信機

放送局型123号受信機 会社名は不明。これは私が修理したものではありません。数年前近くのリサイクルショップで修理済みのものを見つけて買ってきました。内部が比較的丁寧に修理してあるので、修理した方に敬意を表してそのままにしてあります。ツマミが1つなかったので同じものを見つけてつけました。木製のケースは傷んでいますが受信状態は安定していて良好です。安定抵抗管B−37も健在でした。真空管がルーズベースだったのでしょう。シリコンコーキングで止めてありました。コンデンサーがいくつか交換(写真横に見える四角いコンデンサーも配線だけ外し元の状態を保存)され、配線もやり直してありました。丁寧に修理がされていて、裏蓋にはシャーシに触ると感電するので注意と書いてありました。とても親切な方ですね。
真空管は24Z-K2,12Z-R1,12V-R1,12V-V1,B37です。

スパーラジオMODELNO.40

メーカー名不明 スパーラジオMODELNO.40と書かれていた5球スーパーです昭和20年代後半。有名なメーカーのものではありませんが、作りはしっかりとしていて比較的小さくてかわいいラジオ。ケースの状態が良くきれいでした。内部の配線も丁寧で上手にできています。コンデンサーの交換と調整だけで鳴るようになりました。前面パネルの布の交換をしました。以前、当時ラジオなどに使われていた布を数メートル買っておいたものを使いました。
真空管は12F、6ZP1、6ZDH3A、6D6、6WC5

シャープ5R−85A型5球スーパー

シャープ5R−85A型5球スーパー 昭和26年頃。当時の価格7200円。このラジオは見つけたときはとても汚ない状態でしたが、デザインが気に入って買ってきました。シャーシを外してから細かいところまで分解、清掃するととてっもきれいになりました。細長いダイアル表示の左右にパイロットランプがありスイッチを入れると、きれいに光ります。シャープのラジオは独特なデザインのもが多く好きです。金属製のシャープのエンブレムやマークに時代を感じます。これも痛んだ配線をやり直し、コンデンサーをいくつか交換しました。また布も張り替え綺麗になりました。
オリジナルの布はケースの右脇にしまってあります。  真空管は12F、6ZP1、6ZDH3A、6D6、6WC5


   

ST管ラジオ(高価なものはありません)は、まだ未修理のものがたくさんあるので、いずれ修理行程も含めて公開する予定です。よろしければご覧下さい。