日本ハーク「HARK」社製

フィールドコイル型スピーカー

30年代はじめ頃に制作されたと思われるラジオ付き大型電気蓄音機です。昭和30年代後半から40年代に流行するステレオセットの前進のようなものですね。キャビネットはとても豪華で家具を思わせる作りです。このキャビネットは友人が所有しています。中身は私が所有していましたが、現在は分解してスピーカー・真空管・トランス・バリコンなどだけ保管しています。特に出力トランスとスピーカーは貴重なハーク社製が使われています。当時としてはとても豪華なものです。

スピーカーは日本ハーク「HARK」社製のものです。

このSPのフィールドコイルは直流抵抗で約1kΩ、ボイスコイルは直流抵抗で4Ω、出力トランスの7Ωタップに接続されていましたので、条件を設定してインピーダンスを測定してみないとわかりませんが5〜7Ωくらいでしょうか?重さはスピーカーユニット本体で5.2Kg、口径21cmです。コーン紙は白色のつるつるしたケント紙のようなもので、1枚の紙を円錐状に丸めて貼ってあります。エッジは鹿の革を鞣したものです。エッジの外側のSPを固定する部分にはフェルトが貼ってあります。フィールドコイル、ボイスコイルとも断線はなく状態は良好です。

全体的に状態良好!

エッジは鹿の革を鞣したものです。

ダンパーはベークライトのような素材でコーン紙は上質なケント紙のような素材で出来ています。

HARK「ハーク」のマークが鮮明に残っています。

ハーク社製の出力トランスです。重くてしっかりとした作りです。プッシュプル用のもので2次側は0、4、7、15Ωのタップが出ています。1次側のインピーダンスは今のところ不明ですが、6AR5PPの構成から推測すると10KΩくらいでしょうか?


このセットに付いてた電源トランス、チョークトランスともサンスイの良いものでした。電源トランスはヒーター用の2.5Vセンタータップ付きです。結局このセットの回路は6AR5のプッシュプルアンプの構成でした。