時計

小さい頃、家の柱にかかっていた柱時計が「ボンボン」と時間の数だけ鳴るのが不思議でどうなっているんだろうと考えたものです。その疑問を今になって解決できました。ゼンマイ仕掛けの時計は大きいので比較的修理しやすく、壊れたものを手に入れては、修理して楽しんでいます。時計もまた安物ばかりで高価なものはありません。

SEIKO 八角時計 MASTER CLOCK 400日 精工舎の柱時計
明治時計(柱時計)  Meiji置き時計 ウランガラスの時計

ウランガラスの時計(SEIKOSHA)

昔のウランガラスでできた時計です。ブラックライトを当てると良く光ります。

SEIKO 八角時計

SEIKOの30日巻き八角時計  ゼンマイ時計が作られた終わりの頃のものでしょうか?昭和50年代から徐々にクオーツ時計に変わっていったような気がします。これは昭和47年に売られたもので、文字盤はかなり焼けて色が黄色くなっていますが、そこが気に入って使っています。清掃と簡単な調整で動いています。

MASTER CLOCK 400日時計

日新堂で販売した MASTER CLOCK 400日時計 1954年に日本ではじめて完成し販売を開始しました。状態も良くなかなか綺麗です。新品の使われていない状態で骨董屋の店先にありましたが、あまりに綺麗なのでクオーツ時計と間違えたのか誰も買っていきませんでした。おかげでとても安く手に入れられました。長年動かしていなかったので調整が難しく半年かかってようやく調整ができました。

精工舎の柱時計

精工舎の時計 文字盤にSEIKOSHAの文字と機械部分に菱形に丸の中にSのマークがあります。古いものではないと思います。前面のガラスはしゃれた形に分割されて金属の縁取りがあります。買ったときにはすぐ止まってしまう状態でした。1日かかって修理してようやく正常に動くようになりました。今は正確に時を刻んでいます。

明治時計

明治時計 時計の裏に1957年と書かれた時計の説明書(旧仮名遣い)が貼ってあります。伊勢丹の貼り紙もありました。この時計も、しばらくすると止まってしまいました。分解、清掃、注油、調整で元気に動き出しました。木目がとても綺麗なのと、時を打つときの音がやさしくいい音です。

Meiji置き時計

昭和30年代初期のMeiji置き時計(30日巻き)。修理しなくても、はじめから正確に時を刻んでいました。
ちょっとレトロなスタイルがいいですね。