私が修理の時に使う道具を紹介します。古いものを修理するので、ほとんど中古の道具です。こんなものでもあると重宝します。

チューブテスターTV−7 オシロスコープ(40Mz 3現象) 周波数カウンター
低周波発信器 テストオシレーター グリッドディップメーター
LCRメーター 直流電源装置 アーク溶接機
絶縁抵抗計 SANWA テスター

チューブテスターTV−7

ラジオ修理の時に使う、チューブテスターTV−7です。真空管は見た目で使えるかどうかはわかりません。ヒーターのチェックをしてもそれだけではダメです。そこでこれを使います。1960年頃の米軍のものでとても簡単で使いやすいです。TV−7で調べると使えるかどうかのおおよその目安にはなります。しかし、これで調べても使えないこともあります。やはり実際に使って見るのが一番です。

オシロスコープ(40Mz 3現象)

岩通のオシロスコープ(40Mz 3現象) かなり古いものですが、アナログの回路を調べるのならこれで大丈夫です。ラジオの修理にはめったに使いませんが、必要な時もたまにあります。

周波数カウンター

アンリツの周波数カウンターです。これもあまり使いませんがあると便利なときがあります。赤い表示がとてもレトロで気に入っています。

低周波発信器

低周波発信器です。ラジの修理には使いませんが自作アンプなどの簡単な測定や調整に使えます。

テストオシレーター

テストオシレーター。ラジオの調整に使います。これは真空管式でST管が使われています。昭和30年代のものです。知人から頂いたもので大切に使っています。

グリッドディップメーター

昔のグリッドディップメーターです。真空管が使われています。2Mz〜250MHz

LCRメーター

アメリカンリライアンスのLCRメーターです。めずらしく新品で購入。何かと便利です。

絶縁抵抗計(メガー)

絶縁抵抗計 SANWA DM-5218S 
125V(200MΩ)、250V(500MΩ)、500V(1000MΩ)の3レンジでテストができます。また、最大AC600V、DC60Vの電圧測定もできるようになっています。

テスター

デジタルテスター と アナログテスター
テスター。20年くらい前新品で購入。だいたいこれを使えば修理は済んでしまいます。
アナログの針式の方が使いやすい場合もあります。その時は昔のアナログテスター使っています。

SANWA SP−18D  と  SANWA CD−771
SP−18Dは古道具屋さんで500円で買ったもの、CD−771は2006年夏に購入   

直流電源装置

直流電源装置 安物なのであまり大きな電流は取れませんが。ちょっとした実験やチェックに活躍します。

アーク溶接機

アーク溶接機 簡単な溶接に便利です。

その他は一般的な工具類を使っています。