時計

ただいま修理中!No.6


2008/2/3
MIKEN の鳩時計

2008/2/3
MIKENの古い鳩時計の修理をしました。
この時計は、ジャンクとして購入し、振り子と重りをさげる鎖が片方ありませんでした。そこで、もう一つMIKENのジャンク鳩時計の振り子と鎖を使うことにしました。振り子の形が違いますがそのことは我慢することにしました。鎖は同じ長さで重りの同じ物でした。右のMIKENの鳩時計はアンクル足が途中で折れていて修理が難しいものです。

左の時計を修理します。右は部品取り用です。

内部の状態です。

鞴や針を外した状態です。

ムーブメントの状態 かなり汚れていて錆も出ています。

綺麗にして、必要な部分にみ注油しました。
(基本的には歯車の歯には注油しません、油が付きすぎると油の粘性で動きが悪くなります。)

鎖はよく手で揉んで錆を落として、鎖の広がった所をしめて綺麗にしました。右は綺麗にした鎖です。

長年の汚れがこびりついていましたが、綺麗になりました。

組み込む前に、動作を確認して慎重に取り付けます。
その後組み立てた状態で動作を確認して鳩の出方や鞴の動き具合を調整をします。

最後に周りのケースを掃除して壁に掛けて、油が廻って滑らかになるまで動かしておきます。
その後、3週間ほどかけて振り子を上げ下げして進みや遅れを調整しました。
現在は、とても元気に時を刻んでいます。1日に1回重りを巻き上げます。