時計

ただいま修理中!No.4


2006/11/18
マツダセレクトスヰッチ時計 (セレクトスイッチ時計)

2006/11/20
1936年(昭和11年)頃に作られた、マツダセレクトスイッチ時計の修理をしました。修理のために同じ型の時計4台(50Hおよび60Hz各2台)を入手しました。この時計は、すでに70年程の年月が経過していますので、そのままでは全く動かないものや、動いても倍以上の時間でゆっくりとしか動かないものでした。今回はその中で50Hz用のもの2台を修理しました。60Hz用はいずれ時間ができたら修理する予定です。

50Hz用  No.1

50Hz用 No.2

60H用 No.1

60Hz用 No.2

まずは、分解して中の機構を確認しました。

修理の痕跡があり、ちょっと嫌な予感がしました。更に分解しました。

ここまで分解して、部品が欠品していることが判明しました。以前に分解さ、タイマースイッチの位置センサーとなる部品が外されていました。

短針と共に動いて、セットされた時間を感知する部品と、感知した時にその信号をスイッチへ伝える部品が外されていました。そこで、傷みの酷い60Hz用のものから部品を外して取り付けました。
 それから、汚れと油の固まったもので歯車などの動きが悪くなっていましたので、綺麗に洗って乾燥させ必要な部分に注油をしました。特に注意が必要ななのは、時間合わせができるように分針を動かす機構が適度な滑りと摩擦が必要なことです。

この部品が組み立てるときに注意を必要とするものです。綺麗に油を落として乾燥させてから組み立てます。時計を合わせる時に必要な適度な滑りと摩擦が大切です。

この時計にはワーレン型自己起動同期モーターが使われています。50Hzは金色で60Hzは銀色に塗られています。このモーターは電源周波数に同期して回転し、その回転を減速調整して目的の回転数にするギアが内部に組み込まれています。歯車の軸板は少し離れた2枚の薄い板でできていて、毛細管現象により油が軸穴に油が供給されうようになっています。古くなるとこの中に入っている油が堅くなりモーターが正常に回転しなくなり、音や振動がでるようになようです。

その問題を解消するために、写真の部分にある穴から注油するなどします。しかし、ここに注油しすぎると、問題がでてきますので注意しました。入れた後はしっかり封をしました。

50Hz用2つ目の時計を分解したところです。この時計は欠品なし、状態も比較的良好でした。しかし、時針、分針、分針の動きが悪く、時間を合わせる機構も動かなくなっていました。また、モーター内部の油切れによる回転の遅れと、異音の発生がありました。これも同様な方法で修理を済ませました。

組み立てて、スイッチの入るタイミングの調整をしました。

ケースを綺麗に洗って乾燥させ、磨き上げてから組み立てて修理完了。

左の写真が50Hz No.1(ケースが少しネズミにかじられている。) 
右の写真が50Hz No.2(こちらは、ケースも綺麗です。)
実際に使ってみると、どちらの時計も精度は良く、一般的なクオーツ時計並に正確に時を刻みます。機械式の柱時計に比べると安定性も抜群でした。昔に比べて供給される電源が周波数や電圧とも安定しているので、設計された時の精度が出たものと思われます。そのため、日常で使用する時計として十分使えます。タイマースイッチもツマミ部分を引き出すと約15分間スイッチが入りその後自動的に切れます。もう一つ良く設計されていると感心したことは、引き出した部分は自動的に中に押し込まれることです。ちゃんとリセットされるようになっています。1936年作られたものですがとても良くできています。