時計

ただいま修理中!No.2


2006/9/1〜

英計舎(EIKEISHA)

2006/9/1
1ヶ月ほど前に友人よりいただいた時計です。全体的に汚れがあり、文字盤の傷みとゼンマイ切れの状態でした。

英計舎製 二週間捲き 本打式(自動式)
掛け時計

状態はあまり良くないが、もともとは比較的良い時計のようです。

文字盤は白い塗装が剥がれて少し触ると落ちてくる状態です。

まずは文字盤の塗装を剥がして、白色に塗装し直しました。

レタリングシートを使い文字盤を作成しました。EIKEISHAの「I」を「Y」に間違えたり「1」の数字が傾いていますが、最後に修正しました。間違えても簡単に修正できるのがレタリングシートの良いところですね。

打廻り機構(鐘を鳴らす機構)のゼンマイが切れていました。時廻り機構(時計の針を動かす機構)は大丈夫でした。
左側の写真の右のゼンマイが切れて広がってしまっています。

ムーブメントを分解しました。元のように組み立てられるでしょうか?ちょっと不安です。

新しいゼンマイに交換します。左の2つは、付いていたものよりもちょっと大きいので、持っている中で一番小さい2週間巻きくらいのものを使いました。

組み立てます。

組み立て完了。調整をして注油。必要な部分のみ注油します。注油してはいけない所に注意します。

ムーブメントが完成したので、今度は時計のケースを綺麗にします。とても汚かったので、水洗いをしてしまいました。ガラスが切り子になってる部分に銀色の塗料が塗ってありましたが、その塗装は剥がして切り子だけの状態にしました。あとで塗り直すことも簡単なので今回は行いませんでした。

緩んだり外れた部分を修正して、ムーブメントをケースに組み込みます。

修理完了。壁に掛けてしばらくの間進み遅れなどを調整します。

この時計の説明が時計の裏に書いてありました。
詳しくは上の写真をクリックして大きくして見てください。