時計

ただいま修理中!No.2

2004/5/5

鳩時計の鞴(ふいご)の修理


2004/5/5
SEIKO鳩時計の鞴(ふいご)の修理

今回は鳩時計の鞴の修理をしました。昭和57年にお祝いとしていただいた時計で、数年前まで元気に鳩が鳴いていたのですが、鳴き声が小さくなり最後のは鳴らなくなってしまいました。分解して鞴の紙が破れていたので、障子紙を貼ってみました。しかし、障子紙では鞴の動きが重く良い音で鳴きませんでした。ある方から、「こんにゃく紙を使うんだ!」と教えていただきました。私の推測ですが、「こんにゃく紙」は、和紙をこんにゃく糊で処理した、薄くて軽く、しかも強い紙のようです。

内部写真中の右上に見える四角いものが、鳩の鳴き声を出すための鞴です。モーターで鞴を動かしています。

破れたところだけ障子紙で貼ってみましたが、動きが鈍く(重く)良い音が出ませんでした。

こんにゃく紙を使って張り替える途中です。この作業不器用な私にはかなり難しい作業でした。

試行錯誤で張り替えましたが、途中で向きを間違えたり、きれいに貼れなかったりと大変でした。この写真でも左側の写真の右側の鞴の向きが反対です。その後修正してどうにか完成しました。その後、元気な声で時を知らせてくれています。