その他

ただいま修理中!

2003/3/2〜2004/6/1

AM2波対応レシーバー

ちょっと昔のラジオカセ
(SONY CF-1900)



2004/5/31
ちょっと昔のラジオカセットレコーダー(SONY CF-1900)

休みだったので、頼まれていたラジカセの中を開けて修理できるかどうか調べてみました。私には、BCLラジオやラジカセは修理は難しので簡単な故障の場合のみ修理しようと取り掛かりました。症状は音も出ず、全く動かないので電源が故障しいるのかと思ってチェックしてみました。電池ボックスは電池の液漏れで腐食が進んでボロボロです。ACコードをつないでもトランスの2次側電圧が出ません。1次側をテスターで調べるとやはり断線していました。電源トランスの故障が第1の原因でした。交換用の部品が無いのでこの部分はあきらめました。次に電池ボックスの電極(マイナス側)の交換です。市販の電池ボックスよりバネの電極を2つ取り、それを付けて電池が使えるようになりました。また、外部電源からDC6Vを入れられる端子が付いていたのでここからも電源が供給できることを確認しました。動作を確認するためにスイッチを入れると、多少接触不良がみられるものの、FMは大きな音で受信できました。AMはいろいろ調べましたが、全く反応無しでダメでした。AMが部分が壊れているのは珍しいですね。カセットレコーダーは回転数が遅れる感じでした。これは、ゴムベルトが劣化して伸びてしまった状態です。分解して内部を確認すると、すべてのベルトが伸びた状態で交換が必要でした。これも、現時点ではベルトがないので交換をしないで組み立てました。結局今回は修理できない部分がほほとんどで、FMラジオだけ使えるようになっただけでした。残念!

SONY CF−1900               腐食した電池ボックス

1次側の断線した、電源トランス      マイナス極を交換した状態

2003.3.2 AM2波ステレオ(S2A−340)の内部
昨日がらくた日記に載せた、AM2波ステレオの内部の写真をみてください。昨日ラジオ工房の掲示板で加藤様から教えて頂いたので内部を調べてみました。心配していた真空管ですが調べたところオリジナル状態のようです。12AU7(双3極管)がどうして使われているのかはわかりませんでしたが、2つの三極部がどちらも使われていました。下の写真の12AU7と同じ位置の12AV6の配線を見ると、明らかに異なる回路になっていますので、真空管の差し間違えではなさそうです。出力トランス(LT−389Hと表示あり)も普通のものではなく、P1、B、P2の端子があり30A5のそれぞれのプレートやB電源にがつながっています。プッシュプルアンプのトランスのように見えますが、良く見るとちっと違います。左右の信号が1つのトランスに入っています。これって普通のオーディオアンプでは考えられません(私の理解力では)。それから更にその出力トランスの左隣にある、わけのわからないトランス(LT−398と表示あり)に直接つながっています。はじめはチョークコイルかな?と思いましたが違うようです(自信はありませんが)。このトランスはいった何のでしょう?ケースの表パネルを見ると聞いたこと無い「DSC」という表示とボリュームがあります。これも何のためにあるのかわかりません。DSCのボリュームを回すと内部の黒いパネル(左右両方ある)がそれぞれ反対方向へ動いて何かの状態を表示するようです。パネルの裏にはパイロットランプ2つがついていてDSCの状態を照すものと思われます。プレイヤー部分はクリスタルピックアップで16、33、45、78回転で回ります。部品は見た限りでは、あまり痛んでいないのでスピーカーを接続するとこのまま動作するかもしれませんが、心配なので通電していません。受信可能バンドはMW(530〜1600KC)とSW(3.8〜12MC)です。

ラジオ工房の掲示板にて内尾様、加藤様、松田様よりいろいろアドバイスいただきありがとうございました。
内尾様よりDSCに関してDifference Signal Control(差信号制御)の略であることを教えていただきました。
詳しくは「ラジオ工房」をご覧ください。

配線の様子と本体の外観

12AU7付近の配線(左) 12AV6付近の配線(右)          

<DSCのボリュームと表示(左)> 
左側写真で<左が正体不明のトランス><右が出力トランス>< 真ん中上は6.3V用のトランスでランプへ供給>