ラジオ

ただいま修理中!NO.4

2006/8/16
ナショナル BX−420
このラジオも職場の友達からの依頼で修理しました。昭和30年代のナショナルのラジオで、友達が骨董屋で500円で買ってきたラジオだそうです。外観は比較的綺麗ですが500円ですから当然鳴りません。真空管の構成はごく一般的な12BE6、12BA6、12AV6、30A5、35W4です。中波と短波の2バンドが受信できるものです。

 ナショナルのトランスレス型ラジオ BX−420

内部の様子

BX−420の回路図

まずは、掃除からはじめました。シャーシーを取り出して、ケースは水洗い。回路本体は雑巾や綿棒などで綺麗にします。

綺麗に掃除をする。

これで掃除修了。これで修理がはじめられます。

このラジオは持ち主が通電して「鳴らない」と言っていましたので、すでに以前通電されています。そこで、今回は電源を入れて確認することにしました。ノイズが聞こえますが放送はほとんど聞こえないくらいの音でした。各部の電圧のチェックをしたところ、電源部はほぼ正常に動作してるようでしたが、出力管30A5の第1グリッドにプラスの電圧がでています。6AV6から30A5の第1グリッドにつながるコンデンサを外してチェックしたところ、絶縁不良の状態です。この0.01μFのコンデンサが1〜2MΩくらいの抵抗値を示します。そのため、交換することにしました。新品に交換して電源を入れると今度は大きな音で歪みもなく鳴るようになりました。
 ここまでは、良かったのですが、他にも同じようなパラフィンでコーティングしてあるコンデンサがあるので、念のためにチェックしてみると、ほとんどのものが絶縁が悪いようです。他のものも絶縁抵抗計で調べると、良い物で200MΩ、悪い物で5MΩくらいまで下がっています。使われている所によっては、この状態で動作していますが、いずれ更に悪くなると思われるので、問題となる部分は交換することにしました。

絶縁抵抗計にてチェックしすると2MΩ程の抵抗値を示し電流が流れ続けます。

今回交換した部品です。全部で6本交換しました。
このコンデンサは何故か絶縁が悪いようです。
最初から絶縁が悪いのかもしれませんが、経年変化によるものとも考えられます。
現在売られているコンデンサは大丈夫だと思います。

最後に簡単に調整をして修理完了。

このラジオはトランスレス型のラジオで、AC100Vの片側を直接シャーシーに落としているので、電源プラグをコンセントへ差し込む際に、差し込み方を反対にするとシャーシーまたはアース線に触ると若干感電します。その時はプラグの差し込み方を反対にします。