ラジオ

ただいま修理中!NO.3

2006.8.12

マツダ 5LA−28

2006.8.12
マツダ 5LA−28

はじめの状態は真空管のヒーターは点灯するが全く音が出ない状態でした。使われている整流管が25M−K15で入手の難しい真空管です。私の修理は自己流で技術は高くないので修理できるかどうかちょっと心配でした。

何かの熱によるダイヤルとケースの歪みが見られる。

内部は比較的状態が良い。

ケースの底に回路図が貼ってある。修理する時にとても便利です。

ダイヤルが歪んでいたこともあり、片方のダイヤルは外れず途中で切断して内部をケースから引き出す。その後、残ったツマミの所にドライヤーで熱を加えて残りの部分を引き抜く。

濡れ雑巾・綿棒・無水アルコールなどで出来るだけ綺麗に汚れをとりました。
ケースやツマミは回路図を痛めないように前処理して洗剤などを使い完全に水洗い。

底から見た配線の様子。コンデンサが劣化している心配があります。テスタで電源の各部分の絶縁を確認した後に、真空管を差し込んで短時間通電し状態を確認しました。ヒーターは点灯するもののスピーカーからはノイズも聞こえません。全く音のしない状態です。電源を切りスピーカーのチェックをしたところ導通は有り使える状態です。次に配線を外して出力トランスのチェックをしたところ、1次側の断線とわかりました。新品でこの大きさの出力トランスは持っていないので、物置へ行き古いラジオから使えそうなトランスを外してきました。35C5が出力管であることと付いていたスピーカーから1次側3kΩ、2次側3Ωとある中古のトランスで代用することに決めました。

 出力トランスを交換したら、ブーというハム音とザーというノイズが混ざった音がスピーカーから聞こえてきました。これで低周波出力部はどうにか動作しているようです。でも放送はなにも受信できませんでした。
 ここまでやって疲れたのでちょっと一休み。真空管が悪いかもしれないので、TV−7(真空管試験器)でチェックすることにしました。

TV−7でチェックした結果12BE6、12BD6、12AV6が不良であることがわかりました。3本とのもエミッションが低い状態でした。特に12BE6に関しては全く使えないものでした。周波数変換管、高周波増幅、検波・低周波増幅の3本とも不良なのは珍しいです。普通は整流管や出力管が劣化してることが多いです。これは、どうしたことでしょうか?幸い、入手困難な25M−K15が正常範囲でだったので一安心でした。最近この25M−K15は秋葉原へ行っても入手はできませんでした。また、yahoooのオークションでもほとんど見かけません。どうしても、見つからないときは、35W4の6番4番ピンを結線して代替の真空管として利用する方法があります。

新品の真空管に交換して再度通電してみました。通電してしばらくするとザーという音の中から放送が聞こえてきました。しかし、まだ感度が悪く雑音も多いように感じます。そこで、各部の電圧とコンデンサのチェックしました。

 電圧が基準より何故か低く出ていました。そこで、容量の小さいコンデンサは絶縁抵抗計とLCRメータでチェックしてみました。ブロックコンデンサは容量が大きいので、アナログ式のテスタで簡単に絶縁をチェックした後に、LCRメーターで容量チェックをしました。残念ながらテスタではしっかりとした絶縁テストはできません。こんな時はケミコンテスタを使うのが一番便利ですね。今度作ろうと思います。
 最近のDMM(DIGITAL MULTIMETER)はコンデンサの容量や周波数も測れるものがありますが、昔からのアナログテスターも周波数特性がデジタル式に比べて良いなど利点があり修理に必要な時があります。

 SANWA CD−771  と  SP−18D

 回路と本体の配線からフローティングアースのようです。ブロックコンデンサは、一部容量抜けの状態。それから、フローティングアース用のコンデンサの1つが絶縁不良でした。友人のラジオなので、この際、信頼性が疑われるコンデンサーすべて交換することにしました。出力管のグリッドにつながる結合コンデンサは正常範囲でしたが念のため交換しておきました。
 感度・受信状態・安定性もとても良くなりましたので、簡単な調整をして内部の修理は修了しました。

最後に切断して外したツマミを元通り修理して取り付け、ケースの清掃をして修理完了です。
大きく歪んだツマミは、お湯につけて歪みを直しましたが、まだ歪みが残っています。

修理に12時間程かかりましたがどうにか修理が終わり綺麗になりました。