ラジオ

ただいま修理中!NO.2

2004.4.4

ナショナル真空管ラジオ
(E−330)

2004.4.4  
ナショナル真空管ラジオ(E−330)

久しぶりにラジオを修理しようと思い立ち、物置から取り出しやい位置にあったナショナルE−330を奇麗にしました。
このラジオは元々良く受信できましたから、大きな故障は無く奇麗にすることと内部の調整やチェックが目的です。

 

はじめに内部のシャーシなどを取り出して清掃することにします。

細かい部分に汚れが入り込んで水で洗っただけでは落ちないので、キッチン泡ハイターを使いすっきり奇麗にします。
長い時間付けておくと落としたくない文字などが落ちてしまうことがあるので注意しながら短時間で処理します。
白い点はペンキがかかっているので落ちませんでしたが、コンパウンドで磨いて落としました。

内部は丁寧に水やアルコールなどで汚れを落とし、完全に乾燥させます。スチーム洗浄機などを使うと奇麗になるそうですが、まだやったことはありません。トランスの内部に水分が入らないように気をつけています。この乾燥が不完全だと受信できない状態になります。

完全に乾燥させてから、内部の部品をチェック特に12AV6から30A5(出力管)へ信号を送るコンデンサーは、しっかりチェックして不良の時は交換をしましすが、このラジオは大丈夫でしたので交換しませんでした。その他、各部の電圧などをチェックしましたが特に問題はなさそうなので、そのままにすることにしました。パイロットランプが切れていましたので交換しました。調整もそれほどの狂いは無くとても良く受信できました。

今回は修理と言うよりは掃除でした。
昭和30年代中頃のラジオも掃除をしっかりとして磨き込むと購入当時の輝きを取り戻し、充分インテリアとして使えます。