ラジオ

ただいま修理中!No.2

シャープ UC−104
MT管ラジオ
SONY ICF−5600 ダイアル糸の交換
布の張り替え Columbia 1847 B37の違い? 
昔のオートトランス SANYO SF−78 戦前のラジオ修理NO.1

2003.5.5
戦前のラジオの修理(縦型)

久しぶりに真空管ラジオの修理をはじめました。写真のような戦前のラジオでシャシーも木製です。加工や半田付けなどの様子から見て素人の方が自分で組み立てたもののようです。部品はしっかりした良い物が使ってあります。はじめケースの底が虫食いでボロボロなっていましたので、新しい板に交換しました。側面下にある飾りの枠も紛失していましたので、これも新しい物をつけました。

手に入れたときの状態です。

ケースの修理中の写真です。右側はオイルスティンを塗って仕上げた状態です。

きれいになったケース
スピーカーや裏蓋の布は最後に全体の雰囲気をみて交換するかどうか決めます。

修理前の内部の配線状態

メーカー品ではないので実際の配線から回路図を起こしてみました。特に変わった回路ではありませんね。たぶん、この回路であっていると思います。再生式グリッド検波、低周波増幅2段(0−V−2)でしょうか?真空管、トランス、スピーカー、抵抗は今のところ使えるようです。コンデンサーはバリコン以外すべて交換が必要ですね。内部の修理はこれからゆっくりやります。
5月11日に47B部分の回路図に間違えを見つけ修正致しました。(次回へづづく)
<訂正>回路の2.5KΩは実際にはずして抵抗値を測ったところ28KΩでした。調べたときに抵抗値の表示が不明瞭であったため汚れを小数点と間違えたようです。

2002.1.18
SANYO SF−78(MT管トランスレスラジオ)

今日は修理に挑戦。先日修理を頼まれたラジオです。完璧な修理ではありませんが、面白かったので載せます。
真空管は19A3、30A5、12AV6、12BD6、12BE6、6M−E10(マジックアイ)です。


使えると言うことで買ってきたけど、使えなかったと言っていました。良くあることですね。預かったときからとてもきれいです。40年以上経っているのにきれいなのは変ですね。このようなラジオは内部に手が加わっている可能性が高いです。コンデンサーや配線など簡単チェックをしてからコンセントを入れて見ましたがスピーカーからは何も音が出ません。電源回路をチェックしたところ電圧は出ています。スピーカーのチェックもOK。真空管の各部の電圧を調べてみたところ、出力管のプレートに電圧がかかっていません。出力トランスを調べたとろ一次側断線でした。これは交換しました。

もう一つ不思議だったのはマジックアイ6M−E10です。ヒーターが光りません。他の真空管は全部光っているのにこれだけ光らない。おかしいですね。全部直列につながってるのに光らないなんて。真空管を抜いても他の真空管はヒーターが点灯します。更におかしい?マジックアイのソケットの中を調べてみると、なんとヒーター端子が短い線で半田付けされショートしてあります。不思議です。よく考えると、マジックアイのヒーターが切れたのでショートして使っていたのではないでしょうか?きっとこれを修理した人はプロではありませんね。これでは他の真空管のヒーターに加わる電圧が変わってしまいます。これは元に戻して新品の6M−E10を付けました。この段階で一応受信出来るようになりました。でもまだありました。ボリュームを絞っても音が消えません。小さい音になりますが最後まで絞りきれません。これはボリュームの故障でした。交換しようと思いましたが、2連のSW付きで特殊なもので持ち合わせがないので、これはこのままにすることにしました。その他は出力管のグリッドへ信号を送るコンデンサーのチェックですが、グリッドの電圧を調べたところ大丈夫でしたのでそのままにしておきました。他のコンデンサーも交換した方が良いものあるのでしょうが、今回はできるだけオリジナルの状態を維持すると言うことでそのままにしました。調整はあまりずれていなかったので簡単にやって終わりにしました。不完全な修理ですが楽しめました。

2002.12.22
Columbia1847 7TRラジオ

 久しぶりに更新です。少し前に入手してそのままにしてあった、とても気に入っているTRラジオを修理しました。エンジ色がきれいでデザインもいいです。手に入れたときは全く音が出ない状態でした。故障の原因は2つ有り、1つは電池ボックスとパワースイッチ(スイッチ付きボリューム)の腐食による接触抵抗の増大。もう1つは、電池を入れる部分のケースにひびが入っていて、電池をしっかりと電極に押さえることができないことでした。電極の腐食は電池が入れっぱなしで腐食が進んだものと思われます。スピーカーのフレームの一部分まで腐食が始まっていました。電池ボックス片側の接点金具は腐食のため使用不能でした。
 
 ケースのひび割れの原因は設計上無理があったと考えられます。それは、電池ケース部分に余裕が無く電池を入れるとケースに少し無理がかかる状態です。マイナス電極もスプリングなどで押さえてあるのではなく、電極を少し凸の状態にしてあるだけで、電池を入れるとケースに僅かな歪みができ、その復元力で電池を押さえる程度でした。
 
 取りあえず、分解してスイッチ電極を磨き、内部を清掃しました。清掃はケースだけにして泡ハイターで処理して汚れを落とし、細かい部分は楊子などを使って無水アルコールできれいにしました。
 最後にアクリル磨きを使い、細かい傷を落としながら、きれいな布で磨き込みます。こうすると製造当時の艶や輝きを取り戻します。使用TRは2SA93、2SA49、2SA92、2SA53、2SB54、2SB56(2つ)、ダイオードSD46(IN60)です。

写真のボリュームのSW部分が腐食により接触不良をおこしていました。このような故障は接点の小さいSWつきボリュームでは良く見られます。小さくて見づらく、分解して接点を磨く必要があるので見逃しやすい故障原因です。このラジオは接点を磨いて直接電池を付けてみると良好に受信出来ました。今度は右側のケース割れを2液混合のエポキシ接着剤と伸び縮みの少ない布で簡単はFRPとして処理しました。下の写真は途中の状態で、その後もう少ししっかりと固定しました。これでも電池を入れると力がかかるので不安ですね。片側の電極をスプリング式の接点金具に取り替えて、どうにか安定して電池が入るようになりました。

2002.9.28
昔のオートトランス(ステップアップトランス)

戦時中から戦後の電力供給が悪い時代に、下がってしまった電圧を上げてラジオなどで使えるようする装置だそうです。
分解して内部の構造を調べてみました。

内部はこんな感じです。トランスは大きいですが、粗末な作りでネジで4カ所手で止めてあるだけ。ネジを外すとトランスの鋼板が1枚1枚バラバラになる状態です。鋼板1枚1枚がとてっも厚く粗雑な作りです。ケースは木製で釘と木ねじで止められていました。製造以来一度も開けられた形跡はありません。金属で作るられた部分が少なくコンセントも厚紙のようなものでできています。前面パネルのみアルミが使われています。電圧計は交流0〜150Vまでものもです。6段階(実測値で100V 111V 122V 135V 150V 170V)で電圧が調整できるようになっています。スイッチも金属部分の少ないとても簡単なものです。このようなトランスを使わなければならない電力事情の悪い時代があったんですね。会社名はPEACE ELECTRIC CO.LTD
オートトランスの左にある電球を入れるソケットのようなものは何に使うのでしょうか?私にはわかりません。これも木製であまり金属部分の無い作りです。スイッチで3つの電球が切り替えられるようになっています。会社名はTOKYO CHERRY SHOJI CO.LTD JAPANです。売っているときにオートトランスと一緒に付いてきました。これの使い方を知っていらっしゃる方は教えてください。

B37の違い?

左上の写真は下にある会社名不明のB37を入れたときの状態です。  右上の写真は3つともマツダB37です。一番右のものは少しガラスの大きさが小さく、ガラスの一番上の部分にマツダB37と書いてあります。右の2つは横の部分にマツダB37と書いてあります。             

会社名不明のB37。マツダB37とはガラスの形状やフィラメントの長さも違います。これは電球のように明るく光りますが、正常に動作しています。原因は不明です。(この放送局型局型123は私が修理したもではありません。入手当時からルーズベースを修理してありました。)

SONY ICF−5600の修理(二個一)   2002/9/7
3年ほど前、買って置いたボロボロ5600。電池ボックスの電極が錆がひどくボロボロでおまけにバッテリーチェックを兼ねるチューニングメーターまで動かない。直すのも面倒なので物置の奥に忘れていました。先日、外観は比較的奇麗な5600を偶然入手。これは動作が不安定(AMとSW)。そこで、2つ合わせて1つにすることにしました。

まずは、分解。比較的簡単にケースから取り出せました。
バーアンテナの所にネジが1本隠れていました。





チューニングメーターの交換。使える方のラジオから取って付け替えました。電池ボックスの電極も取り外して交換。電池ボックスにはシリアルNOがあるので電極金具のみ交換しました。

ついでにケースを洗浄。いつも私は泡ハイターを使います。泡ハイターをかけて歯ブラシで汚れを落とし、短時間置いておくときれいになります。良く乾かしてから組み立てです。

まだ、ちょっと汚れていますが、すべてのバンド(FM,AM,SW)が使えるようになりました。今のところ、受信感度、安定性とも良好です。技術的にあまり高いものを持っていない私の修理はこんなものです。BCLラジオの修理はかなり難しいと思いますので深入りはしないようにしています。
 いつも「今のところ」と書くのは修理しても数日使ってみないと本当に直ったのはっきりしないからです。特に古いものは修理直後は大丈夫でもしばらくすると動作が不安定になるものもあります。何年もあるいは何十年も動かしていものは全体的に劣化しているので、修理しても他の部分が壊れることがあります。


真空管ラジオ (シャープ  UC−104)修理の様子             2002年8月24日 〜 9月  

修理前のラジオ。汚くて、まったく音が出ません。取りあえず中を見てみましょう。

ホコリがたくさん積もっています。電気を入れると真空管のヒーターは赤く点ります。雑音も聞こえません・・・。
ということは出力回路またはスピーカの断線の可能性大です。まずは、音の出口からチェックです。各部の電圧をチェックすればどこが悪いかおおよその目安がつきます。

シャープの真空管が使われています。




スピーカーはOK。次は出力トランスです。2次側OK。次は1次側テスターでみると断線でした。(電圧をチェックすればすぐ分かりましたね。)1次側インピーダンスは2.5Kオームです。2次側8.5オームでした。 予備のトランスは幾つか持っていますが、このラジオにお金をかけるのはもったいないので、同じような(MT管トランスレス5球スパー真空管もほぼ同じものをつかっている)ジャンクのラジオを物置から見つけてきて使いました。 右下の写真 ONKYOのラジオ。

少し形が小さいですが、ほぼ同じ出力管が使用され、スピーカーの定格もほぼ同じものなので大丈夫と判断しました。
テストすると大きな音で放送が聞こえてきました。


今回は簡単だったと思いましたが、ボリュームを絞ってみると音が消えません。どうしたのかな?と今度はボリュームの抵抗値をチェックしました。表示は500KオームA型スイッチ付きです。スイッチは電源スイッチに使われています。
外して抵抗値を調べたら最大900Kオーム前後、最小8Kオームでした。抵抗値が大きくなっていて絞ったときの値が大きすぎるので、新品に交換することにしました。 秋葉原で買っておいたものをシャフトを延長して使いました。A型が無かったので少し使いづらいですがB型です。写真左。継ぎ手つきの延長シャフトで長さを揃えました。この時点でAVC電圧をチェックし、同調したとき−4V〜−5V前後でていました。
ロータリースイッチの接触不良によりSWの受信が不安定だったので外して接点を掃除しました。その後簡単に調整して完成。

雑な修理ですがとりあえず、これで終わりです。最後に回路図などを痛めないように注意しながらケースを分解して、細部まできれいに洗い、プラスチック用のコンパウンドで磨きました。ちょっとめずらしい形のラジオです。きれいになったので、これでようやく家の中に入れられます。

※その後、音量の調節が自然に行えない症状がでていました。音量を絞りきる直前でちょうど良い状態です。
 ラジオ工房の内尾様よりアドバイスをいただきボリュームを500K(A)に交換することにしました。

音量調節用のVRを500KΩ(A)に交換しました。以前よりもスムーズに調節できるようになりました。
出力トランスは取りあえず他のラジオから取り外したものを使いましたが、上の写真のようなもの(これは1次側3K〜7KΩのものですが12KΩまでのものもあります。)も売っています。







<ダイアル糸の交換>

☆修理の途中でダイアル糸を半田こてで切ってしまいました。そこで、交換用に買って置いた墨壺用の糸(太さが何種類かあります。)で張り直しました。
いろいろ試してみましたが、値段と入手のし易さはこれが一番だと思います。
糸の感触や強さもオリジナルのものに近く扱いやすいです。

右の写真が本物のダイアル糸です。墨壺用のものに比べて感触も柔らかく使いやすく、250m巻き1750円。
秋葉原で売っています。これだけあれば一生使えますね。

<前面パネルに貼ってある布の張り替えについて> 私の場合

昭和20年代の木製ケースのラジオでは、前面パネルに貼ってある布が痛んでいる場合が多く。交換した方が見栄えが良くなるものがよくあります。手芸店や布の専門店へ行くと、布の端切れを山積みにして安く売っています。私は、その中から比較的織り目が粗く落ち着いた柄のものを買ってきます。特にジュート(麻)を荒く織ったものはとても雰囲気が良く昔のラジオの合います。柄はできるだけ細かいものを使います。カーテンの布もいいのですが、どうしても布が厚かったり柄が大きくなり使いづらいときがあり、私はあまり使いません。
昔のラジオ用に使われていた布も少しですが用意してあります。