電話機

2004/11/1〜23

2号自動式壁掛け電話機

4号A自動式電話機
2005/1/8

3号自動式卓上電話機

3号自動式電話機の修理その後

2005/1/8
3号自動式卓上電話機

1月1日のがらくた日記に載せた3号自動式卓上電話機の修理にチャレンジしてみました。この電話機は使用された部品から昭和26年頃に作られたか修理されたと思われます。もし、そうだとしたら昭和25年に新しい4号電話機が発表されましたから、この電話機は3号自動式電話機としては最後の方に作られたものということになるのでしょうか?
 さて、まずはいつものようにダイヤルの修理ですが、ダイヤルを回してみると、正常に回って戻るのですが、ガラガラという音がしてなめらかではありません。そこで、分解してみました。

外観と内部の様子 ベルAの下に右下のようなものが入れられていました。これは何?外部からL1 L2とは別にコードが引き込まれてこの物体につながれています。もしかしたら外部からベルを鳴らす信号電流を送って鳴らしていたものかもしれましん。本来のベルが鳴らないように配線が変えられていました。推測ですが、この3号電話機は内線用に改造して昭和40年代半ば頃まで使われていたのかもしれません。

ダイヤルの配線も外れてなにやら怪しげな線もあります。これでは使えません。そして、ダイヤルを回すとガラガラと音がします。

ダイヤルを本体から外しました。汚いですね。 これは2号−Bダイヤルで、前回修理した2号ダイヤルに構造が酷似しています。

分解しました。

ダイヤルの”9”の部分が歪んでいたので、修正をしました。

ダイヤルの戻るスピードを一定にするためのガバナ(遠心力で速度を調節する機構)を外して調整

清掃・注油後にガバナを調整。このガバナの調整が一番大変でした。そう言えば、蓄音機の修理の時もガバナの調整は大変でした。2時間ほどかかりましたがどうにか安定なめらかに回転するようになりました。それから、忘れてならないのは、接点の清掃と磨きです。このダイアルも接点が青錆のようなもので表面が覆われていました。

ホーロー引きのダイヤル文字なども綺麗にしました。欠けのもなく新品のような状態になりました。

オリジナルのものの上にカラーコピーしたものを重ねて組み立てました。透明なシートは茶色のに変色しています。戦前のラジオのダイヤル目盛りのカバーによく使われていたセルロイドに似ていますがこの素材は何でしょう?
これで、ダイヤルの修理は完了しました。  ちょっと疲れたので今日はここまで!

2005/1/16
3号自動式卓上電話機の修理その後

 

修理前の状態です。とりあえず、ベルAの下にある怪しい物体を取り除いて各配線をチェックするこにしました。コードの劣化は少なくどうにか大丈夫なようなので、清掃と回路図通り配線に直しました。2カ所ほど配線がされていなかったり、外れたりしていました。

回路図は上から4枚ほど貼り重ねられています。点検の都度張り替えたのでしょうか?その理由は私にはわかりません?

チェックのためダイアルを付けて組み立てました。ベルが良い音で鳴るように調整しました。

送話器と受話器のチェック

修理完成です。使用してみるとダイアルの戻る音も軽やかになり雑音も少なく、思ったよりも使用感は良いものでした。

2004/11/23
4号A自動式電話機の修理

最初の修理は、ダイヤルが空回りして全く戻らない状態でしたので、ダイヤルの分解修理から開始しました。

内部の状態

文字の書いてある部分を外す方法を、少し間違え少し透明板に傷を付けてしまいました。今度修理するときはは、間違えずにできるでしょう。

右側のバネが外れていたのでダイヤルが空回りしていました。

分解して清掃して必要な部分に注油

ダイヤルの組み立てと電話機内部の清掃と各接点の清掃をする。

受話器と送話器を点検したところ、それぞれ単体では故障はなく正常でした。しかし、送話器と受話器の結線部分(手で持つところの内部に金属が埋められて、つながっているようです。)が断線しているようです。交換が必要? 続きはまた次回・・・

2004/12/5
前回の修理でどしても送話器と受話器の結線部分の断線により部品の交換が必要になりました。下の写真を見てもらうとわかるように送話器と受話器の結線は内部に金属を埋め込んであります。ドリルで穴をかけてみるとその様子が少し見られます。見えている金属部分と端子は導通がありますから、断線は受話器と送話器を連結している、受話器の手で持つ部分のどこかで切れているものを思われます。これでは部品を交換する以外に方法はありません。どうしてこんな部分が断線するのか不思議です。

そこで、年代は少し新しいのですが本体に少し欠けやヒビのある、同じ4号自動式電話機の部品を使うことにしました。受話器と送話器は元の昭和38年のものを使いました。

最後にベルの鳴る音が悪かったので、ベルを打つハンマーの部分の位置を調整して修理完了! 
テストしてみると問題なく使えるようになりました。

2004/11/1
2号自動式壁掛け電話機

内部の様子 ダイヤルの端子は5つです。ダイアルを回しても完全に戻らない状態。
まずは、ダイヤルの分解修理をしました。

ほこりが付いていて汚れていています。さらに分解します。

右の写真は回したダイヤルを戻すためのゼンマイ。小さいので部品が無くなると大変です。

動きが悪くなっていましたので、できるだけ分解して必要な部分に注油しました。組み立てを間違えないようにデジタルカメラで分解の様子を撮影しながら進めました。

この歯車のような金属板の下にゼンマイが小さな丸い入れ物に入って組み込まれています。

コンデンサーが使われていましたので、テスターで簡単に絶縁チェックをした後でLCRメーターにて容量を量って見ました。2μFに対して2.59μFでした。

受話器は特に壊れてはいませんでした。磁石とコイルと鉄板でできているようです。テスターで直流抵抗を調べると約80Ωありました。

送話器は下のような構造です。この送話器はソリッドバック式でしょうか?他のものを見たことがないのでわかりません。大きく壊れている様子は見あたりませんでした。当然ですが普通のマイクとは違うので振動を与えても電圧は発生しませんでした。その代わり振動を与えると抵抗値が変化しました。

受話器のコードが痛んでいましたので、とりあえず袋打ちコードに交換しました。古いオリジナルのコードも捨てないで大切に保管しておきました。

元通りに組み立てて、各接点を掃除して動作チェックして見たところ、ダイヤルを回すとちゃんとつながり使えましたが、少し雑音があることと、送話器の効率が悪いためか相手への聞こえる音が小さいように感じます。また、ダイヤルを回すときに受話器から雑音が聞こえます。送話器を触るとカサカサという音も受話器から聞こえます。これは、受話器と送話器が直列になっているので聞こえるのは当然ですね。いずれにしても、戦前に開発されたものなので、今の電話機と比べると実用的ではありませんから、回線には繋げずにインテリアとして飾っています。