テレビ


2004/12/25〜

三菱14T-880
(昭和36年7月発売)


2004/12/25
三菱14T-880(昭和36年7月発売)

粗大ゴミ同然の真空管式白黒テレビ(昭和36年発売)の修理に挑戦してみようと思い、少しずつはじめてみました。久しぶりの真空管テレビにとまどいながら、まず掃除からやりはじめました。

内部は埃とゴミに混ざってゴキブリの卵やネズミの糞らしきものまででてきました。30年くらいどこかの物置の隅に置いてあったのでしょう。とても修理できる状態とは思えません。やはり粗大ゴミですね。でも、ここであきらめてはリサイクル法で処分代金がかかってしまいます。どうにか飾れるようにならないものかと掃除を続行しました。

裏蓋の様子。真空管の配置図が書かれています。レコードプレーヤーにも接続できるようになっています。これは、真空管式にラジオに近いですね。

このテレビの型番です。

ブラウン管は14型で角の丸い昔のタイプです。シャーシにブラウン管は固定されているので、キャビネットから取り出しやすく、ある意味で修理がし易いようになっています。

あまりに汚いので分解して水洗いしました。ツマミ・真空管・テレビの足(軽く拭いただけで黒色の塗装が落ちました。)

ターレット式チューナーの分解掃除。外して接点を磨いて綺麗にしました。

シャシーの底を撮影するのを忘れました。底もぼろ布や掃除機で御ゴミや埃を取りました。
ここで駄目になってそうなコンデンサーを交換しました。できるなら、コンデンサーすべてを交換したいところですが、すべて交換するのは、あまりのもお金がかかりすぎます。もともと、捨てるはずのものをもらったものですから、お金はできるだけ掛けたくありません。まずは見た目で明らかに不良を思われるコンデンサーだけ交換しました。通電をした時に、火災など起きないようにしておけばとりあえず良しとしました。

大まかなチェックが済んだところで、恐る恐る通電してみました。スイッチをONにすると見える範囲の真空管のヒーターが明るく点きました。正常ならばらくするとブラウン管にラスタがでて画面が明るくなるのですが、何も変化がありません。これだけ酷い状態であったので画面が明るくなる方が不思議です。スイッチを切るとき一瞬画面が明るくなり四角いラスターが現れすぐ消えていきます。これは、と思いまず、高圧回路をチェックしてみました。やはり、高電圧が出ていません。高圧整流管の1X2Bをみるとヒーターが点灯していません。ついでなのでフライバックトランスの導通を調べると大丈夫でした。ヒーターにつながる3Ωの抵抗も正常です。もちろん新品の1X2Bに交換しても駄目でした。


ここまでやってみて、わかったことは水平偏向回路ブロックの故障があるようです。水平発振、AFC回路、水平出力あたりを調べてみようと思います。他にもあちこち故障があるでしょう。映るようになるかわかりません。でも修理を楽しみたいと思います。
このテレビの回路図はこの本に載っていました。
 疲れたので今日はここまで・・・・