蓄音機(蓄音機)

2003/12/26〜2004/8/13

コロンビア ポータブル蓄音機の修理

サウンドボックスのダイアフラム
(振動板)の修理

2004/8/13
サウンドボックスのダイアフラム(振動板)の修理
しばらくぶりに修理日記を更新します。
今日はサウンドボックスの振動板の交換です。インターネットで振動板の交換に関するものがあるのか調べて見ましたが、細かなものはありませんでした。そこで、自分なりに交換をしてみようと思い取りかかりました。
まずは、分解してどのくらい壊れているのか見てみます。

修理前の状態。振動板の周辺が腐食して切れて無くなっています。

振動板を押さえているガスケット(ゴムのようなもの)が異端でボロボロになっています。

分解した部品の様子です。

見たところ、修理には振動板を押さえていた、ゴム状のガスケットを入手する必要があります。内径47.5mm、外径54.5mm ゴムの幅4mm、厚さ3mm。このパッキンは配管工事用の平パッキングを少し加工して利用しました。

写真左の配管用パッキング(外径55mm、内径39.0mm、厚さ3.0mm)をカッターで切りゴムの幅を狭くさくしました。
きれいに切れていませんが、これは私の切り方が下手だからです。また、オリジナルの振動板は、交換用のものに比べて外径が1mmほど小さいので、ハサミで切りちょうどいい大きさにしました。そして、スタイラスバーに固定するために振動板の中央に穴を開けてます。

パッキンで振動板を挟むようにしてフレームにセットします。

スタイラスバーの調整をして完成です。

実際に蓄音機に付けてオリジナルのCOLUMBIA No.15と聞き比べてみました。修理部品が純正でなく自作のガスケットなどを使っているからかもしれませんが、オリジナルのものに比べて音量が若干小さいように感じられました。スタイラスバーの調整がまだ不十分であることが原因かもしてませんが、ただ単に私の修理が未熟なのが原因でしょう。しかし、使えるくらいの状態に戻りました。

2003/12/26 
(2004/2/1 修理の最後にガバナーの修理を追加)
コロンビア ポータブル蓄音機の修理
Columbia Viva_tonal Glafonola Model-No.212

数日前から修理をはじめていた蓄音機の修理の様子を載せます。この蓄音機は数年前に手に入れたのもで、故障の部位がいくつかあったので、そのままにしてありました。故障箇所の1つ目は速度調節用のガバナー部分で、遠心力で広がる重りと板状のバネが1つが無くなっていたこと。これは本来は3つあります。2つ目はトーンアームの動きが鈍くなっていたこと。3つ目はサウンドボックスの振動板の動きが悪いこと。4つ目はターンテーブル駆動部分の動きがなめらかでないこと。以上の4カ所でした。

入手当時の状態 銘板はしっかりと残っています。 SERIAL No.4444です。

トーンアーム部分の動きの悪さは古いグリスや油が固まっているのもと考えられるので、まずは分解して灯油で洗いました。
AUTO STOP 機構の部分品がトーンアームについていないのがわかります。何故でしょうか?以前に修理を試みた人が外してしまったのでしょうか?

左はホーン部分への接合部で錆がでています。右はトーンアームのベアリングを外したところです。

左は灯油に中にに入れて洗っているところ。右の写真は途中つなぎ部分も分解して清掃したところ。
ベアリングにはグリスをつけて組み立て、スムーズに動くようになりました。

ついでにターンテーブルを回すゼンマイ駆動部分も灯油で洗って固まった油を落としました。右が奇麗になったものです。

ガバナの重りを外して重さや大きさを測ってみました。重り一つは約15gあります。
右の写真はホーン(金属製)とターンテーブルの駆動装置です。

次にガバナの修理です。重りが無くなっていたので、釣り用の重りに使う鉛を金槌でたたいて重さや形を整え重りに使いました。板状のバネは予備用のもので、少しだけ穴の位置などが違いますが修正して使いました。重り角を少し丸く仕上げないと、遠心力で広がったときに板状のバネの曲がりが不自然になります。回転のテストをしてから再度、形を整えました。

取り付けた状態

取り付けられていたサウンドボックス(No.なし)は、振動板が痛んでいて音が小さく、歪んでいるので交換することにしました。予備用に購入しておいたColumbia No.15があったので交換しました。この壊れたサウンドボックスも振動板が手に入ったら振動板を交換しようと思います。

動きがなめらかになるまで、SPレコードをかけて聴いてみました。Columbia Viva−tonal No.212は、ポータブル型としては比較的高級なものなにで、ポータブル蓄音機にしては比較的大きな良い音がします。Columbiaの卓上型に比べると、低音が出ないように感じますが、持ち歩きができることを考えると仕方がないことでしょう。数カ所の故障があり購入時には音がでませんでしたので、ここまで修理できたことは幸運であったと思います。

<蓄音機の修理その後>
しばらく使ってみたところ、ガバナの調子が悪く、ターンテーブルが回転しているときにゴロゴロとした音がして気になりました
。そこで、最近入手したコロムビアの蓄音機のものからガバナを取って、付け替えることにしました。幸い同じ規格のものなのでそのまま付け替えができました。

左に写真は上が修理したもので、下が交換用のものです。    右の写真は交換後に調整を終えたところです。

これで、安定して静かに回るようになりました。あと、演奏終了後の自動停止機構の部品を見つけて取り付ければ完成です。