昔のオゾン発生機(N.O.K OZONATOR)

2006/1/1
日本オゾン発生機(N.O.K OZONATOR)
オゾン発生機は今では一般的になり、殺菌や消臭などに使われています。このオゾン発生機のはっきりとした製造年代は不明です。そこでこの装置の製造年代を一緒に入っていた説明書や広告などを参考にして推測してみました。説明書の中に帝国大学の教授の名前が書かれていること、旧漢字が使われていること、この装置の値段が50円および30円であること、また、名古屋 松坂屋の薬品部の広告などから考えてみると、太平洋戦争開戦前あるいは戦時中のものであると思われます。装置本体は木製の四角い箱の入っていて、配線の材料もビニールコードではなく、昭和10年頃のラジオの見られるように導線にストロー状の絶縁被服を被せてあります。トランスもその頃のものの似ています。
日本オゾン合資会社の元箱付きで内部には品物と当時の説明書と広告が数枚入っていました。

保存状態は非常に良く木製のケースも輝いています。
この文字のような模様のようなものは何なのでしょうか?
側面は波と鳥のデザインで通気のための穴が開けてあります。
文字を切り抜いた穴から発生したオゾンが外に出てくるようになっているようです。

銘板も立派なものがついています。

下にトランスが付いていて円筒形の電極にコロナ放電を発生させるための高い電圧を加えているようです。
いずれ暇になったら修理をして実際に使用してみたいと思いますが、修理できるでしょうか?

半透明の筒状の物に内側と外側から網状の電極が付けられていています。
この電極の間でコロナ放電を起こしてオゾンを発生させるものと思われます。

使用法および料金 

「本器はコードを電燈のソケットにつなぐだけでよく薬品も要らず手数も掛けません。流を通じると微音を発し暗闇の中で見ると美しい光を放ち蛍の臭い又は磯の香を発し、試験紙を水に浸して上部の窓に近づけると間の無く変色します。室は密閉するよりも幾分空気の流通があるほうがよく長時間連続使用も妨げありません。
消耗電気料は極めて低兼一日五厘乃至一銭程であります。」  と書かれています。

話は突然変わりますが、イオンクラフトの実験をしてるときも無声放電が起こりオゾンが発生して、このような臭いが発生します。オゾンもあまり濃度が高いと体に良くないと思います。狭い部屋で長い間イオンクラフトの実験をしていたら気分が悪くなったり頭痛がした経験があります。

日本オゾン発生機の特徴などは下の説明書や広告をクリックすると大きく表示されますので見てください。

名古屋 松坂屋 薬品部の広告です。
紙の質はトレーシングペーパーのように薄くてしっかりとしたものです。
色は写真のように薄茶色です。

オゾン発生機が入っていた段ボール箱と本体側面の様子です。
側面の切り抜きの穴は波と鳥がデザインされています。