自の魂銀管

なにやら怪しげなネーミングの戦前から戦時中にかけて使われた健康器具です。この自の魂(ミズカラノタマシヒ)は領収書とや説明書もそのまま中に入っていて比較的状態が良く動作しました。

全体の様子  蓋には「Mizukara no Tamashii」と書いてあります。

動作状態です。ランプがついて発振しています。テスト用のワンターンコイルを近づけると電球が明るく点灯します。
グリッドディップメーターにて発振周波数をチェックしてみると52.8MHzで発振していました。デジタル表示の周波数カウンターでは表示が不安定で計測できませんでした。リンクをしていただいているラジオ少年の博物館(内田さん)のホームページのものは57MHzだそうです。同じくらいの周波数ですね。
 この装置が動作中はテレビの3chに強い妨害電波が出て、画面や音声が大きく乱れます。他のチャネルは、ほぼ大丈夫でした。テレビの3chの周波数は映像搬送波103.25MHz、音声搬送波107.75MHzで、52.8MHzとは離れています。しかし、強い高調波が含まれているために障害がでるのかもしれません。戦前はテレビの放送が、はじまっていなかったので問題はなかったと思います。
内部の回路図は内田さんのホームページに載っていますのでご覧ください。<ラジオ少年の博物館>

使用真空管はSKI80が4本です。内田さんのホームページでは12Aに類似のものと説明があり、ピン接続が少し違うようです。真空管の頭の部分に(銀管、自の魂)と書いてあります。銀管の意味がわかりません。金管もあったのでしょうか?

内部は思ったより部品数も少なくコンデンサーは1つも使ってありません(内田氏の回路図を見ると1つありますね?私が見落としたかな?)。壊れそうなところは真空管くらいです。シャーシ代わりの木の板に16 10 14と鉛筆書きで記されています。昭和16年10月14日に製造されたものでしょう。太平洋戦争開戦の2ヶ月くらい前ですね。

        <蓋の裏に書かれている説明。超音波放射快癒機 自の魂 使用法> 
1 電灯の球をはずしその後本機のプラグを差し込むこと
2 放射電極を治癒するべき局部に軽く当てること
3 中央のスイッチを右へ回すこと電流が通じ電波が出る。
4 一回使用後は30分間以上休止せしむる事
5 放射電極より短波放射線がでて居るか否やを試験するには電波試験器を電極の上に近づけると発光する。
  (但し電極より二寸以上近づけるとランプが切れる)
6 特に本機に限り六ヶ月間修理無料保証す。
7 本機に故障がある時には左記へ送付すれば修理の上返送します。
  発売元 東京板橋清水町 株式会社 雄工社

領収書を見ると昭和17年4月3日付けで東京の世田谷区三軒茶屋の方が45円で買っています。

この機具の使い方や故障などに関して書いてあります。(クリックすると大きくなります。)

細かい注意書きなどが書いてあります。(クリックすると大きくなります。)

治療表は、はじめの4,5ページのみ載せます。(P4〜P14まであります)
(クリックすると、これも大きくなります。)

治癒部位早見図です。(これは拡大しません。)
それぞれの部位に番号が記されていて治癒表とあわせて使い、各部位への放射時間などが書かれています。

実際に体に当てて使ってみました。
特に際だった刺激はありませんが、気のせいかもしれませんが、何となく手に置いておくと暖かくなるような気がしました。
でも、布が手のぬくもりで暖まって、暖かく感じたのかもしれませんが?不明です。
患部に長い間使ってみないと効果があるかどうかはわかりません?
しかし、今でも超短波治療器が製造販売されていますから、全く効果がないわけでもないのでしょう?
テレビの受信(3ch)に大きな障害を与えることも含めて、現在では実用になるものではないと思いますが、歴史的な価値は少しあるかもしれません。