こんにゃく紙(強制紙)

2004年8月     試作    
2007年6月〜7月 内容を追加

2008年 6月17日、7月28日 内容を追加
2009年 5月18日 内容を追加

 昨年(2004年)の夏に、時計の鞴の修理に必要な「こんにゃく紙」を作りに挑戦してみました。時計の鞴修理に必要なこんにゃく紙はうすくて丈夫ことが要求されます。以下の実験はで身近で手に入るものを使って自宅でこんにゃく紙を作ることを目標に行ったものです。
 「こんにゃく紙」というものは正式には無いのかもしれません。ある方から「鞴の紙はこんにゃく紙でできていて、一般には売っていないから、これを差し上げます。」と一枚のこんにゃく紙をいただきました。このことが私のこんにゃく紙作りのはじまりです。

こんにゃく紙の作り方(試作)

 和紙にこんにゃくやワラビから作った糊を塗ることにより、強い紙を作る方法が昔から伝えられています。この方法で作られた素材を服に仕立てたものを紙衣(紙子)といい、僧侶の法衣、陣羽織、道服、刀の鞘袋なども作られていました。本来の紙子は楮の紙を漉くときに縦横十文字に揺すって繊維をよく絡ませ、その紙をこんにゃく糊で貼り合わせ、柿渋を塗ってから良く揉んだものだそうです。
 今回はこんにゃく粉やこんにゃく芋からその作り方や引っ張り強度などについて、実験をしてみました。

1)こんにゃく(蒟蒻)糊づくり
あ)こんにゃく粉からこんにゃく糊を作る。
1 水1リットルに5gのこんにゃく粉を溶かしてつくる。(糊の用途に応じてこんにゃく粉の量を変えて濃度を調節する)※夏は水で冬はぬるま湯に溶かしてつくる。粉を入れかき混ぜたらしばらく置き、なじんできたらまたかき混ぜる。
作ったこんにゃく糊はできるだけ作りたてのものを使ってください。

こんにゃくの粉を秤で量りぬるま湯や水で溶かす。

溶かしや状態  しばらくすると馴染んでくるので、またかき混ぜる。しばらく時間が経つと透明な状態になる。

 こんにゃく粉5グラムに対して0.2〜0.3g程度(少し多くても大丈夫です。)の精製ソーダ(炭酸ナトリウム)をぬるま湯またはお湯で溶いてよく混ぜわせる。この量は厳密なものではなく、多少多く入れても大丈夫です(一般的にこんにゃくの重さの5パーセントくらい)。

<牛乳パックのパルプで漉いた紙に、この処理を行い皮のような状態にするには>
 こんにゃく粉12グラムに500ccのお湯を加えよくかき混ぜませ、この中に200ccのぬるま湯またはお湯に2g程度の炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)を溶かし、先ほどよくかき混ぜたものに加えて混ぜる。色が変わり透明感のあるもになったところで、紙にたっぷり染みこませるように裏表とも塗る。(2009/5/18追加)

こんにゃくを作るときと同じように、ある程度の温度があると糊の状態が良くなると思われます。
この処理で糊としての接着力が出てきます。そして、より皮のような風合いが生まれます。

好みのもよりますが、この処理をしなくてもできますが、この処理をしないと柔らかい紙になります。
どのように使うかによって処理をするか、しないかを選ぶといいと思います。

い)生のこんにゃく芋からこんにゃく糊をつくる。
  ・こんにゃく芋をよく洗い、目の部分を取り除いた後に皮をむく。
  ・こんにゃく芋を適当な大きさに切り、鍋に入れて煮る。
  ・煮た芋をミキサーにかけて細かくする。できるだけ細かくなるまで行う。
   (こんにゃく芋をゆでたお湯を入れて適当な濃さにする)

こんにゃく芋は普通、茎は葉の枯れた11月に掘って使いますが、今回は真夏(8月)に掘ってみました。冬は根も無くただの丸い芋だけですが、夏はこんな状態です。左の写真は花です。空洞の茎を切ると中には次の年の目が準備されています。

鍋でゆでてミキサーにけける。   ※糊状態になったらゆでた湯を加えで濃さを調節する
しばらくすると 馴染んで透明になる。

・こんにゃく粉の時と同じように無水炭酸ナトリウムまたは、水酸化カルシウムを(こんにゃく芋の重さの約5%)を混ぜ合わせる。(場合によってはこの処理はしない。)

2 こんにゃく紙(強制紙)づくり
より革に近い丈夫な紙を作りたい時は、こんにゃくの濃度を濃くします。
こんにゃく糊を2度塗ると更に良くなります。
・厚みのある紙の方が紙の状態の変化が顕著に表れます。
 しかし、厚すぎると紙にこんにゃく糊が十分こんにゃく糊がしみこまず、シワ加工の時に揉むと割れてきてしまいます。

・1枚で厚さのあるもので作るよりも、2枚の薄い紙をこんにゃく糊で貼り合わせた方が、厚さを持った柔らかいものができます。

<処理をしたこんにゃく糊を染み込ませ乾燥させたものの特徴としては、以下の通りです。>
・紙としても強度がとても強くなります。
・乾燥しても柔らかいのでミシンなどで縫える。
・紙としての特徴もあるので、普通の糊やボンドでも良く接着する。
・こんにゃく粉独特の臭いも無くなる。
・水分は含みますが、押し洗い程度であれば形は崩れず、乾くいたものを揉むともと の状態に戻ります。
・合成皮革と紙の中間のような手触りになります。


 1 こんにゃく紙(強制紙)をつくる

アクリル板などの平らな板の上に紙(和紙)を置き、その上からこんにゃく糊を刷毛で塗る。裏表とも塗り乾かす。
鞴に使うのもは半紙やうすい和紙がちょうど良いように思います。
一般的に売られている強制紙はコウゾ和紙が使われ比較的厚い物多いようです?
修理に使うこんにゃく紙は比較的うすい紙が必要です。
布のような素材として使うには、ある程度の厚さのあるものの方が風合いがでて良いように感じます。

・乾いた紙をよく揉むと、柔らかな風合いのある紙になります。紙子など布のような使い方をする場合は紙を揉む行程が必要です。

一番左がこんにゃく糊で処理した紙 (真ん中と左の紙の違いは網の厚さによる違いです。)

こんにゃく糊を塗って処理した紙は水につけたりお湯の中に入れても溶けません。

・アクリル板等の平らな板の上に載せて乾燥させます。
(この行程を数回繰り返しして行うと強い紙ができるようです。)
・最後にもう一度こんにゃく糊を塗り乾かします。
(鞴の紙に使用する場合は通気性を悪くした方が良いと考えた。1回塗りでも大丈夫かもしれません)
・布のような素材として使う場合などは、アイロンをかると綺麗な紙になります。

・その後に柿渋を塗ると耐水性がつくものと思われますが、まだ実験していません。
 試してみたら、その状態を書き込みます。

簡単な方法ですが、できあがったこんにゃく紙を一定の幅に切り秤で引いてちぎれる力を測定してみると、こんにゃく糊で処理していない紙に比べて、切れるときの力が強くなっている。

完成したこんにゃく紙をテストしてみると、は引っ張ってちぎれるまでの力や耐水性が強くなっていることがわかりました。

知人からいただいた、本物のこんにゃく紙に比べてみると、使用する紙により色の違いはありますが、触った時の感触や強度や厚さなどは本物に近い物ができました。

<こんにゃく紙の特徴とその他の利用>
  紙の加工と牛乳パックリサイクル
 
◎こんにゃく糊を染み込ませた紙を、乾かした後に良く手で揉み柔らかくして、最後にアイロンをかけて伸ばすと、革の様な風合いの紙になります。また、この紙は水に溶けず洗ったり、煮たりしても紙の状態を保ちます。そして、乾かすと元通りになります。ある程度の厚さの紙を使うと更に革のような風合いが増します。良く揉むと柔らかさが増し手触りがとても良くなります。触った感じは人工皮革のようです。

ティッシュペーパーから市販の紙、更には牛乳パックのパルプを再利用して漉いた紙など、どんな紙でもこの方法は活用できます。
好きな色を付けた紙に、こんにゃく糊を塗って乾かし、良く手で揉んで、アイロンをかけると、紙でありながら、
革と布と紙の中間のような独特な素材を作ることができます。厚さのあるものが必要な時には、2枚の紙をこんにゃく糊で貼り合わせて、揉むと柔らかくて、厚みのある紙になります。
また、本来は紙なので布に比べて形を保ちやすい。また、ボンド・糊・両面テープなどで付けやすく、しっかりと固定できます。

牛乳パックから作った紙に、こんにゃく糊を塗って(染み込ませる)乾かし手で揉んだ紙

紙の表面 手で揉んだときに自然なシワができて綺麗です。
肌触りがとても良い。

巾着袋   ポケットティシュー入れ

筆箱

牛乳パックも綺麗な入れ物に生まれ変わりました。

ファスナーを付けたテトラパック型の入れ物 ひもの部分も紙でできています。

デザインも自由に作れます。持ち手部分も作った紙を細く切って使っています。

こんにゃく糊を塗って揉んで柔らかくした小さい紙をこんにゃく糊で貼り合わせて大きな紙にしてみました。(はがきの大きさに漉いた紙を9枚貼り合わせたもの)

裏は半紙で裏打ちしました。(こんにゃく糊で貼り合わせる)

周りをミシンで縫い飾りを付けました。

漉いた紙を使わなくても、紙の切れ端などを形のあるものに、貼り付けて立体的なものが作れます。下の写真は牛乳パックからとったパルプ片を茶碗に貼って乾かしたものです。完全に乾くととても軽くしっかりとした入れ物になります。普通のデンプン糊やボンドなどでもできると思いますが、こんにゃく糊はベタつきが無く作業がし易く、本来は食べ物なので安全です。腐れば自然に帰り環境に良いと思います。
シュレーダーの紙をこんにゃく糊で固めて、以下のような方法で型どりをすると、植木鉢としても使えます。

シュレッダーの紙をこんにゃく糊で固め、その上から英字新聞を貼ったものです。

こんにゃく糊で紙片を陶器の茶碗に貼り付けて形を作る。

グラタン皿と丸い皿の型から外した状態 薄くて軽く結構しっかりしています。

 布と一緒に加工して巾着袋を作ってみました。 ブックカバーとコースターを作ってみました。