扇風機

芝浦製作所 扇風機NO.1 芝浦製作所 扇風機NO.2 睡蓮 日立扇風機 NO.1
芝浦製作所 扇風機No.3 日立扇風機 No.2

昔の古い扇風機は形が好きで修理に挑戦してみました。人力の扇風機は江戸時代から日本人により考えられていたようです。明治時代になり、直流式の扇風機がアメリカで開発されました。日本では1893年、明治26年にWH(ウエスチングハウス)の製品をはじめて輸入したそうです。その後1894年(明治27年)に芝浦製作所で日本ではじめての白熱電球付き直流扇風機がつくられました。めったに見かけませんが、以前ヤフーのオークションで見かけました。明治45年には松下電気の前身になる川北電気がシーメンス社製の扇風機を販売し、大正2年には日本初の交流扇風機「タイフーン」を川北電気が量産したそうです。昭和初期から戦後にかけて作られた芝浦製作所の扇風機は比較的よく見かけます。芝浦製作所のものも戦時中から戦後になると、羽や銘板やカバー中心のSEWのマークも真鍮ではなく鉄になって高級感がなくなります。SEWのマークは芝浦製作所が東京電気と合併して東京芝浦電気になってからも使っていたようで、色が塗ってあるとちょっと見ただけでは、製造年代がかわかりません。希に銘板に製造年が刻印されているもののあります。買うときには良く見て真鍮のものを買うといいです。三菱や川北電気などもよく見かけます。しかし、最近は安くて良いものはあまり見かけなくなりました。私の手に入れるものは動かなくて汚れているものです。

芝浦製作所 扇風機NO.1

 芝浦製作所の扇風機。大正末期のものだと思われます。手に入れたときは戦後流行った?ペパーミントグリーンに塗り替えられていて汚く、当然回りませんでした。次に紹介する修理前の扇風機と同じような状態でした。そこでまず、すべて分解して構造を確認。風量調整用のスイッチをチェックしてOK。次に内部のトランスの断線を調べたところ大丈夫でした。そこで、モーターの誘導コイルをテスターで確認したところ、いくつかあるコイルの1つが断線しているのを見つけました。どの部分が切れているか、こまめにチェックして、断線していない部分を見つけ出し、ここから配線をやり直しました。これで電気的には回るはずです。各部分の汚れを取り、リムーバー(剥離剤)でペーパーミントグリーンの塗装を落としました。各部分を黒で塗装し直して組み立て。その時に回転部分はシリコングリスやシリコンスプレーで処理しました。特に軸受け部分は大切なので念入りに処理を行いました。最後に組み立てて配線を済ませ完成。これで良く回る扇風機になりました。羽の部分は真鍮のままにしてあります。正面にあるSEW(Shibaura Engineering Works)のマークが気に入っています。GEのマークに似ていますね。このようなマークが当時ははやっていたのでしょうか?

芝浦製作所 扇風機NO.2 睡蓮

右の写真は当時の扇風機に載せた時の様子です。

昭和の3年頃に芝浦製作所で発売していた扇風機(睡蓮)というそうです。羽のカバーが密になり渦巻きのようなっているのが特徴的です。裏蓋に昭和5年製造のラベルとパテントのナンバー札(真鍮製)が付いていました。オリジナルでは羽は黒色です。すぐ上の写真は修理前の状態です。骨董屋で誰にも買われずに雨ざらしになっていたのを買ってきました。当然動きません。これもペパーミントグリーンに塗り替えられています。戦後にすぐの頃流行ったのでしょうか?前に紹介した扇風機同様すべて分解し各部分をチェックした後、羽のカバーが何カ所か外れていたので電気溶接。塗装を剥がし、黒に塗り替えました。幸い電気的な断線はありませんでしたので配線のやり直しと各部分のグリスアップで回るようになりました。電源コードは黒い布製袋打ちコードを使いました。のプラグは当時のものに近い松下電工のポニーキャップがいいのでしょうがとりあえず写真のようなもにで使っています。いずれ交換する予定です。

芝浦製作所 扇風機No.3(大正期)
芝浦製作所の扇風機で大正の頃に使われていたものです。比較的初期のもので羽のバーがN0.1のものよりも更に単純です。モーターも接続コードの聞き出し口も前面右にあり、一度モーター内部で線が切れてしまうと接続すのは難しいものです。これも入手当時どなたか修理に挑戦した模様ですが、途中で断念してありました。風量調節の1〜4の数字プレートがしっかりと付けてあります。No.1及びNo.2は銘板の中に書かれています。銘板の位置も正面になっています。修理の様子を修理日記に載せました。

               扇風機回転中!羽が透けて写っています。                   

速度調節はこのようなものを使うと簡単にできます。                    修理前の状態です。

日立扇風機 NO.1

日立の扇風機昭和30年頃のものでしょうか?オリジナルはたぶん正面の丸い部分にHITACHのマークがあるはずです。これはにありません。とれてしまったのでしょう。とても汚かったので近い色に塗り替えました。ボディーや羽はアルミ製の金属でできています。プラスチックではありません。

日立扇風機 No.2

No.1のものとほぼ同じ時代(昭和20年代後半から30年代かけてものでしょうか?)のもので、デザインが少し異なっています。これは、真ん中の「」HITACHI」のプレート残っています。色のオリジナルのものです。この時代この色の扇風機が多いように感じられます。

扇風機回転中 右がゆっくり回っている時です。

扇風機も製造年代や会社の違うものがありますので修理が済みましたら公開します。