がらくた日記

過去の日記はここ!    整理されていませんが、よろしければ見てください

  いらっしゃいませ。あなたは人目のお客様です。2006.1.20よりカウント開始   

  


2010/1/1〜
かもめホーム洗濯機

2011/1/1
昭和初期の電気時計(マツダ)

2012/1/4
サンダンランプ
(明るさを3段階に可変できる電球)


2013/1/7
カーバイドランプ(少し昔の照明
)
2014/1/5
小型真空管ラジオ
KATUMATA TV&RADIO PRODUCTS.CO.LTD 
OSAKA JAPAN

20145/1/3
ナショナル ラジオ
レリーフの飾り

2015/1/5
ナショナル ラジオ レリーフ飾り

1年間のご無沙汰でした。昨年は、このホームページで紹介しているラジオが公開中の「バンクーバー朝日」に使ってもらいエンドロールにホームペーと私の名前が載りました。この映画にはたくさんの昔のラジオが出てくるので、注意していないと見落としてしまう程度のものですが、とても良い思い出になりました。映画もとても良かったです。観る機会がありましたら是非観てください。

 
 エンドロールに出てくるゴロはこんな感じです。

それでは、ナショナルのレリーフ飾りのあるラジオに話題を変えます。
このラジオの特徴は大きくて厚いガラスの板にレリーフがあります。スッキリして当時としては現代風のデザインだったんだと思います。内部の回路は一般的な5球スパーで12BE6、12BA6(D6)、12AV6、35C5、35W4の真空管が使われています。このタイプで絵が違うものを見たことがあります。幾つか発売されたものと思われます。昭和30年代中頃から後半頃のものででしょうか?詳しいことはわかりません。

2014/1/5
小型真空管ラジオ HM-5 ( KATUMATA TV&RADIO PRODUCTS.CO.LTD OSAKA JAPAN )

明けましておめでとうございます。1年ぶりの更新です。
今回は久しぶりに真空管ラジオをです。たぶん、昭和30年代の品物と思います。真空管は12AV6,12BE6,12BD6,35C5,35W4の5本で、一般的なトランスレスラジオの回路です。変わっているのは、写真のようにとても小さくできていて電源プラグもコンパクトです。入手したときにはすでに、真空管が1本割れて壊れていました。デザインは良く気に入っています。ここまで小さい真空管ラジオは、持ち運び用の電池管ラジオ以外あまり見かけません。製造していた会社はあまり聞き慣れない名前ですが当時大阪にあったものだと思われます。時代を感じる製品ですね。修理は比較的簡単だと思われますので、いずれ暇だができたらやりたいと思っています。ラジオのAM放送がこのまま続いてくれるといいのですが・・・。

2013/1/7
カーバイトランプ

ここ数年 1年に1回の更新になってしまいました。
今日はカーバイドランプについて書きます。少し昔、縁日の夜店で見かけることのできた、カーバイドランプは最近では全く見かけなくなりました。夜釣りをされる方は、まだ使われているようで、新しいものも販売されています。写真のランプはかなり昔のもので全体的に汚れていますが、磨いて修理をすれば使えそうです。カーバイドランプはカーバイド(炭化カルシウム)に水を少しずつ加えてアセチレンガスを発生させ、そのガスを燃焼させ光源にするものです。長い時間光り続けるので連続して長い時間使う光源には向いていたのだと思います。しかし、最近ではLED(発光ダイオード)が進歩して電池でも長い間使える照明ができたのでカーバイドランプのメリットは少なくなってきたように感じられます。ただし、夜釣りなどではカーバイドランプの光のほうが魚が釣れるという方もいらっしゃいますので、カーバイドの使用や保管には注意が必要ですが、まだメリットがあるのかも知れません。いずれ修理をして懐かしい昔の光と臭いを感じてみたいと思います。


風防ガラスがあるタイプのものです。手で持つところもしっかりとできていています。


こちらは、一般的なタイプのものです。どちらも、だいぶ使い込んであります。
右端の写真は市販されている灯火用カーバイドです。

2012/1/4
サンダンランプ(明るさを3段階に可変できる電球)

あけましておめでとうございます。1年ぶりの更新です。久しぶりなので何を載せようか考えましたが、今日は1つの電球で明るさを3段階に切り替えることのできるものを紹介します。この電球はいつ頃のものなのでしょうか?資料が何もありませんので不明です。だいぶ前のものだと思います。日本電気実業株式会社の表示があります。60W〜40W〜2CP(キャンドルパワー)との表示もありますからこの3段階でかわるものと思われます。電球の口金の所に引っ張るスイッチが付いていて切り替えるようになっています。スイッチの紐の所に使用上の注意書きがあり「時々クサリの処にポマードをおつけください。永持ち致します。」と書かれています。文字や内容(ポマードなど)時代を感じますね。この電球は新品でデッドストック状態です。技術が進歩して白熱電球からLED電球に変わりつつある現在では電球の明るさは簡単に変えられますが、当時は大変だったのでしょう。


2011/1/1
昭和初期の電気時計(マツダ)

2007年1月の日記に載せたマツダの電気時計(昭和9年 浅草−新橋 地下鉄開通記念)と同じような電気時計を紹介します。電気時計は昭和10年〜13年頃の雑誌広告に載っているのでこの頃に多く売られていたものと思われます。その後太平洋戦争が始まり戦時体制下(昭和19年頃)の雑誌(アサヒフラグ)には広告が見られなくなります。私の推測ですが、電気時計の精度は供給される電気の質(周波数、停電を含む電圧変動)に大きく影響されるため、戦時中から終戦後の電力の供給は不安定で電気時計は実用にならなかったのかもしれません。地域によっては昭和30年代でも電圧の変動や停電はよくありました。昭和10年頃の修理した電気時計を使っていますが、時刻の修正をほとんどすること無く正確に時を刻んでいます。今は、家庭に供給される電気はとても安定したものとなり時計として十分実用になる精度が得られます。電気時計は機械式時計に比べて構造がとてもシンプルで精度が高いものです。上の写真の時計はガラスが付いています。下のものと型番が異なり製品に若干の違いがみられます。上のものの方が少し時代は新しいと思われます。

2010/1/1
かもめホーム洗濯機

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今日は「かもめホーム洗濯機」です。1957年(昭和32年)に林製作所から発売された手動式の洗濯機です。洗濯物を入れて40℃〜80℃のお湯を入れて蓋をして10秒〜20秒回すだけだそうです。お湯の熱で内部の圧力が上がり、洗剤が繊維の奥まで浸透して汚れを分解するそうです。またね蓋を開けると内部の圧力が急に下がりアカやホコリが剥脱する空気の定積変化を利用しているそうです。実際に試してはいませんので、正しいかどうかわかりませんがたぶん本当でしょう。圧力が加わっても大丈夫なように球形をしているかも知れませんね。電気洗濯機が普及し始めた昭和30年代初め頃個人で使う洗濯機として小さくて使い勝手が良かったのではないかと思われます。人工衛星に似ていますね。