過去の日記NO.9
この日記はいずれ、それぞれの品物の種類別のページに整理した後、順次削除します。

2003/5/1〜8
PHILCO TROPIC
(イギリスのラジオ)

5/5修理日記も見て!

昔の懐中電灯その2
マーシャルランプ
2003/5/11〜17
三ツ矢ドレミファコップ

ラジオ修理の本
回路図集とラジオ修理メモ


終戦間もなく作られたラジオ
2003/5/28
1950年の広告No.15
足踏みのミシン


昔のラジオ雑誌

東芝ゆで卵器
BC−301形

2003.5.28
東芝ゆで卵器(BC−301形)

いつまで続くのでしょうか。この日記?今日の日記は東芝のゆで卵器(未使用新品)です。リサイクルショップへ立ち寄った際に見つけ、デザインがレトロで気に入ったので500円で購入しました。一度も使われていないのもで元箱と説明書も付いていました。製造年代はわかりませんが、説明書の写真からしてか昭和30年代後半から40年代くらいでしょうか?説明書に書いてある量の水を付属のカップでゆで卵器の底に入れておくと自動的にゆで卵ができてスイッチが切れる仕組みになっています。でも、まだ一度も使っていないので美味しいゆで卵ができるかはわかりません。今、卵は特売日だと10個で68円とか78円とかで売っていますが、当時の平均所得から考えると、もっと今に比べて高価だったように記憶しています。今でもゆで卵器って売ってるんでしょうか?

2003.5.24
昔のラジオ雑誌(1949年無線と実験と1951年電波科学)

今日は少しだけ時間があったので昔(戦前)の置き時計(精工舎のウランガラス製)の内部を見てみました。ブラックライトを持っていないのでこの時計は次回紹介します。そこで今日の日記は、50年ほど前の雑誌です。修理の時ちょっとしたことでも、知らないと困ることがあるので、最近は暇を見つけては本を読むことにしています。このホームページを見ていてくださる方にとっては、特に珍しい物ではないと思いますが、何となくきれいなので載せます。電波科学では当時の「ドイツのラジオ界」と題して写真や記事がでています。複合管CVL11とVY2を使ったドイツ国民型セットの回路図など私とっては面白い内容です。また、兵藤 勉氏の「ラジオ修理メモ」が興味深い内容です。この連載をまとめたものが5月13日に紹介した別冊の「ラジオ修理メモ」です。無線と実験は当時の電気蓄音機に関する記事が主な内容で、回路図がたくさん載っています。2つとも薄い本で電波科学が80ページ、無線と実験が40ページです。無線と実験の表紙に昨年の12月1日に紹介した「ハーク」スピーカーの広告があります。

2003.5.21
ちょっと昔のミシン(1950年の広告No.15)

ちょっと昔の三菱ミシンの広告です。昔、「日本製ミシンは品質が良く世界的に有名」と社会の先生がよく話していました。昭和20年代はかなり高価なもので月賦や積み立てをして購入したそうです。確かに今でもコンピューターミシンは20数万円しますから、当時高価なのもうなづけますね。黒色の足踏みのミシンには革でできた丸いベルトが使われていました。ミシンそのものは鉄でできてますが、それを支える足踏みの機構やフレームまで鉄でできていて、がっちりとしていたのを覚えています。よく母が足踏みミシンでガタガタと音を立てながら縫っていたのを覚えています。今のように「買った方が安い」と言う時代ではありませんから、物は大切に使われていました。
三菱電機K.K製のミシンです。















2003.5.17
終戦後まもなく作られたもの?(4球ラジオ)

何となく雨が多くなり、関東地方でも梅雨が近づいてきたように感じられるこの頃です。今日は久しぶりに日本の真空管ラジオを載せます。ケースは木製でケースメーカーのものです。シャシーはアルミ製、スピーカーはナショナルのマグネチック型です。真空管はメタル管が2本、6K7(Remote-Cutoff RF Pentodeで昭和19年10月でマツダ碇マーク)、6J7(Sharp-Cutoff Pentode でRCA製)と6ZP1(トウ)、12FK(ナショナル)で、メーカーがバラバラです。内部の配線は見ていませんが、たぶん戦後間もなく個人の方が自作したラジオではないかと思います。やっては、けないこととは思いながらつい短時間電源を入れてみたところ、ちゃんと受信して聞こえました。すぐ電源を切り、そのまま保管していました。ラジオそのものは手作りのもので価値はありませんが、真空管は珍しいものが付いていたのでちょっと得した気持ちです。終戦後物が不足していた時代に苦労して部品を集めて作ったものでしょう。実際の配線から回路図を起こしていませんが4球再生式のものです。細かいことは調べてみないとわかりません。

2003.5.13
修理の勉強(ラジオ修理メモ)
前回実際の配線から回路図を起こすときにうっかり間違えてしまったので、ここで「少し勉強をしなくては・・・」と反省して本を読んでいます。戦前の並4の回路図はいくつかのホームページや本で調べます。下の写真は昭和24年に科学建設社から発行された「ラジオ配線図集」です。鉱石ラジオからオールウエーブまでの回路図が紹介されています。この中に24Bや47Bを使った回路図もありました。2A7,57,2A5,80などを使った4球スーパーなどもあります。比較的古い真空管を使った古い回路図がたくさん載っています。下の写真の兵藤 勉 著「ラジオ修理メモ第2巻」「ラジオ修理メモ第3巻」は実際あった故障やトラブルが詳しく解説されていて、私にとっては修理をするときに助けになる貴重な本です。これらの本は最近、知り合いの松尾氏から譲っていただいたもので感謝しています。

2003.5.11
三ツ矢サイダーの懸賞品ドレミファコップ(昭和42年頃)

ここで、ちょっと目先を変えて昔の懸賞グッズはいかがでしょうか?写真は私が10歳の時に三ツ矢サイダーの王冠を集めて懸賞に応募した際に当たったもので、35年くらい前のものです。ごく普通のコップセットのように見えますが、それぞれコップ厚さが違っていて音階になっていものです。数十年ぶりに取り出して見たのですが、空の状態では綺麗な音階で鳴りませんでした。少し水を入れて調節するとちゃんとドレミファソラシドになります。「だから何なの?」とおっしゃる方もおられるでしょうが、ただそれだけのものです。そろそろ暑くなってきてサイダーが美味しい季節になるので、いずれ昔の三ツ矢シャンペンサイダー瓶などもご紹介します。
5月5日の修理中(戦前のラジオ)の回路図を訂正しました。47Bの回路部分に間違えがありました。「何かおかしいな?」と感じいていましたが、もっとも基本的な大きな間違えに気づきました。素人のやること、時々間違えますのでご容赦を!

2003.5.8
昔の懐中電灯その2(マーシャルランプ)

いつ頃のものはわかりませんが、錆が出ていますが未使用のものです。こんな形の懐中電灯昔どこかで見たような気がします。ナショナルはもっとしっかりとした作りのランプがあったように思います。これは、どちらかというと安物でしょう。ラベルや貼ってある紙が何となくレトロで気に入ったので入手しました。電池を入れるとちゃんと光り懐中電灯としての役目を果たします。「高級ランプ 実質本意。第1種A級 マーシャルランプ 電池ハ矢印ノ方向へと書いてあります。正面のガラスに貼ってあるシールには、全日本携帯電燈工業組合 1級品 合格証(もっと難しい漢字)と書いてあります。いつ頃の物でしょうか?

2003.5.5
修理日記を更新

ちょっと時間ができたので以前からやろうと思っていた昔の真空管式ラジオの修理をはじめました。途中までですが修理日記を更新しましので、よろしければ見てください。
「戦前のラジオの修理」


2003.5.1
PHILCO TROPIC (MADE IN ENGLAND)の真空管ラジオ

桜の季節も終わり、新緑が美しい5月になりました。私も職場が変わり1ヶ月になり、少しずつ慣れてきたところです。
今日は先月の末に古物屋さんで見つけたイギリス製のラジオです。際だってカッコイイ物ではありませんがベークライト製のきれいなラジオです。でも裏を見ると何故かシャシーに穴が開いています。どうしてなか?ちょっと怪しいですね。受信できるのは短波(SW1とSW2)とBCです。お店の主人は「ラジオがあるので買ってください。」と言うことで仕入れたラジオだと言うことです。きれいで受信できるのでとりあえず買ってきました。「11000円う〜ん。ちょっと高かったかな?」と思いましたが、インターネットオークションで落札するより、送料がかからないのでいいかな?などと思ってしまいました。基本的に私は安物しか買いませんので、こんな金額を出すのは珍しいです(笑)。でも最近はネットオークションの方が安く買えることがありますから一概には言えませんね。真空管は35Z3、30A5、7C6、7B6、14S7でいずれもPHILCOでMADE IN ENGLNADです。スピーカーはGOODMAN’S INDUSTRIES LTD です。裏蓋もオリジナルのもので状態も良好です。内部はほこりが積もっていて手を加えられた様子は見られません(たぶん)。いずれ仕事が一段落したらきれいにする予定です。
製造年代は不明です。わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。