過去の日記NO.8
この日記はいずれ、それぞれの品物の種類別のページに整理した後、順次削除します。

2003/4/1〜5
NATIONAL R−155

1950年の広告No.13
マツダ蛍光ランプ
2003/4/9〜13
19A3用のパイロットランプ

SHARP
Compet CS-364R

2003/4/18〜
NEC NT−7P58

AM2波ステレオ受信機
NATIONAL RA−32


1950年の広告No.14
日立の冷蔵庫

2003.4.27
1950年の広告No.14(日立の冷蔵庫)

今では冷蔵庫の無い生活は考えられないくらい普及して、必需品になっていますが、53年前はまだそれほど普及していなかったと思います。電気冷蔵庫の前は氷を入れて冷やす木製の冷蔵庫が一般的で、それも都市部だけでした。氷を買える環境になければ機能しませんから致し方ありません。昭和30年後半代から40年代前半になると各家庭に電気冷蔵庫が普及し、ごく一般の家庭でも夏に冷たいものや氷を口にすることができるようになりました。私が育った家に冷蔵庫がはじめてやってきたきたのは、昭和42年頃であったように記憶しています。その当時の冷蔵庫にはドアに鍵が付いていました。それだけ冷蔵庫が大切なものだったのでしょう?冷蔵庫にお金を入れていたという話を聞いたこともあります。今の冷蔵庫に鍵は付いていませんから金庫代わりには使えませんね。昨年の夏、近くにあるリサイクルショップに広告のような形の冷蔵庫が置いてありました。すぐ売れてしまいましたから、人気があるんですね。飾りに使うのでしょうか?

2003.4.23
ナショナルのMA2波ステレオアンプ(RA−32)

以前AM2波を使いステレオ放送を楽しむコロンビアのアンプを日記(2003/3/1)で紹介しました。今日はナショナルのものです。ラジオではなくStereo Amplifierを書かれています。真空管は12B6、12AB6、12AV6、30A5、35W4が各2本ずつ使われています。ちょうどAMラジオが2つ入っているようなものです。デザインも当時としてはカッコイイものだったのでしょう。コロンビアのもののような特別な回路は組み込まれていないようです。これは現状で鳴りますがあまり使い道はなさそうです。歴史的もあるのかどうか?ですね。ステレオアンプとしては使えそうでが音の良さはあまり期待できません。

2003.4.18
NECのラジオ (NT−7P58)

日記を読んでくださっている皆さん、お久しぶりです。今日はNECのラジオです。デザインからはあまり古さを感じませんが、周波数表示はKC、電池は単2でゲルマニウムトランジスターが使われています。NECのラジオはあまり見かけません。高級品ではないと思いますが入手しました。受信周波数はMW 535〜1605KC SW3.9〜12MCです。電源は単3乾電池3本で4.5Vです。受信できますが、アンテナがないのが残念です。古いラジオには単2乾電池を使うものが割合多いです。

2003.4.13
昔の電子卓上計算機(SHARP Compet 364R)

数年前近くにあるリサイクルショップで見つけた計算機(Compet CS−364R)です。買ってから数年間正常に動作していましたが、最近久しぶりに電源を入れてみると使えなくなっていました。残念ですが、捨てるに捨てきれず、まだまだ持っています。使えたときにはオレンジ色に光るニキシー管がきれいで気に入っていました。この製品はたぶん昭和40年代半ば頃のものと思われますが自信がありません。私の高校時代理科室に置いてあった電卓によく似ています。当時はかなり高価なものだったんでしょう。内部はごらんの通りです。トランジスターも使ってありますね。2SC857A、2SC780、2SC928、3SA564A、2SC458が使われています。日立製HD3521、HD3528の表示もあります。キーボードもとても頑丈にできていて重いです。キーをよく見ると+と−がありません。はじめは使い方が悩みましたが、数値に符号をつけて足すと計算ができたので、そうやって使うのかな?と首をかしげました。ご存じの方いらっしゃいますか?今ではもっと性能の良い電卓が100円ショップで売っています。進歩が早いですね。

     村田様より マイナスキーの無いことに関して情報をいただきました。
               追加情報がいただけた時には、また掲載致します。 
 
                                  ありがとうございました。
シャープのニキシー管使用の計算機ですが、当時はどういう理由かは判りませんが「−」キーのない計算器が多いようです。
連続で足し算・引き算をするときはそちらの方が速いのかもしれません。

引き算のしかた:
123−456の場合
(1)「123」と数字キーを押す
(2)「=」(黒い方)を押す
 この段階で計算器の中に123が置数されます。
(3)「456」と数字キーを押す
(4)「=」(赤い=キー)を押す
(5)−333の結果が表示される
と思います。RPN(逆ポーランド方式)と似ています。
              


2003.4.9
ラジオ修理用パイロットランプ(19A3用パイロットランプ他)

ラジオ修理をはじめた頃は交換用の部品(真空管や昔の電源用プラグ、ダイアル糸など)を手にれるのに苦労しました。その頃は、まだインターネットも今のようにできなかったので、修理方法などの情報は古本屋をまわってラジオ関係の本を見つけたり、新しい本でもラジオ関係ページがあると必ず買っていました。修理用の部品は秋葉原まで買いに行くのですが、見つけ方が悪いのか目的のものを見つけるのに苦労しました。そんな状態でしたが、最近19A3用に使えるパイロットランプをようやく見つけました。本来は3.2V160mAの電球を使うのですが、見つからないので3.0V 150mAの電球で代用します(ラジオ工房の内尾様よりアドバイスをいただきました)。写真右が3.0V 150mA(19A3用パイロットランプに代用可能) 真ん中が6.3V 150mA 左が8V 150mAの電球でまだ売っています。ラジオのランプが点灯しないと何となく寂しいものですね。

2003.4.5
1950年の広告No.13(マツダ蛍光ランプ

今日は蛍光灯の広告です。今の時蛍光灯はごく一般的な照明器具ですが、53年前はまだ新時代の照明器具だったようです。一般庶民の家では、まだ蛍光灯はあまり使われていなかったのでしょうね。蛍光灯は明るくて消費電力も少なく長持ちなので経済的ですが、蛍光管や器具は高価だったんでしょう。広告の説明の中に「リーダースダイジェスト11月号記載の人体に有害な白色蛍光塗料は、マツダ蛍光ランプには使用してありません。安心してご使用ください。」と書いてあります。おもしろいですね。現在の蛍光管は形や光の波長が異なる様々な種類のものが発売されています。食肉展示用、植物育成用、捕虫用、低誘虫性蛍光灯(虫よけ)、紫外線を出すブラックライトなどおもしろい効果をだすものがあります。

 

2003.4.1
ナショナルの小さいラジオ(R−155)

ようやく気温も暖かくなり花見のシーズンになりました。花見を楽しまれている方も多いことと思います。
3月の末にはじめて訪れたリサイクルショップでこのラジオを見つけました。その店は衣料品・オーディオ機器・カメラなどを扱っていてました。店の主人によるとオーディオ機器の多くが委託販売だそうです。このラジオは1960年代後半に流行ったマイクロラジオよりも少し大きい(幅5.5cm高さ7.5cm奥行き2cm)ですが、手に乗せるとずっしりと重く高級感があります。AM波のみ受信でき周波数はHz表示です。電源は単3が1本のみです。内部はゲルマニウムトランジスターが7つ使ってあります。ステンレス製のケースにしっかりと収まっていることが重さの理由です。手のひらに収まる大きさなので、少し厚いのを気にしなければポケットに入れても大丈夫です。1966年頃の製造でしょうか?いずれにしても私にとっては珍しいラジオです。