過去の日記NO.7
この日記はいずれ、それぞれの品物の種類別のページに整理した後、順次削除します。

2003/3/1〜9
AM2波ステレオ受信機

エジソン電球

MITSUBISHI 5P−468
2003/3/16〜19
戦時中の懐中電灯「ほたる」

1955年の広告No.4
「メグロのバイク」
2003/3/23〜29
SANYO(SS−70)

STANDARD SR−F408

REALTONEのラジオ

2003.3.29
realtoneのラジオ(DW−4139−2)

rialtoneのラジオあまり聞かないブランドのラジオです。本などで調べるとリアルトーンという名前で東海無線という会社がデザインの良いラジオを販売していました。その東海無線のものでしょうか?受信バンドは4バンド(FM、AM、MB、SW)で周波数はKC表示です。1960年代中頃のものでしょうか?電源は単2乾電池とAC100Vどちらでも使えます。

2003.3.26
新しいの?古いの? (STANDARD SR−F408)

う〜ん?これはスタンダードのラジオですが、「STANDARD SALES CORP. MADE IN TAIWN  REPUBLIC CHINA」と書いてあります。使用トランジスターはB172×2  B175  A101×2  A102 です。 コンデンサーはTAIWAN製の表示、IFTは日本製TOKYO RCLの表示、バリコンはMITSUMI製、スピーカーはTAIWAN製です。トランジスターなどは比較的古いものが使われていますが、ラジオ全体としては純粋な日本製ではありません。STANDARDは早い頃から海外で生産していたんでしょうか?受信周波数はAM 540〜1600HZで、形や部品からすると1960年代後半から1970年代はじめ頃のように思えますが?もっと新しいものなのかもしれません。

 

2003.3.23
SANYOの丸ダイアルラジオ(SS−70)

見るからに汚くてがらくたラジオですが、丸ダイアルの中にマジックアイがついてきれいにするかっこ良くなる??かもしれないので入手しました。でもツマミが1つ無いのでダメかもしれません。あまりにも状態が悪いので買ってから、ちょっと後悔しています。内部はオートトランス方式でマジックアイに6E5を使っています。12Z−E1より入手が簡単(数ヶ月前には2000円くらいで売っていたが?)なので修理はしやすいですが、6E5は最近1本3500円もするので困っています。これに付いているものはどうにか使えるくらいの輝度があるので、まだ取り替えずに使います。12BE6,12BD6,12AV6,35C5,35W4,6E5を使用しています。こんなガラクタでも幸いなことは回路図がきれいに残っていることでした。

2003.3.19
1955年の広告「目黒製作所のバイク」

今日は少しジャンルを超えて、昭和30年のバイクの広告です。女性がバイクにまたがって走っている姿はなかなかいいものですが、48年ほど前にこんな広告がだされていたんですね。気に入ったのでご紹介します。この目黒製作所は今ありませんが、このころは有名なメーカーだったんでしょう。宣伝にも力が入っています。よく見ると右上に「第2回 全日本自動車ショウ 5月 7−18日 東京日比谷公園」と書かれています。日比谷公園で開かれていたんですね。こんなバイクを今も持っていたらお宝ですね。

2003.3.16
戦時中の懐中電灯「ほたる」

久しぶりに日記を書きます。パソコンのトラブル(OSの不具合)で元の状態に戻すのに手間がかかりました。今日は戦時中に使われていたハンドル式懐中電灯です。昭和18年、陸軍少年兵の志願年齢が満14歳以上に引き下げられ、国民学校卒業直後の入隊が可能になりました。悲しい時代ですね。そんな物資不足の時のもので、名前は「ほたる」。写真のように鉄製のハンドル・鋳物製と思われる本体の中に歯車で回転する発電機構(コイルの内側で磁石が回転する)が内蔵されています。大きさは長さは約125mm、幅40mm、厚さ20mm程です。ずっしりとした重さを感じるもので古さを感じます。書いてある文字も右から左へ書かれています。ハンドルを押すとジャージャーという音を立てて動きます。残念ながら豆電球が切れているため点灯しません。豆電球はとても扁平で特殊な形をしています。電圧は1.5Vです。電球の金具に「1.5V JAPAN  また(右から左へ読む)」と書かれています。光が散乱してしまうからでしょうか?電球の前にはかなり厚い凸レンズが付いています。特許番号も記されています。これを持って夜道を歩いたのでしょうか?

2003.3.9
オレンジ色の真空管ラジオ(三菱 5P−468)

写真のラジオ2つは普通のMT管トランスレスラジオです。左側は数年前に入手していたもの、右側は最近同じものを持っているのを忘れて、また買ってしまったラジオ。オレンジ色の小さいラジオできれいですが、特に特徴の無いラジオです。音が出ないと言うことでジャンク扱いでした。右側のものは通勤途中のリサイクルショプでとても高い値段が付いていましたが、最近ジャンクと貼り紙がされ値段がとても安くなったので買い求めたものです。でもこれ、ケースの上の部分が少しゆがんでいます。この程度ならどうにか修正できそうです。左側はとても状態がよくきれいです。使用真空管は12BE6、12AB6、12AV6、35C5、35W4で受信バンドは中波と短波です。


2003.3.5
新しいけど古い電球(浅田電球製作所 エジソン電球)

今年の1月4日に昔のを載せましたが、今日はそのレプリカです。レプリカとはいえ本格的なもので、トーマスエジソンが1879年に作った電球を忠実に再現したものです。当時は竹を炭化してフィラメントにしていましたが、この電球は綿から作った炭素でフィラメントができています。浅田電球製作所では竹やタングステンフィラメントのものも作っているようです。電気を通すとフィラメントの形をしたボヤッとした光が放たれ幻想的です。決して明るくはありませんが、現在のタングステン電球では出すことのできない心落ち着く光です。昨年の12月に手に入れた電球式のランプにつけてみました。

2003.3.4
コロンビアAM2波ステレオ(S2A−340)のDSC回路
ラジオ工房の内尾様、加藤様、松田様よりいろいろアドバイスをいただき、このAM2波ステレオのことが少しずつわかってきました。ラジオ工房の掲示板はとてもすばらしいです。本当にありがとうございます。DSCに関して詳しくはラジオ工房をご覧ください。リンク集にあります。

2003.3.1
昭和30年代前半のAM2波ステレオ受信機(Columbia S2A−340)

3月になりましたが、こちら関東ではとても冷たい雨が降っています。早く暖かくなるといいのですね。今月の初めは昭和20年代後半から30年代中頃までの少しの間放送されていた、AM2波によるステレオ放送を聴けるレシーバーです。先日いつもの骨董店へ夕方行って見ていると店主が「こんなのあるけど、いらないよな?」と言うので、良く見てみるとダイアルメモリが2つあり、700円と書いてあるので、とりあえず買ってきました。プレーヤーも付いていますが汚れています(上の部分)。FMステレオ放送が昭和38年から放送がはじまったので、それ以降は意味のないものになってしまったでしょうね。内部はトランスレス5球スーパーが2つ入っているのと同じなのでしょうか?真空管は全部で12本で、19A3−2本、30A5−2本、12AU7−1本、12AV6−3本、12BA6−2本、12BE6−2本です。12AV6が3本と12AU7が不思議です。回路図も付いていませんし、シャシーの裏も見ていませんので詳しいことはわかりません。裏蓋にSTEREOPHONIC HI-FI SYSTEMと書いてあります。バリコンや同調コイルは2つついています。デザインは比較的良いと思いますが大きいので保管場所に困ります。通電はしてませんので動作は不明です。今の時代、2つのAM放送を同時に聞くことはありませんので全く意味のないものですね。これ、粗大ゴミでしょうか?