過去の日記NO.6
この日記はいずれ、それぞれの品物の種類別のページに整理した後、順次削除します。

2003/2/1〜8
昔の水瓶

MITUBISHI MODEL T−330

NATIONAL T-25

リフターに関して一言
2003/2/12〜21
ハエとり瓶

昭和初期のラジオ

ちょっと昔の掛け時計
2003/2/24〜
1950年の広告No12
(TENスパースター ラジオ)

2003.2.24
1950年の広告No12(テン スーパースター)

今日は久しぶりに1950年の広告です。神戸工業(TEN 旧川西機械製作所)の5球スーパーラジオです。パーマネントダイナミックスピーカーを使用している当時としては最新型です。デザインは比較的落ち着いたものですね。真空管はST管でしょうか?この頃TENではGT管やMT管も作ってたはずですが、まだ一般的ではなかったのでしょう。東京では丸ビルの中に神戸工業所の支店があったんですね。ラジオの民間放送が始まる前の年です。

2003.2.21
ちょっと昔の小さい掛け時計

久しぶりの日記です。毎度書いていますが、最近仕事が忙しく更新ができませんでした。今日はちょっと昔の小さい掛け時計です。一見とても古そうに見えます。作りはとても丁寧でしっかりしたものですが一流メーカーのものではありません。文字盤にYのマークがつています。比較的小さいので気に入っています。ほぼ正常に動く状態だと思いますが、分解して注油調整が必要でしょう。裏に婚礼祝いの贈り物であることが墨で記入されています。昭和29年に贈られたようですが、製造時期は不明です。柱時計は小さい方がめずらしく人気があり、値段も高くなると行きつけの骨董店の店主が教えてくれました。これは、安物ですが小さく古さが感じられ気に入っています。

 

]2003.2.15
昭和初期の縦型ラジオ

今日はかなりボロボロな古いラジです。昭和10年頃でしょうか?正確な時代は不明ですが、ダイアル窓は小さくレトロなスタイルで時代を感じます。70年くらいは経ってるでしょうか?これ、前面のスピーカーネットに何かがあたったためか、布が押し込まれスピーカーのコーン紙も少し破れています。内部はご覧のように真空管が4本(12F、26B、226、56)見えます。オリジナルの真空管から交換がなされてる可能性があります。ツマミも1つ交換されています。右の黒いものがオリジナルです。シャシーはちりめんと塗装がされています。製造会社の名前がありませんので詳しいことは不明です。売れ残っていてデザインも良かったので購入しました。最近このくらい痛んでいるものでも値段が高くなってきているので、私としては買うのに勇気が要ります。いずれ修理をしようと考えていますが仕事が忙しいので、ずっと後になると思います。

2003.2.12
嫌な害虫はこうして退治しました。(ハエとり瓶)

先日の日曜日に近くのリサイクルショップへ遊びにいってみました。陳列棚の奥の方に以前見たことのあるガラス瓶のようなものが置いてありました。手にとって良く見ると「ハエとり器(瓶)」です。上部の栓がありませんでしたが、欠けていないので買ってきました。昭和の初期から昭和20年代頃まで使われていたハエとり瓶です。中の空洞部分にハエの好きな餌を置き、内部の溝に米のとぎ汁や水などを入れて、餌につられて入ったハエをその溝に落として使うというのですが私は使ったことがありません。一般の家庭よりはどちらかと言えば店などに置いて使っていたと母が言っていました。ハエは餌の上の方を飛び回る習性がり、その習性をうまく使ってハエを瓶の中に閉じこめる仕掛だそうです。上にある穴は本来栓がしてあり、ハエは餌の臭いに釣られて、下の方から入って出られなくなるのでしょう。そういえば、魚を捕まえる道具にこのようなものがありましたね。現在ではハエを見かけることが少なくなり必要はありませんが、半世紀以上前の日用雑貨として大切に保存したいと思います。ガラスには古さを感じる歪みや気泡が見られます。

2003.2.10
最近話題の不思議な物体リフター

今日は先週テレビで放送されたリフターに関してです。リフターをご存じの方はいらっしゃると思いますが、何故かイオンクラフトに良く似たものです。アルミ箔とバルサ板と細い線でできていて、高い電圧を加えると不思議なことに浮上するのも同じです。原理は不明と書かれていますが、たぶんイオンクラフトと同じ原理ではないでしょうか?私はまだ実験していないのではっきりしたことは言えませんが似ています。テレビの説明ではマウスを乗せて浮かんだと言っていました。確かにある程度の大きさのものを作り、電源装置も出力の大きいものを使えば浮かび上がると思います。私もイオンクラフトで直径1m位のものをテストしてみたことがあります。電源に余裕があれば確かに浮かび上がりますので、ネズミくらいだったら乗せられるかもしれません。テレビでも大型のものが数メートル浮上していました。しかし、実用になるかどうかは疑問です。音もなくフワフワと浮き上がるのを見るとなんとも不思議でワクワクします。いずれ実験をしてホームページに載せようと思います。「反重力実験室」というホームページで詳細がみられます。「イオンクラフトに関してはここを見てください。」

2003.2.8
すごく汚いトランジスタラジオ(NATIONAL T-25)

仕事が忙しくて疲れがたまってちょっと元気がないのですが、今日はどうにか更新できそうです。とても汚れていてあまり見栄えは良くありませんが、ずっしりと重く存在感のあるデザインです。昭和30年代中頃のものでしょうか?修理はしていませので現時点では使えません。内部はゲルマニウムトランジスタ7石です。受信周波数は中波(540〜1600KC)と短波(3.9〜10MC)の2バンド。丁寧に各バンドの波長(MW 556〜187.5m SW76.9〜30m)まで書いてあります。内部の部品もしっかりとした作りで当時のナショナルとしても力を入れて設計した思われます。小さな傷はありますが大きな傷やカケなどはありません。修理できるかどうかはやってみないとわかりませんが、直らなくてもきれに掃除すれば飾りに使えそうです。


2003.2.4
これ 不燃ゴミ?(MITUBISHI MODEL T−330)

昭和30年代後半から40年代はじめ頃のテープレコーダーでしょうか?スピーカーがついているのでアンプなどにつなげなくてもこのまま使えるものです。カセットテープレコーダーが流行る前のものでしょうか?オープンリールで内部は写真のようにトランジスタ式です。昭和20年代から30年代はじめの頃は真空管式だったようです。真空管もST管からMT管へ移行し、その後トランジスタになったのでしょう。SONYのテープレコーダーも、はじめの頃は真空管を使っていました。これは三菱製でTRなのでゴミのようなものですが、「こんなテープレコーダーもあったんだ」という資料的な価値ぐらいはあるかもしれません。ベルトが痛んでいるので修理が必要ですが、資料としての価値しかないのであれば修理しない方が良いのかもしれません。ラジオなど他のものもそうですが、「どこまで修理するか?」が問題です。私はオリジナルの状態をできるだけ保ちたいので修理は最低限に留めています。でも、実際に使うのであればしっかりと修理した方がいいんでしょうね。飾りに使うのであれば外観くらいはきれいにしたいものです。どちらとも言えないこれは、やはりゴミでしょうか?悩むところです。

2003.2.1
100年以上前の水瓶

今日は機械とは全く無縁な水瓶です。実家へ行ったときに庭の隅に転がっていたものをもらってきました。残念ながらひびが入っています。水が漏れないように少し修理すればメダカの水槽くらいにはなるかもしれません。形や作りは何となく味のあるものです。これ実は私が小さいとき台所に置いてあってひしゃくで水をくんで飲んでいたものです。田舎では当時(昭和30年代)まだこのような家がたくさんありました。台所には木の流し台と竈(当然薪を使います)がありました。今となっては懐かしい風景ですね。どちらが良いとは言えませんが、同じ年代でも都市と田舎では、生活にかなりの差がありました。この水瓶は昔から使われていたもので、作りや模様は大雑把で素朴です。次回は機械物です。