過去の日記NO.5
この日記はいずれ、それぞれの品物の種類別のページに整理した後、順次削除します。

2003/1/1〜10
パテーベビー(9.5mm)

昔の電球

ELSI MATE EL-8100S

ヘンミ計算尺
2003/1/12〜22
アロー8mm映写機

PERDISCO 1000

NATIONAL T−801S
2003/1/25〜28
1950年の広告No.11
マツダランプ


カルケットの瓶

2003.1.28
ずーっと昔のお菓子の瓶(たぶん戦前のカルケットの瓶)

先日の日曜日にいつもお世話になっている骨董屋さんへ行ってみると、少し前から置いてあった古いお菓子の瓶の値段が安くなっていました。以前から気にはなっていたのですが、私に買える値段(3500円だったかな?)でなかったので見ているだけでした。その瓶がなんと500円になっているではありませんか。どうしたのかな?とお店の人に尋ねると「誰かがぶつけて壊してしまったので安くしたんだ」と教えてくれました。良く見ると角の部分に小さな穴が開いています。でも、どうにかこれ以上壊れないように直して使えば飾りや小物の入れ物に使えそうなので買ってきました。カルケットの瓶には右から左に向かって次のようなことが書いてあります。「お医者ガススメル 滋養のお菓子 乳菓  一ヶ5セン」裏には 「ビンハ常ニ店頭へ 品ハ イツモ一パイニ」 カルケットはカルシウムの入ったビスケットと言うことで名前が付けられたのでしょうか?大正時代に製造されはじめ、現在でも明治製菓から発売されています。息のながーいお菓子ですね。飲み物では「三ツ矢サイダー」や「カルピス」など昔から親しまれているものもあります。長く愛されているこのカルケットも良いお菓子はなんでしょうね。昔は駄菓子屋の店先に置いてあったんでしょう。その様子が目に浮かんできます。


2003.1.25
1950年の広告No.11 「マツダランプNo.3」

53年前の電球の広告。以前紹介した小さい女の子が出ている広告と感じが似ていますね。当時このような生活をできた人は比較的生活が豊かな人だったでしょう。ある意味で庶民のあこがれであったのかもしれません。まだ、テレビ放送が始まっていなかった時なので、雑誌などの広告にも力が入っています。現在は電球の広告にこれほど力は入れませんからね。「電氣」「會社」という字を使っていあるのも時代を感じます。この時代の電球はすでに2重コイルで形も現在の電球と変わらずある意味で完成されていたのかもしれません。昔の形の電球は現在ではほとんど見られませんが、数は少ないようですが現在でも作られているらしいです。私も骨董市やインターネットで数回見ましたが購入しませんでした。幾つか買っておけばよかったと今では思っています。







  
              







2003.1.22
ナショナル T−801S

先日がらくたを入れておく物置を整理していたときに出てきたTRラジオ。ずーと以前3年くらい前でしょうか?近くのリサイクルショップで買ったような気がします。電池ボックスの電極が1つ取れているのでまだ通電していません。色と形がレトロなので気に入って買ったのかもしれません。何故か赤い色のラジオが好きです。でも、あることさえ忘れていました。受信周波数範囲はMW 540〜1600KC SW 3.9〜12MC  単3乾電池4本使用です。まだ開けていないので内部は不明です。私はあまり難しい修理はできませんので、「簡単に直る故障だといいな?」などといつも思います。勉強しないといけませんね。リンクをしてくださってる諸先輩方のホームページを読んで少しずつ学習しようと考えています。

 

2003.1.19
日立パディスコ(PERDISCO1000)

何かと忙しくて日記を更新出来ませんでした。今日は比較的新しいラジオの日立PERDISCO1000です。汚いけれどちゃんと使えます。ずーっと以前この名前聞いたことがあります。その頃は(私にとってですが)それなりに高価なものだったように思います。面白いデザインのラジオで丸いダイアルがついています。チューニングダイアルを回すと中の指針が動きます。「ワイアレス ステレオ」とはどういうものなのでしょうか?左上に押しボタンスイッチがありバンドなどを切り替えます。右の写真は皮のケースです。500円だったので買ってきましたがちょっと邪魔です。


2003.1.12
アロー8mm映写機 MODEL Sー100(1959年)

TRラジオがまだ高級品だった頃、昭和30年代半ばの8mm映写機です。家庭用のビデオなどまだありませんので、家庭で動画の記録をするには8mmフィルムで撮影するしかありませんでした。この映写機はケースに入っていて当時の説明書からラベルまですべて揃っています。リールも金色のきれいなものです。アローという会社のもので、いまでも会社があります。とてもデザインがレトロでかっこいいですね。すべて金属製です。この当時エルモからも良い映写機が発売されています。同じような色ですがデザインはエルモの方が新しさを感じます。このアローの映写機は戦前からの形を少し残しているので今となってはこの方がかっこいいですね。しかし、映写機よりの当時の撮影済みフィルムの方が貴重かもしれません。



2003.1.10
ヘンミ計算尺

先日電卓を紹介したので、今日は私が高校生だった頃に使っていた計算尺を物置から見つけてきました。計算尺で有名だったヘンミのものです。高級品ではありませんが竹でできています。昔の定規は竹製のものが多かったですね。伸び縮みの少ないのがその理由でしょう。今では竹でできたものを探すのが大変です。この計算尺で、かけ算やわり算、平方根などが簡単に求められてとても便利でした。足し算と引き算は少し大変だったように思います。でも今は使い方を忘れてしまいました。当時は計算尺の検定試験などがあって皆試験を受けていました。まだ、電卓が高級品で個人では買えないくらい高かった時のことです。その後、電卓の値段が下がり誰もが持てるようになると、あっという間に計算尺は世の中から消えてしまいました。今ヘンミの会社はどうなっているのでしょうか?


2003.1.7
ちょっと昔の電卓(シャープ ELSI MATE EL-8100S)

電卓が世の中に出て助かった人はたくさんいたことでしょう。そろばんや暗算の苦手な私もその一人です。一般の人が電卓を買えるようになったのは、昭和40年代終わりから50年代はじめのように思われます。シャープやカシオが安くていいものを発売していました。「答え一発カシオミニ」をキャッチフレーズにのカシオミニが昭和47年8月1万2800円で発売されました。確かにテレビのCMで宣伝していましたね。良く覚えています。その後値段も下がり、高性能になり今では簡単なものであれば100円ショップで買えます。私が大学時代はパソコンはまだありませんでしたので、プログラム電卓で実験結果の整理をしていました。簡単なプログラムですが自動的に計算処理されて、とても便利に感じたものです。当時はヒューレットパッカードやシャープやカシオが主なメーカーで数字の表示が赤や緑などでした。その後、新しいものがどんどん出てきて、古いものは捨てられてしまい、今となっては当時の電卓はなかなか手に入りません。残しておけばよかったと今では悔やまれます。先日古物商に行ってTRラジオを一つ買いました。近くにシャープの懐かしい電卓があったので「これいくら?」と尋ねると「お正月だからサービスするよ!」と言うのでもらってきました。家で電池を入れても数字が光らないので内部を分解してみました。しばらくチェックして基板の一部が痛んで接触不良になっているのを発見!修理をして無事使えるようになりました。緑色に数字が光ってなんともレトロです。

 

2003.1.4
昔の電球

電球と言えば昔の電球は上の部分が尖っています。写真右の2つがその電球です。左は頭が丸いですね。どちらもかなり古い電球です。尖ったものは電球を作る時に上から排気をしたものでしょう。左のものはねじ込む部分の中、つまり下から排気をしたものと思われます。真空管も初期のものはトップが尖っています。明治・大正・昭和と電気が普及して、もともと明かりとしての利用が主でしたが、様々なエネルギー源として用いられるようになり、現在は電気が無い生活は考えられません。昔のことを父から聞くと小さい頃は家の中に電球がついて明るくなる部屋が1つか2つで、それも10〜30W程度のものだったそうです。この電球は右2つが32W左が10Wのものだと思われます。そういえば昔は10燭などと言ったそうです。本当でしょうか?燭光は光度の単位で今はカンデラに変わっています。大正から昭和初期は家庭や地域の事情によりその利用状況にはかなりの差があったこと思います。この電球は古い民家を解体したときに出てきたもだそうです。切れた電球も大事にとっていたんですね。トップが尖った電球の使い方ですが、年配の方から聞いた話では「先端の尖ったところを少しだけ折って穴を開け、それに水を入れて逆さまにしておく。天気が悪くなるのが近づくと、その小さな穴からポタポタと水が落ちてくるよ」と教えてもらいました。電球の中に入った水は低気圧が近づいて気圧が下がると出やすくなるんでしょう。昔の人はいろいろ工夫して使っていたんですね。頭が下がります。下の写真の電球はTOKYO IMAMURA Co.LAMPと書いてあります。マークがGEや芝浦製作所のSEWと同じような書き方ですね。このような書き方が当時流行ったのでしょいうか?


2003.1.1
パテーベビー(Pathe-Baby )9.5mmカメラ(戦前のカメラ)

あけまして おめでとう ございます。2003年がはじまりました。今年もよろしくお願い致します。
さて、今日は8ミリカメラよりも前に開発されいたむかし、むかしのカメラ(動画)です。このカメラは残念ながら手放してしまい、今は宮城県のマニアの方がお持ちになってます。今となっては手放したことが悔やまれます。滅多にお目にかかることのできない品物です。1895年頃フランスのルミエール兄弟が世界ではじめて作ったシネマトグラフ(35mmフイルム)が映画誕生の年とされています。その後フィルムサイズは35mm(パーフォレーション打ち抜く前)のを半分にした17.5mmが開発されました。1922年になるとフランスのパテー社は9.5mm幅の家庭用映画パテーベビーを作りました。その後1923年にはコダック社から16mmが発表され、つづいて8mmもでてきました。写真のパテーベビーはその頃のものではないでしょうか? レンズはDALLMEYER LONDON F1.9です。古い物なので革が一部剥がれているなど痛みはありますが、ゼンマイ式で軽快な音を立てながら動きます。絞りは手動式で回すと穴の大きさが変わります。小さいのにとても重くカメラ本体1.6Kgあり、マガジンもフランス製の純正品が3つ、そしてケースはしっかりとした革製で鍵も付いていました。当時これを持って撮影していた人はどんな人だったんでしょうか?想像するだけで楽しいですね。
参考文献 「世界の絶版名品銘機」K.K講談社発行