過去の日記No.45


2007/8/2〜

ドイツ製の鳩時計

戦前のマツダ電気時計
2007/10/21
昔の電球(エビス 6CP)

昔の電球(マツダ)

2007/12/9
昔の電球(マツダ

10月以来2ヶ月ぶりの日記です。
今日は前回に引き続き、昔の電球です。この電球は電球の上の方に突起のあるもので、ここから排気をして作っていた時代のものです。このような電球は、最近はほとんど見かけなくなりました。この電球を製造した会社はマツダ、MAZDAです。現在の東芝ですね。いつ頃のものでしょうか?大正から昭和の初期にかけ使われていたものかもしれません。フィラメントはタングステンのようですから、炭素フィラメントに比べると新しいものでしょう。下の写真の小さいものは100−10で、現在でも普通に使われている電球とほぼ同じくらいの大きさです。大きいものは100−100で倍くらいの大きさがあり、小さい電球に比べるとても明るく光ります。マツダの文字の隣にGEのマークがあります。アメリカのGENERAL ELECTRIC(ジェネラル・エレクトリック)社のマークですね。GE社からの技術協力で作っていたのかもしれません。その裏側に見えるマークも不思議です何のマークでしょう?詳細は不明です。この電球は珍しく未使用状態で保管されていたものです。

2007/10/21
昔の電球(エビス 6CP)

仕事が忙しく久しぶりの日記になりました。今日は昔のタングステン電球です。この電球は電球の頭が丸く排気管が口金の所にあるので、とがった排気口が電球の頭にあるものに比べて新しいものです。しかし、フィラメントがコイル状になっていないので現在の物に比べて古い物です。電球には「エビス6CP」と表示がありますので、エビスという会社のものでしょうか?明るさは6CP(キャンドルパワー)で蝋燭6本分の明るさです。点灯してみるともっと明るいように感じますが本当にそうなのでしょうか?電球ははじめは炭素フィラメントであったものが、1910年頃からタングステンの電球になっていったようです。電球の口金の部分から排気する方法が開発されたのが1919年頃です。日本にその技術が伝わり製造されるようになったのはもう少し後になってからだと思われますので、この電球は大正から昭和初期のものでしょうか?正確な製造時期はわかりません。外観は錆などで汚れていますが電球が点灯しているときは綺麗です。昔の電球2003年1月の日記

2007/8/26
戦前のマツダ電気時計

ホームページを開設してから5年が経ちました。多くの方に見ていただき感謝しています。
さて、今日は昭和初期の電気時計を紹介します。この電気時計はマツダ製で木製ではなくベークライトと思われる素材でケースが作られています。昭和10年頃にラジオなどで流行った形をしています。この当時のラジオの隣に置くととても似合います。中の機械は以前修理をしたセレクトスイッチに比べるとタイマースイッチが無いのですっきりしています。修理も簡単に済むと思われます。約一年前に修理したマツダセレクトスイッチ時計は正確に時を刻んでいます。1年間一度も時計合わせしなくてもほとんど時間のズレがありません。電源周波数が厳密に管理されているためだと思われますが、現代でも十分実用になる精度です。この時計も60Hz用と50Hz用の2種類があり、ワーレン型自己起動同期モーターの違いで区別されます。いずれ修理したいと思います。

60Hz用マツダ電気時計 (この時計は電球ソケットに接続するようになっています。)

50Hz用マツダ電気時計 (こちらはコンセントに差し込んで使っていたようです。)

2007/8/2
ドイツ製の鳩時計の修理

先月に友人より預かって修理に挑戦したドイツ製の鳩時計を載せます。この時計はすべて機械式でスイス製のムーブメントが組み込まれています。ドイツとスイスの時計だけあってしっかりと作ってあります。ムーブメントも綺麗で良くできていると思います。動きが悪くなりすぐ止まってしまい、ゴールや人形も動かない時があるとのことでした。修理は様子はここを見てください。修理日記 ドイツ製鳩時計(カッコウ時計)の修理を見てください。