過去の日記No.44


2007/5/1〜

ナショナル電燈 A型2号

東芝トランジスタラジオ
8M−88S

2007/6/18 〜 7月 

戦前の電気時計  
NISHIKAWA & COMPANY,DAIREN.


戦前の真空管ラジオ
 「エリミネーター試験證 長野電燈株式会社」


ちょっと昔のパロマ製ガス炊飯器

2007/7/16
ちょっと昔のパロマ製ガス炊飯器

ご飯を炊くには、昔は竈で薪を燃やして焚いていました。次に電気やガスを用いた炊飯器がでてきました。私の小さい頃住んでいた所では、竈からガスを使った炊飯器へと普及していったように記憶しています。これは、最近全く見かけなくなった小型のプロパンガスを使う炊飯器です。釜の部分を外すとガスコンロとしても使えるものです。これは、一度も使われていないもので火が入れられた様子が見られません。電気炊飯器では火力や蒸らしなどすべてコントロールされているので簡単に美味しいご飯が炊けますが、これでは、自分でやらないとダメですね。でも、プロパンガスがあれば非常時など場合によっては使い道があるかもしれません。


2007/7/3
戦前の真空管ラジオ 「エリミネーター試験證 長野電燈株式会社」

ホームページを開設してから4年11ヶ月程が過ぎました。皆様のおかげでカウント数が50000を越えました。ありがとうございます。
 さて、今日は戦前の真空管ラジオを紹介します。このラジオは昭和11年11月24日と内部に貼ってあるエリミネーター試験證に記載されていますのでこの頃のものでしょう。形はかまぼこ型で縦型のものが横に少し伸びたように感じられます。横型に変わるときの過渡期にあったのでしょうか?デザインも良く昭和初期の雰囲気を保っています。このラジオは珍しく、この状態で通電すると元気に受信します。購入したときに鳴ると言うことでしたので、短時間のみテストしましたが確かに良く受信します。内部は真空管を交換したようですが、ほとんど手は加わっていません。かなり煤けていまうすが、その様子から長いときの流れを感じます。長野電燈株式会社と書かれていますので長野で使われていたものですね。これは、お気に入りのラジオの1つです。

2007/6/18
戦前の電気時計  NISHIKAWA & COMPANY,DAIREN.

今日は昔の時計を紹介します。この品物の状態からみて戦時中又は戦前のもののように思われます。銘板には「M’F’D BY TOKIO ERECTRIC CLOCK CO.  NISHIKAWA & COMPANY,DAIREN.」と書かれています。中国の大蓮に関係したものでしょうか?時計は50Hzの交流に同期して動くワーレン型で現時点では遅れが見られます。清掃修理が必要です。昭和の初期の電気時計は時々見かけますが、このような銘板は付いているものは珍しいように思います。現在のようなに電源周波数が管理されている状況で、きっちりと修理すれば、日常生活で十分使える精度がでる時計だと思います。

 

2007/5/26
東芝トランジスタラジオ8M−88S

今日はちょっと昔の東芝トランジスタラジオを紹介します。このラジオは1964年に発売されたものらしいです。デザインは角張ってはいるものの作りは良くしっかりしています。保存状態も比較的良く綺麗に掃除をすれば綺麗になりそうです。動作状態も良く十分使える状態です。東京オリンピックの頃に使われていたんですね。このようなラジオには珍しくタイマーが付いています。

2007/5/1
ナショナル電燈 A型2号

5月になり家の周りの木々の若葉がとても美しい季節になりました。
今日は戦前あるいは戦時中のものと思われる電池式電燈を紹介します。綺麗な木箱に電池が入るようになっていて、7.5Vの乾電池を使用したようです。残念ながら電球は付いていませんでした。今の時代では持ち運ばないのに、何故電池式の電燈なのか不思議です。当時の電気料金は定額制で一戸あたりの電燈数が限られていたようです。私の推測ですが、トイレなど少しの時間しか使わない場所には、このような電池式電燈の方が結果的には安く付いたのかもしれません。また、当時は夜だけ電気が供給さらたところもあったようです。現在のように24時間電気が使え、使用した電気料で料金が決まる時代でとはちがいますね。この時代は所によっては、まだ石油ランプが使われてたと思います。電燈とランプを併用していた家もあったでしょう。このナショナル電燈は未使用の物で汚れなど無くとても綺麗です。