過去の日記No.43


2007/1/1〜

地下鉄開通記念(昭和9年6月)
電気時計(浅草--新橋)


2007/2/1
笠の縁が薄緑色の古い石油ランプ
2007/3/22〜

コロムビア放送局型123号受信機

ラジオ修理メモ 全3巻
兵頭 勉 著


シルバー ポケットラジオ
(SILVER POCKET RADIO PC−400)

2007/4/9
シルバー ポケットラジオ(SILVER POCKET RADIO PC−400)

先日行きつけの古物屋さんで珍しいラジオを入手しました。SILVER POCKET RADIO PC−400で白砂電気が作っていた物らしいです。ラジオ工房の内尾氏にお尋ねしたところ、昭和32年頃の物で6950円だそうです。このラジオ見ての通り一見カメラです。革でできたケースに収まっていて、大きさもカメラと同じくらいです。重さはカメラよりも軽くできています。内部は真空管が5本入っています。その内1本はマジックアイです。電源は67.5Vと単2電池1本で動作するようです。不思議なのはスピーカーと電源スイッチが付いていません。どうやって聴くでしょう?イヤホンを使って聴くのでしょうか?それとも外部スピーカーをにつなぐのでしょうか?電源スイッチが無いのはどうしてでしょうか。イヤホンをつなぐとスイッチが入るようになっているかもしれません。側面に何か接続用の端子があります。詳しく調べてみないとわかりません。このラジオを私が見た真空管ラジオとしては最も小さいものです。スピーカーが付いていないのでこんな小さく作れたのでしょう。それにしても、不思議なラジオです。

回路図(「ラジオ温故知新」サイトの梅田様より提供していただきました)

2007/4/1
「ラジオ修理メモ」全3巻 兵頭 勉 著

桜の花も咲き、新年度がはじまりました。
以前、知人より戴いた兵頭 勉 著 「ラジオ修理メモ」第2巻および第3巻を紹介しましたが、今日はその第1巻です。先日、ケミコンチェッカーの部品を購入するために、久しぶりに秋葉原へ遊びにいきました。いつも立ち寄る真空管の店に入って、何か面白いものは無いかと見ていると「ラジオ修理メモ第1巻」が置いてありました。私はこの本を数年探していました。希にネットオークションに出品されたものは、落札額が高く、私にはとても手の届く本ではありませんでした。その本が今回手頃な値段で入手できたことは幸運でした。内容は第2巻3巻と同じように、修理の基本が丁寧に書かれています。特にこの1巻は最初のものなので、私のような素人でもわかりやすく解説されています。修理技術を知るだけでなく、読み物として楽しく読める本です。この本を読んでいると修理をした気分になるのは私だけでしょうか?時間ができたら、またラジオの修理を楽しみたいと思っています。


2007/3/22
コロムビア放送局型123号受信機

久しぶりにホームページの更新をします。この時期は仕事が忙しく、がらくたで遊んでいる暇がありません。
最近は戦前の電気時計に興味が移ってしまい、しばらくの間ラジオには触っていませんでした。インターネットなどの情報では古いラジオの人気は衰えることなく益々人気が上がっているようですね。そこで、今日は戦時中の真空管ラジオを紹介します。株式会社日本蓄音機商会(コロムビア)の放送局型123号受信機です。状態は良く大きな傷もなく綺麗です。真空管もマツダ製のものが使われていて、ほぼオリジナルの状態です。「放送局型受信機之証」もしっかり残っています。最近は入手しづらくなった安定抵抗管B37が真空管の陰にひっそりと並んでいます。私はこの安定抵抗管が何故か好きです。このラジオは以前に入手しましたが、保管しているだけでまだ修理をしていません。いずれ修理をしてみたいと思います。

2007/2/1
笠の縁が薄緑色の古い石油ランプ

はやいもので今年も1ヶ月が過ぎ2月になりました。私の住んでいるところでは一度も雪が降っていません。例年になく暖かい冬です。
 今日は、時計ではなく、仄かな明かりが揺らめく石油ランプを紹介します。このランプが使われていた時代はいつ頃でしょうか?時代にもよりますが、地域によって違いはあるように思われます。明治期になり日本独特な吊り下げ型の石油アンプが使われるようになり、一般の家庭も普及しました。昭和になり電気が普及し始めても、地域によっては使われていたと思われます。このランプは比較的オシャレに作られていて、笠の縁に淡い緑色が付けられ内側に向けて徐々に薄くなっています。最近作られたランプに比べてみると、派手さが無く気品があるように感じられます。右側の写真は入手した時の状態です。左側の写真は吊り金具の修理をしてから全体を綺麗に磨いた状態です。かなり以前にたくさん使われていた様子で、ガラスの表面や窪みなどに煤や汚れがたくさん付いていました。ガラスは手作りのもので時代を感じさせるものです。明治から大正の時代のものでしょうか? 

2007/1/1
地下鉄開通記念の電気時計(浅草--新橋)

新年あけまして、おめでとうございます。今年は暖かい冬で我が家の畑の作物は、まだ青々としています。例年は霜のために枯れてしまっていました。その代わり、草も元気に伸びています。
 さて、今日は日本ではじめて開通した地下鉄の開通記念に制作されたと思われる電気時計を紹介します。日本の地下鉄は昭和2年12月30日に「東洋唯一の地下鉄道」として上野−浅草間が開通し、運賃は10銭均一であつたそうです。その為か、とても人気があり多くの人が利用したようです。その後、昭和9年に東京地下鉄道株式会社が創立され浅草−新橋間が開通したようです。詳細は地下鉄のホームページをご覧下さい。この時計は傷みはありますがオリジナルの状態のじょうです。東京なので50Hz用で動作しています。しかし、多少の修理が必要です。いずれ修理をしてその様子を載せます。
 昨年修理したマツダセレクトスイッチ(スヰッチ)時計は、クオーツの時計と同じくらい正確に時を刻んでいます。