過去の日記No.42

  


2006/11/1〜

昔の電話料金箱

マツダ セレクトスイッチ時計
(セレクトスヰッチ時計)

2006/11/20
マツダ セレクトスイッチ時計 (セレクトスヰッチ時計

秋も深まり私が住んでいる所でも、朝晩はとても冷えてきました。そろそろ、紅葉が綺麗な時期がやってきました。
 さて、今日は前回お知らせした、マツダセレクトスイッチ時計の修理の様子を紹介します。この時計は、1936年頃につられ販売されたようです。ほぼ70年経過していますね。当時としては最新式の時計だったと思われ、作りが丁寧でしっかりしたものです。この時計を修理をして1ヶ月程の間、動作確認をしてみました。その結果、精度も良く日常使う時計として十分使用できるものでした。この時計が作られた当時は比較的電気の供給も安定していたと推測されますが、終戦直後は電気の供給も安定せず、電気時計は使いづらく、かえって機械式の時計の方が便利だったかもしれません。
 時計の文字盤のセレクトツマミを引き出しておくと、その時間になるとスイッチが入り約15分後に自動的に切れる仕組みになっています。引き出したツマミは、その後自動的に元に戻ります。とてもユニークな設計です。この仕組みで特許がとられているのでしょうか?修理の様子修理日記をみてください。

50Hz用 銘板

60Hz用 銘板

2006/11/1
昔の電話料金箱

最近仕事が忙しくホームページの更新ができませんでした。今日は久しぶりに更新します。
写真は昔の電話料金箱です。いつ頃のものでしょうか?この料金箱が使われていた時代は昭和10〜20年代でしょうか?品物の状態や書かれている字体で推測してみる他ありません。いずれにしても、電話がまだ各家庭に普及しきれていない時代のものでしょう。あるいは、学生寮などのような所に設置され公衆電話の脇に置いてあったものかもしれません。なかなか趣のある作りです。鍵が付いていてレトロな雰囲気を漂わせています。以前修理した2号自動式壁掛け電話機のそばに置くと雰囲気ぴったりと合います。大きさは高さ20cm横幅10cm奥行き6.5cmです。作りも丁寧で良くできています。
 次回は現在修理中の昭和11年頃から作られたマツダセレクトスイッチ時計(マツダセレクトスヰッチ時計)を載せる予定です。

「料金は一回毎に入れて下さい」と書いてあります。