過去の日記No.41


2006/8/7〜13

日本ハーク「HARK」社製
 フィールドコイル型スピーカー


マツダラジオ MODEL 5LA−28
2006/8/16〜

ナショナル ラジオ
BX−420


英計舎製 掛け時計
(2週間捲き 本打式)


ちょっと昔の石油ランプ

2006/9/17
ちょっと昔の石油ランプ

夏の暑さも過ぎ去り、台風の進路が気になる季節となりました。
今日は機械ものではありませんが、昔懐かしい石油ランプを紹介します。このランプは油壺の部分が透き通った青色のガラスでできていて綺麗です。入手したときは、とても汚れているランプなので少し綺麗にしました。菜種油に灯心を浸して火を付けて灯りとして使っていた時代は、今のような明るさは無く、夜になると暗く薄くらい闇の中で生活をしていました。明治時代になり石油ランプが使われるようになり、今までとは少し違う明るさを楽しんだことでしょう。

2006/9/1
英計舎製 掛け時計(二週間捲き 本打式)

今日は、夏のはじめに職場の友人にもらった掛け時計です。この掛け時計は昭和20年代終わり頃から30年代にかけてのものでしょいうか?確かな製造年代は不明ですが、比較的良くできた掛け時計です。機械部分はそれぞれの時間に鐘のなる数が自動で合う本打式のものです。外観も良くできているように思います。この時計は文字盤が痛んでいて、ゼンマイも切れていました。時計修理の勉強のつもりで分解して修理してみました。

2006/8/16
ナショナル ラジオ BX−420

今年の夏休みはラジオの修理を楽しんでいます。
さて、今回も職場の友達に修理を依頼されたラジオです。これも昭和30年代のラジオです。ナショナルのラジオで中波と短波が受信できる2バンドのものです。現在はあまり短波放送を聞く人はいませんが、昔は良く聞いたと言う方もいらっしゃると思います。2つのスピーカーが使われ当時は人気があったのでしょう。ナショナルのラジオによく見かけるデザインです。真空管はごく一般的な構成です。このラジオはトランスレス方式で電源の片側が直接シャーシーに接続されれているので、コンセントへの電源プラグの差し込みかたで、金属部分やアース線に触ると感電します。昔のトランスレス方式は気をつけ方がいいですね。

2006/8/12
マツダラジオ MODEL 5LA−28

久しぶりに、ラジオ修理に挑戦しました。このラジオは友人から修理を依頼されたもので昭和30年代のもののようです。昭和30年代になるとトランジスタラジオが発売され人気商品でしたが、まだ値段が高く真空管ラジオも製造されていました。この5LA−28は当時のトランジスタラジオを意識して作られたようなラジオですね。小型でデザインも当時のトランジスタラジオのようなスタイルです。アンテナはバーアンテナが使われていて外部へアンテナを出して使用した真空管ラジオとは違います。このラジオは30年代のデザインで飾りとして置いても良いラジオだと思います。

2006/8/7
日本ハーク「HARK」社 フィールドコイル型スピーカー

久しぶりの更新です。今日は数年前に日記で紹介した日本ハーク社製スピーカーを再度紹介します。ホームページの容量を気にしないで写真を掲載出来るようになったので、このスピーカーが使われていた大型電気蓄音機などを再度細かく載せます。このラジオ付き電気蓄音機は30年代はじめ頃に個人の方が制作されたものと思われるものでとても豪華な作りです。詳細はこちらで見てください。日本ハーク「HARK」社製スピーカー