過去の日記No.40

   


2006/6/5〜

レトロな三菱扇風機Z30-EB型 (復刻品?)

昭和初期のラジオカタログ

昔のハエ捕り機 ハイトリック

2006/7/9
昔のハエ捕り機 ハイトリック

今日は電気関係の品物ではなく、これからが活動時期のハエに関係する品物です。
このハイトリックと呼ばれるハエ捕り機は大正2年に特許を取得し、大正8年に売り出したそうです。昭和20年代までは作られていたようです。使い方は四角い板の側面に酒、酢と砂糖を混ぜたものを塗っておくと、その臭いに誘われたハエがその板に止まっている間に、箱の中に閉じこめられ出られなくます。その後、取り外しのできる金網で仕切られた別の箱の部分に誘導されます。
イエバエの生活サイクルは卵で一日、幼虫で4〜5日、成虫は雄で20日、雌1〜2ヶ月程度だそうです。昔は、水洗トイレも少なかったり、家畜の糞や生ゴミなどの処理もしっかりとできませんでしたので、ハエがたくさんいました。ハエ捕り機もいろいろなタイプがあったようですが、私が一番記憶に残っているのは、天井からぶら下がったリボン式ハエ捕りです。このリボン式のものは今でも販売されているようですね。以前紹介したガラス製のハエ捕りもレトロで気に入っています。

外観はとてもオシャレでハエ捕り機とは思えません。

尾張時計株式会社の銘板があります。

尾張時計が作ったので内部は時計の機械に似ています。

右の金網部屋の中に入ってしまうと出られません。この部分を外してハエを退治します。

2006/6/23
昭和初期のラジオカタログ

梅雨の季節になり、野良仕事もできないので今日は昔のラジオのカタログを載せます。記載されているラジオから推測すると昭和初期のもののようです。しばらくぶりに立ち寄ったリサイクルショップで見つけました。詳細は別ページに載せますのでよろしければご覧下さい。ラジオカタログ

2006/6/5
レトロな三菱扇風機Z30-EB型 (復刻品?)

6月に入り今年も扇風機の季節がやってきました。この扇風機は比較的新しい時代のものです。全体が金属製で重厚な作りです。羽の部分も真鍮製で形も忠実に再現されてます。これは三菱が昭和初期の扇風機を復刻したものと思われます。製造された年代を銘板に書かれている製造番号から推測すると1974年でしょうか?どのくらいの数が作られたのかわかりませんが、yahooのオークションやあ骨董屋で見かけることがあります。モーターなど電機部品はすべて新しいものが使われています。このことは安全という面では良いことですね。