過去の日記NO.4
この日記はいずれ、それぞれの品物の種類別のページに整理した後、順次削除します。

2002/12/1〜9
ハーク フィールドコイル型 SP

1955年の広告No.1
SANYOのテレビ


電球式ランプ

RCA VICTOR RADIO
2002/12/12〜20
1955年の広告No.2
4号自動式電話機


HITACHI TH−848

TRC−radio
2002/12/24〜29
1955年の広告No.3
東芝洗濯機


ダイアル糸他

2002.12.29
久しぶりに秋葉原へ

先日秋葉原まで遊びに行ってきました。これといってお目当てのものは無いので何かおもしろいモノは無いかな?とあちこち見てきました。秋葉原は相変わらずたくさんの人がいてにぎやかでした。路上でのタバコが条例で禁止されたので歩きタバコを禁止する貼り紙がたくさん貼ってありました。まず最初にオヤイデ(小柳出電気商会)でダイアル糸を買いました。今までは墨壺用の糸を使っていましたが、やはり本物がいいので買いました。必要なだけ切って売ってくれると話してくれましたが、腐るものではないので250m巻き1つを買ってきました。墨壺用の糸に比べてしっとりと柔らかく扱いやすそうです。 
それから、あちこち回って主に真空管(安物ばかり)を買いました。6E5(トーヨー)、1V(MARCONI)、19A3(NEC)、34(RCA)、22(RCA)、56(NATIONAL UNION)、35Z3(RCA)、12SQ7(CEI)、12L6GT、12SA7(TUNG SOL)です。6E5は少なくなってきたので取りあえず買っておきました。マジックアイは寿命が短いので必需品です。真空管ラジオの修理をはじめた頃、はじめ、よく光っていたものがしばらく経つといつの間にか光らなくなってしまいした。回路の故障かと思ってあちこち電圧を測って悩んだことがあります。結局新品のものに交換したら良く光るので寿命が短いことがわかりました。そんなことがあったので、マジックアイを見かけるとつい買ってしまいます。少し前までは1300円くらいで買えたのですが今は3000〜3500円くらいしています。1Vは少し手を加えると12Fなどのかわりに使えそうです。幾つかの会社のものがあったので、自分が持っていない会社のものにしました。ラジオ用のST管(中古)は前回行ったときより、たくさん出回っていました。需要があるんでしょうね?


2002.12.24
1955年の広告(自動すすぎのできる 東芝洗濯機)

今日はクリスマスイブ!みなさん楽しいイブの夜をお過ごしでしょう。57年前は今ほどクリスマスを祝う家庭は多くなかったことでしょう。今日はそんな頃の洗濯機です。懐かしいゴムローラーを回して脱水するタイプで水道に直接つけてすすぎができます。以前紹介した攪拌式のものは自動すすぎはできませんでしたね。私の育った家では、まずはじめにテレビが昭和39年頃入り、その次に洗濯機、最後に冷蔵庫が家にやってきたました。何故かテレビの方が早いんです。でもそんな家庭が多かったのかもしれません。洗濯機がなかった頃の主婦の労働は大変だったでしょうね。小さい頃、脱水のローラーを回して遊んだことを思い出します。当時29500円で高価なものだったんですね。


2002.12.20
むかし、むかしの鉄製のTRCラヂオ

お久しぶりです。仕事がとても忙しくてホームページを更新する気分になれませんでした。明日は休みなので今日はむかしむかしのラジオの残骸を載せます。これは確か6月頃にめずらしいラジオがあると言うことで行ってみると、これともう1つ違うものがありました。そこで2つまとめて入手しました。このラジオは蓋はありませんでしたが、その他のものは揃っていました。真空管はCYMOTRON UX−245(ナス)1930.6.17の日付があります。DON47B,47B, KX−80,2A3(カニンガム1枚プレート)真空管の写真は後日載せます。製造された時代は昭和の初期だと思われます。エリミネーター式になってすぐのラジオでしょう。ST管が使われているので昭和8年頃でしょうか?それとも真空管が交換されているのでしょうか?不明です。大きなバリコンとコイルが時代を感じます。カニンガムの1枚プレートの2A3がついていたのは幸運でした。2A3はエミッションも良好です。真空管以外はがらくたですね。でもコイルとバリコンは使えそうです。


2002.12.15
HITACHI トランジスタラジオ TH−848

今日は日立のトランジスタラジオ TH−848です。私は今まで聞いたことのない型番です。インターネットなどで調べてみましたが該当無し。製造年代は形や内部のTRなどから推定するしかありません。1960年〜65年頃(昭和35〜40年頃)でしょうか?きれいな本皮製のケースも付いています。HITACHIのロゴも昔のものです。トランジスタ8ですから8石ですね。TRはHITACHIのマークの付いた2SA12(2本)、2SA15(2本)、2SB155(2本)、2SB77(2本)。トランスにも日立のマーク、ポリバリコンはMITSUMI製。現状で受信状態は良好。大きさは横12.5cm、立て8cm、奥行き3.5cmで片手に持ってちょうどいい大きさです。きれいに掃除をすればとてもきれいなラジオになるでしょう。
FREQUENCY RANGE 535〜1605KC。裏蓋の内側にラベルがありシリアル番号も付いています。


2002.12.12
1955年の広告N0.2 東芝4号自動式色電話機

ちょっと昔のカラフルな電話機です。昭和30年の広告にマツダ(東京芝浦電気)のカラフルな電話機がでています。昭和30年もまだマツダマークを使っていたんですね。いつ頃から使わなくなったのでしょうか?この電話機で黒色のものは一般的で数のも多いようですが、緑や紫はめずらしいですね。象牙色のものは時々骨董屋で見かけますが、他の色はまだ私は見たことがありません。オークションでは希に出品されていますが、いずれも高値で落札されていました。4号自動式(1950年誕生)は送受話器の振動板を従来の軟鉄からジュラルミンに変更し軽量化を図り共振周波数上げることによりハイファイ電話機と呼ばれるほど音が良くなりました。また、ケーブルの細芯化を図り経済性にも貢献したそうです。3号型に比べデザインも新しくなって、600型電話機(1962年誕生)が普及するまで活躍しました。我が家でも黒の4号自動式電話機を玄関に置いていまでも使っています。現在の電話機と比べ音量・音質とも遜色なく快適に使えます。受話器を取ったときの重さや、ダイアルを回したときの音と振動が安らぎを与えてくれます。

2002.12.9
RCA VICTOR RADIO Model 9−X−571

今日は特別に更新します。久しぶりに真空管ラジオ、アメリカ製の真空管ラジオです。これは、2週間ほど前に手に入れたものです。「めずらしいラジオがでたよ」と言うので出かけてみると、店の主人が「これいい音で鳴るんだよ。」「店に出すとすぐ売れるからとって置いたよ!」と話してくれました。感謝!内部は錆がひどいももの、コンセントを差し込んでしばらくすると奇麗な大きな音で鳴り始めました。確かにめずらしいので持って帰ってきました。真空管の構は35Z5GT/M、50L6GT、12SQ7、12AK7、12SA7です。RANGE 540〜1600KC AC/DC 115  50−60C/S 30W と表示があります。かなりのがらくたですが、これで良好に受信できるのが不思議です。家でもう一度確認したところ確かに良く受信します。古い真空管のラジオはチェックしないで電源をいれるのはこわいですね。電源コードが切断されているものは別として多くのものは、もとの持ち主やお店の人や客がプラグを差し込んでチェックしているのが現状でしょう。まあ、最悪でもコンデンサーが破裂するか、真空管が壊れるか、感電するか、発火するくらいですから、気にしなければたいしたことはありません?あくまでも私にとってはですが・・・・でも家の中でやると火事の恐れがあるので注意しましょう。数年前、友達に頼まれて、ある通信販売のお店からアメリカ製の真空管ラジオ(トランスレス)を買いました。品物が到着したので早速電源を入れてみました。しばらくすると何やら焦げ臭い臭いがしてきて、中から白い煙がでてきました。「まずい!」と思い。すぐ電源を切って中を調べたら、整流管のヒーターについている、パイロットランプと並列に入っている抵抗が焦げていました。その後すぐ返品して別のものを送ってもらいました。完璧な修理がされたものは別として、昔の真空管ラジオは製造から数十年経っているので、いつ壊れても不思議ではありません。昨日まで使えたものが突然使えなくなることも、経過年数を考えると当然ですね。



2002.12.7
むかし、むかしの電球式ランプ

こんにちは、読んでくださっている皆様ありがとうございます。今日はむかし、むかしの電球式ランプです。石油式のランプはきれいなものをたくさん見かけますがとても高価で私には買えません。先日行きつけの骨董屋の隅に雰囲気のいい電球式のランプがあるのを見つけ、しばらく迷いましたが買ってきました。値段は私に買えるモノですから高くはありませんでした。ガラスの火屋は古さを表す歪みがあり最近のものではありません。コードは古い布製のコード。深緑色のプラグには「マツダ」のロゴと三角形の中に〒のマーク(戦後電気製品が普及した時代に危険な粗悪品が売られないように、安全性を確保する法律として昭和36年に「電気用品取締法」が制定され、合格したものにはこのマークがけられました。平成13年4月1日より法律が変更され新しいマークにかわりました。)があります。台座は木目が細かくきれいで高級感があります。製造年代はよくわかりませんが、火屋ガラスの状態やデザインなどから昭和のはじめ頃かもしれません?その頃のものだとしたら、コードとプラグは状態が良いので交換されている可能性があります。もしくは、昭和30年代中頃にアンティーク調に作られたものかもしれませんね。このランプは一般的な石油ランプの芯の長さを調節するツマミ部分を回してスイッチのON、OFFをするようになっています。石油式ランプをそのまま電球に替えた作りです。当時電気が普及しはじめた頃に石油ランプより便利な方式にしたんでしょうか?確かに、雰囲気は石油ランプの方がいいですが実用上はこの方が便利です。12月になり寒くなってきましたので、ランプは暖かさがあり飾るのには最適です。



20002.12.4
1955年の広告No.1(SANYOのテレビ)

日本でのテレビ放送は1950年(昭和25年)に東京テレビジョン実験局から電波がだされ、本放送は1953年(昭和28年)からだったようです。この年、民間テレビ局第1号として日本テレビも開局したそうです。しかし、当時のテレビ受像機はとても高価で一般の家庭に普及するまでのはしばらくかかりました。一般の家庭でテレビが普及したのは東京オリンピックのころではないでしょうか?当時はプロレスや野球が人気番組だったんでしょうか?1950年代前半の雑誌にはテレビのキットも載っています。好きな人は自分で作ったんでしょうね。私も小さい頃はテレビは無くラジオがあっただけでした。我が家にテレビがやってきたのは、一般的な家庭と同じ東京オリンピックの頃であったと思います。今ではテレビの無い生活は考えられませんね。小さい頃は夜はいったい何をしてたのでしょうか?子どもは早く寝るのが一番ですから、ご多分に漏れず私も早く寝ていたんでしょう?このSANYOのテレビの値段はなんと75000円。当時としては給料の数ヶ月分。すご高価なものだったんですね。現在この形のテレビはオークションなどで高値で落札されていますが、私が中学生から高校生の頃は、こんなもの粗大ゴミでゴミ捨て場に転がっていました。ブラウン管が痛んでいなければ本を頼りに修理をしてどうにか写るように出来ましたので、高校の時に学校の近くの電気屋さんで捨てるものを貰ってきて修理した思い出があります。真空管がたくさんつていて内部がとても暖かくなったのが懐かしいです。最近のテレビでは信号はデジタル処理されブラウン管は液晶に代わり大分様変わりしましたね。当時のテレビ修理の本は、今となっては無用なものですが大切にしています。テレビ用の真空管はラジオ用とは幾分違うのでラジオ修理には使えません。しかし、数年前電気屋を開業してる兄から130本ほど譲ってもらいこれも大切に保管しています。



2002.12.1
ちょっとめずらしい ハーク フィールドコイル型 スピーカー

12月になり今年もあと1ヶ月になりました。早いものです。今日はハーク社製のフィールドコイル型スピーカーです。良い永久磁石が無かった時代にフィールドコイルに電流を流して電磁石にしていたものです。昭和20年代中頃からは永久磁石が使われたスピーカーが多くなりフィールドコイル型SPは無くなっていったようです。しかし、音の良さを求めるオーディオ装置にはしばらく使われてたらしいです。このスピーカーも昭和30年頃に作られた大型電蓄に付いていました。先日アンプを分解して内部を調べたところ、昭和30年製造のボリュームが使われていました。この頃のボリュームには製造年月日が記入されているものが多いです。作られた時代の推定に参考になります。ハーク社のことは私も全く知りませんでした。電蓄の中身を見たときに今まで見たことのない立派なフィールドスピーカーが付いているので気になって調べてみました。戦後の会社なのでしょうか?この時代にあったパイオニアやオンキョーなどの会社は今も健在ですね。
このSPのフィールドコイルは直流抵抗で約1kΩ、ボイスコイルは直流抵抗で4Ω、出力トランスの7Ωタップに接続されていましたので、条件を設定してインピーダンスを測定してみないとわかりませんが5〜6Ωくらいでしょうか?重さはスピーカーユニット本体で5.2Kg、口径21cmです。コーン紙は白色のつるつるしたケント紙のようなもので、1枚の紙を円錐状に丸めて貼ってあります。エッジは鹿の革を鞣したものです。エッジの外側のSPを固定する部分にはフェルトが貼ってあります。フィールドコイル、ボイスコイルとも断線はなく状態は良好です。スピーカーの右にある黒いトランスがハーク製の出力トランスです。プッシュプル用のもので2次側は0、4、7、15Ωのタップが出ています。1次側のインピーダンスは今のところ不明ですが、6AR5PPの構成から推測すると10KΩくらいでしょうか?このセットに付いてた電源トランス、チョークトランスともサンスイの良いものでした。電源トランスは2.5Vセンタータップ付きヒーター用もあり2A3PPアンプも作れる大きなものです。結局このセットの回路は6AR5のプッシュプルアンプの構成でした。真空管が1本無かったのははじめからで、シャーシの穴をふさぐためにソケットのみ付けておいたものでした。2A3PPだったらとても貴重だったんですが残念です。いずれこのトランスを使ってアンプを作って、ハークフィールドコイル型SPの音を聞いてみたいと思います。私は技術、知識ともあまり無いのでこのくらいしか説明できません。詳しいことを知っていらっやる方が見て下さいましたら、何か情報を教えていただけると幸いです。下のハークの広告は1958年(昭和28年12月の広告です。)