過去の日記No.39

   


2006/4/1〜30
ナショナル トランジスター時計 
BC−200ST


昔使われていた電燈の笠

昭和30年代の真空管ラジオ
ナショナル AM-380

2006/5/8〜

ラジオ修理ハンドブック

マジックアイ
旧ソビエト製 6E5C

2006/5/15
旧ソビエト製マジックアイ(6E5C)

私が秋葉原で6E5を探して買い求めていた頃は、TOYO製が1300円から1700円程度で買えました。この6E5Cは数年前マジックアイの値段が高騰し始めた時期に1500円で買って置いたものです。その頃はまだRCA製の6E5が2500円で買えた時期です。この6E5Cは隣に置いてあったのでついでに数本買いました。特性が6E5と同じですが、オクタルベースになっているのでそのままでは使えません。そこで、不良の6E5からベースを外して5E5Cに付け替えると、輝度に違いがあるものの十分使えました。ベースの交換に手間がかかりますがお金はかかりません。お金がかからないことが私にとってはとても良いことです。残念ながら最近はこの6E5Cも値段が少し上がってしまったようです。写真はTV−7でチェックをしているところです。

左からTOYO製 6E5   6E5CにUZベースに交換したもの  オリジナルの6E5C 

左 TOYO 6E5  右  旧ソ連 6E5C  蛍光体の色が若干違います。

ベースを変換した6E5C  左は開いたときの状態   右が閉じたときの状態  

TOYO 6E5 左が開いたときの状態で右が閉じたときの状態で6E5Cに比べて輝度に違いがあります。

2006/5/7
ラジオ修理ハンドブック

ラジオの修理をする際に、はじめての症状や、どうしても原因が見つからない故障に当たることがあります。ラジオ修理に関しては、本を参考にするのがやはり早道です。兵頭 勉 著の「ラジオ修理メモ」は読んでいるだけでも面白く、とても参考になりますが、ここで紹介した「ラジオ修理ハンドブック」も、症状別に原因や修理方法が書かれている本も良い本です。この本は最も基本的な故障から、部品の修理、改造まで絵や回路図で説明されていて、私が気に入っている本の一つです。本書は5人の方が分担して執筆している本で、ラジオ修理はこの一冊で十分であると書かれています。全部で259ページあり、最後の部分に当時の真空管の規格表も付いています。

2006/4/30
昭和30年代の真空管ラジオ(ナショナル AM-380)

今年は例年よりも気温が低い日が多いように感じられますが、季節は5月へと移り変わろうとしています。
今日はしばらく前に知人から購入した真空管ラジオを載せます。このラジオと型番が同じラジオをもう一台持っていますが、こちらの方が状態が良く受信状態も良好です。整流管はパイロットランプの入手が難しい19A3です。また、19A3も少なくなり、マジックアイの12ZE8もほとんど見つかりません。数年間までは秋葉原で安く手に入りました。デザインは当時の雰囲気があり少し気に入っています。この型番のラジオはYahooのオークションなどに出品されことが多く、残っている数は多いと思います。そして、人気があまり無く落札されないラジオの一つです。

2006/4/16
昔使われていた電燈の笠

昔一般的な家庭では、笠をつけないでそのまま電球をつけていたり、平たい皿のような笠が一般的であったように思います。この電燈の笠はユニークなデザインでちょっと洒落ていますね。いつ頃使われていた物でしょうか?正確な製造年代は不明です。乳白色のガラスを花びらのような形にしてあります。スイッチ部分を拡大すると昔のナショナルのマークがあります。でも、笠はナショナルではないかもしれませんね。ちょっとレトロな雰囲気のある電燈の笠です。

2006/4/1
ナショナル トランジスター時計 BC−200ST

年度末は仕事が忙しくホームページの更新ができない状態でした。まだしばらく忙しい日は続きますが、4月になったので今日は久しぶりに更新します。
今日の品物はちょっと昔にナショナルが販売した、トランジスター時計BC=200STです。ナショナルが時計を作っていたんですね。トランジスター2SB175を1つと、電池は単に1本を使っています。ドーム型の透明ガラスで覆ってあるのでデザインは落ち着いています。振り子時計のゼンマイの代わりに電磁石でエネルギーを与えているといった構造ですね。時間進み遅れは振り子の中程に付いている重りを上下して調整します。説明書きによると重りのネジを左右それぞれ1回転で24時間で1分の進み遅れを調整できると書いてあります。ゲルマニウムトランジスターが使われているところから推測すると昭和30年代から40年代初めの頃のものでしょうか?