過去の日記No.38

   
2006/1/1〜

日本オゾン発生機(N・O・K-OZONATOR)

トランジスターラジオ 東芝 7P−70

真空管ラジオ サンヨー SF−75
2006/2/5〜

石油ランプ(製造年代不明)

戦前の真空管ラジオ
(SHINKYO RADIO WORKS TOKYO)


真空管の輝き

2006/3/5
真空管の輝き

今日は集めたがらくたの紹介ではなく、真空管から出る光について書きます。私がはじめて真空管ランプを作った35年ほど前のことです。そのアンプは2A3を4本使ったプッシュプルアンプでした。私は秋葉原の店で2A3を4本買い制作したアンプに差し込んで電源を入れました。そうすると真空管の壁面に下の写真のような青白い光が出て、作り方をまちがえてしまったのかと心配になりました。その後真空管をRCAなど他のメーカーに変えたり、本などでいろいろ調べたりしてました。その結果この光は問題なく正常に動作していることがわかりました。この現象を推測してみると、直熱型の真空管ではヒーターから出た電子が真空管のガラスに当たりやすく、ガラス面で蛍光現象が見られるようになると思われます。そのため、磁石を近づける青白い光が変化します。もう一つの別の発光現象を見たことがありますが、それは、真空管内部の空間が発光する現象です。これは真空度が低下しているために現れる現象のようです。簡単に言えば不良な真空管です。正常に動作している真空管から放たれる穏やかで力強い光を私は好きです。下の写真は300Bの真空管の光です。

2006/2/20
戦前の真空管ラジオ(SHINKYO RADIO WORKS TOKYO)

久しぶりの更新になります。今日は昔の真空管ラジオを紹介します。SHINKYO RADIO WORKS TOKYOと書かれているプレートが付いていますので、東京にあった会社で作られたものです。真空管の構成は27A,26B,12A,12Bの4球です。内部は汚れと錆が出てだいぶ痛んでいますが、欠品などは無いようです。スピーカーもしっかりとしたものが付いています。製造されてから70年近く経過していると思われますので痛んでいても当然です。
 最近、電気用品安全法が注目を集めています。今年の4月からはこのような古くて絶縁の悪いものは、電気製品としては売買できなくなるのでしょうか?現在でも古いラジオなどは骨董屋では電気製品として売っているわけではないように思われます。そのため、ラジオが動作しても、しなくても値が付きます。このようなものを修理をする場合、簡単に交換できるコードやコンデンサーや抵抗などはいいのですが、電源トランスなど替えの部品が無い場合は最悪です。現在、保存状態が良いものも、年数が経過するにつれ、いずれは修理不可能な状態になると考えられます。最終的には歴史的な資料となるか、または飾りになるのでしょう。

2006/2/5
石油ランプ(製造年代不明)

立春も過ぎ暦の上では春になりましたが、まだ寒い日が続いています。
今日は製造年代はよくわかりませんが、比較的綺麗な石油ランプを紹介します。平心のバーナーで火屋はまるぼや・いもぼや・四つ手ぼや、などと言われるもので、平心バーナーに使われるものです。火屋の働きは焔で熱せられた空気を狭いところを通すことで急上昇させ、焔の下から新鮮な空気を取り入れ燃焼効率をあげることです。石油ランプは文明開化の象徴とでも言えるくらい、それまでの灯りの文化は徐々に変わっていきました。蝋燭や菜種油で灯りをとっていた時代から、石油やガスを用いた灯りへの変化が明治期にはじまりました。しかし、一般の家庭に広く石油ランプが使われるようになるには、しばらくかかかりました。この石油ランプは高価なものではなさそうですし、比較的新しいものかも知れません。明治期の綺麗で優美な形をしたランプは、今ではあまり手に入れることはできません。このランプには以前の持ち主が書いたと思われる入手した年月日と定価がランプ台の裏に貼られていました。

2006/1/28
真空管ラジオ サンヨー SF−75
 
昭和30年代の真空管ラジオで埃が積もっていて汚い状態です。しかし、ケースに欠けや欠品がないので掃除をすれば綺麗になると思います。6ME10というマジックアイが付いている短波と中波の2バンドラジオです。使用されている真空管は最近あまり見かけなくなった19A3が使われています。この19A3のヒーターに接続されている3.2V160mAのパイロットランプも入手が困難な状態です。私は以前買っておいた3.0V 150mAのパイロットランプを代わりに使っています。6ME10は3000円ほどしますが、まだ秋葉原で入手可能です。19A3も以前購入しておいたものがあるのでどうにかなりそうです。回路図もケースの底に貼ってありました。

修理用のパイロットランプ。  右端が19A3用に使っている3.0V150mAのランプ。

2006/1/15
ちょっと昔のトランジスターラジオ 東芝 7P−70

お正月気分も終わり、テレビからは大雪の被害で困っていらっしゃる方のニュースが毎日流れてきます。早く春が来て欲しい思います。
さて、今日は昭和40年代半ば頃に売られていたと思われるトランジスターラジオ 「TOSHIBA 7P−70 YOUNG PET」を載せます。ごく一般的なラジオで珍しいものではありませんが、私は丸と四角のすっきりしてたデザインが好きです。いつもの古道具屋さんの片隅に誰にも買われずに売れ残っていました。スイッチを入れるとしっかりとした音が流れてきました。7 TRANSISTERと表示がありますので7石ですね。  

2006/1/1
日本オゾン発生機(N・O・K-OZONATOR)

新年あけましておめでとうござします。今年もよろしくお願いいたします。
このホームページを見てくださる皆様のおかげで昨年もどうにか更新を続けることができました。
ありがとうございました。
 さて、今日は新年はじめてなので、面白いものを紹介します。写真は戦前あるいは戦中に製造されたとと思われる昔のオゾン発生機です。今では一般的なオゾン発生機もかなり前から製造されていたんですね。詳しくは別のページを見てください。日本オゾン発生機(N.O.K-OZONATOR)