過去の日記No.36

2005/10/1〜24
マツダ セレクトスイッチ時計
(スヰッチ時計)


明電舎製 扇風機

ナショナル電気コタツ(E型)
2005/11/6〜20

日立製作所の古い扇風機

北一硝子の吊りランプ
(古い物ではありません)

2005/11/20
北一硝子の吊りランプ(古い物ではありません)

今日は機械ものではありませんが、最近気になっているランプについて書きます。デザインの良い明治時代の古いランプはとても私には高価で入手することはできません。しかし、北海道の小樽にある北一硝子で比較的最近作られたと思われる、このランプは丁寧に作られていて美しく値段も手頃でした。でも、笠が透明なので本来の笠の役目である、バーナーの炎から出た光を下方向に反射して、有効に物を照らすことができませんね。でもこの笠は綺麗ですね。灯火の歴史は人類の進化と共にあったと言っても過言ではありません。木の枝に火を付けて携帯用の灯りとた時代。小さな皿に松の根まどを燃やした時代。木の実や草の実を搾って油を小さな皿で燃やした時代。この頃はまだ庶民にとってこのような油を灯りは貴重な物であったようです。江戸時代になりアブラナが栽培され多くの菜種油がをとることができるようになりました。そして、ようやく庶民が油を燃す灯りが使えるようになりました。その後、明治維新とともに西洋から石油ランプが入ってきました。石油ランプは行灯や蝋燭の薄暗い灯りしか知らなかった当時の人にとっては、とても明るく、正に文明開化の象徴だったと思います。明治期の質の良いランプは上品で落ち着きがあり、ある意味、洗練された美しさがあります。ランプの構造とその原理も調べると面白いのでいずれ紹介します。

2005/11/6
日立製作所の古い扇風機

木々の葉が少しずつ色づきはじめ、紅葉の綺麗なシーズンになりました。
さて、今日は時期外れの品物を紹介します。写真は比較的初期の日立扇風機です。日立の扇風機でこのようなデザインのものは少ないように思われます。精工舎もこのように波のような形にデザインされたプレートに社名を入れていた扇風機を発売していたようです。製造された時代ははっきりとは分かりません。私の推測では大正の終わり頃から昭和のはじめ頃と思われます。作りはとても丁寧にしっかりと作られています。日立は1916年に扇風機の製造を開始しました。そして今年扇風機事業から撤退したようです。

2005/10/24
ナショナル電気コタツ(E型)

秋も深まり、我が家の近くの雑木枝からつり下がったアケビの実が美しい淡い紫色に輝いています。そこで、今日はこの季節にそろそろ欲しくなる電気コタツを紹介します。ナショナルが性能の良いサーモスタットを開発し、電気コタツを商品化したのは1924年(昭和4年)頃のようです。丸山型電気コタツとして発売され好評だったようです。このコタツはその後改良を重ねたもので比較的新しいもののようです。家庭電化の共栄券が箱に付いています。使用されのは昭和20年代から30年代にかけてでしょうか?詳しい製造時期は不明です。このコタツは上から布団を掛けて使用するものと思われますが、使用法に関してもよく分かりません。電気コタツに櫓がついてきたのは、もう少し後にあってからなのかもしれませんね。

内部を開けたところ、ネオンランプが綺麗に輝いています。

電熱器とサーモスタットが付いています。 予備のニューズのちゃんと付けられていました。

検査合格証と共栄券

2005/10/9
明電舎製 扇風機

コスモスが咲き乱れ、本格的な秋が近づいてきました。
今日は時季はずれですが、明電舎の扇風機を紹介します。日立や東芝などのものは比較的多く見かけますが、明電舎のものはあまり見かけません。この扇風機は昭和30年代のものでしょうか?詳しい製造年代は不明ですが、状態もよく綺麗です。当時は流行した薄いグリーンの色で仕上げられています。羽などすべて金属で出来ていて、でよくできている製品です。現在使っても十分使用でますし、デザインもいいですね。

2005/10/1
マツダ セレクトスイッチ時計(スヰッチ時計)

昭和13年頃に芝浦マツダ工業から発売されたスイッチ付きの電気時計を紹介します。かなり外観は傷みが酷く以前御持ち主の方がケース部分を補修した痕跡があります。内部は年月による傷みが見られますが、オリジナルの状態のようです。この時計は残念ながら60HZ用で関東地方では使えません。しかし、当時の雰囲気を十分に漂わせる外観を持っていますので保管したいと思います。内部の状態は写真の通りでモータ以外は電気製品というよりは機械仕掛けという感じがします。昭和13年頃は先月紹介したように、太平洋戦争間近で戦時体制色濃い時代ですね。