過去の日記No.35

2005/9/1〜

大正時代の終わり頃の扇風機?
(芝浦製作所SEW)


国際画報(大正12年〜13年発行)
2005/9/10〜

マツダ防空電球
(灯火管制用電球)


灯火管制用の電燈笠

2005/9/18
灯火管制用の電燈笠

ようやく暑さも和らぎ秋を感じさせる風が吹くようになってきました。
前回灯火管制用の電球でしたので、今日は灯火管制用の笠を紹介します。この笠は電球を付ける部分のみ金属でほ他の部分は比較的暑い紙でできています。、そして側面に当時の東京府で行われていた灯火管制の時間帯が書かれた紙が貼られています。防空標語 「凝らせよ照明、漏らすな燈火」が当時の厳しさを感じさせます。この笠は岡谷市でつくられたようですね。昭和13年8月の東京電燈株式会社発行の電気顧問という冊子には灯火管制に関する特集が載っていて、住居、商店、工場事務所、屋外などの灯火管制の方法を図を沢山使い解説してします。また、昭和1410月号には電気経済読本「活かせ電力興亜の力」と題して省電力の方法も説明されています。そして、その中にトランスレスラジオの紹介があります。しかし、この灯火管制をしてどのくらい効果があったのでしょうか?

2005/9/10
マツダ防空電球(灯火管制用電球)

多くの被害をもたらした台風が去って、ほっとたところですが、まだ暑い日が続いています。
さて、今日は戦時中の防空電球(灯火管制用電球)を紹介します。年配の方はこの電球をご存じの方も多いともいます。電球の先端部分のみが透明になっていて光が出るようになっています。写真でわかるように周りに光が広がらないようになっいる工夫がされています。もう一つは電球をねじ込む時の深さによって2段階の明るさになるようになっています。当時この電球はどのくらい利用されていたのでしょうか?普通の電球より高価だったと思われます。

東部防衛司令部認定済 畳用 使用前必ズ包紙ノ注意書きヲ御読ミ下サイ  マツダ 

左が少しねじ込んだときの明るさ    右が深くねじ込んだときの明るさ

2005/9/4
国際画報(大正12年〜13年発行)

大正時代末期の扇風機を前回紹介しました。その頃の時代はどのような時代だったのでしょうか?その当時の雑誌に大正通信社が発行した国際画報という雑誌があります。その中には当時の絵画・スポーツ・ニュース・文化などが写真や絵で紹介されています。この雑誌は当時の時代を知る上で大変参考になります。著作権の問題もありますのであまり、載せるわけにはいきませんので、当時の無線通信に関する部分を一部紹介します。大西洋を隔てた無線電信の実験に関する図解説明です。昔の文字や仮名遣いなどがあり読みづらいですが、当時の雰囲気は伝わってきます。大正12年9月には関東大震災もあり、特集号もだされています。そのほかにも興味深い内容の記事や写真がたくさん掲載されています。

大正12年4月  クリックすると大きくなります。(画像データが大きいです)

2005/9/1
大正時代の終わり頃の扇風機?(芝浦製作所SEW)

今年も9月になり日も少しずつ短くなり秋の気配を感じてきました。
今日は時期はずれですが、大正の終わり頃製造されたと思われる扇風機を紹介します。初期のころの扇風機の雰囲気が残り、比較的状態の良いものです。数年前に入手しましたが、まだ修理をしていません。この頃の扇風機は再塗装されてるものが多いのですがこれはオリジナルの状態が保たれています。羽は真鍮でできていて、塗装されていません。電源コードはかなり昔に交換されていると思われます。こんな扇風機でも綺麗に修理して飾るとそれなりに見栄えがします。