過去の日記No.34

2005/8/1〜7

太郎のラジオ技術講座
寺澤春潮 著


ちょっと昔の電器のランプ
(青・黒のガラス)
2005/8/16〜

昭和30年代末に輸出された
TRラジオ(CARLTON)

2005/8/16
昭和30年代末に輸出されたTRラジオ(CARLTON)

 ホームページを開いて今日で3周年を迎えることができました。お陰様でアクセスも31000カウントを越え、たくさんの方に見ていただくこことができました。お礼申し上げます。
 さて、今日は昭和30年代末に海外へ輸出されたTRラジオ(MADE IN JAPAN)でCARLTONという名前が付いています。 使用されているトランジスタは2SA102 (1個) 2SA101(2個) 2SB175(1個) 2SB178(2個)電池は単三x4本。裏蓋には回路図が貼り付けられています。オークションにて入手しましたが、とても綺麗で未使用のような状態です。皮のケースも新品のように輝いています。詳しいことは知りませんが、このようなトランジスタラジオが昭和30年代にたくさん輸出されたようです。

20005/8/7
ちょっと昔の電器のランプ(青・黒のガラス)

関東では、とても暑い日が続いています。そろそろ雨が降るといいと思っています。
今日は、少し昔の電球式のランプです。このランプの使われた時期は昭和20年代から30年代のものでしょうか?正確な年代は不明です。本体部分は青と黒のガラス製です。内部にコードを通すために金属製のパイプが通っています。電球には笠を載せるためと思われる、金属でできた器具が付属しています。でも2この電球それぞれに付いています。本当に笠を載せるための器具でしょうか?笠を付けなくても20Wくらいの暗い電球や炭素フィラメントの電球を使用すると味わいのある光を出してくれます。青色のガラスが綺麗で気に入っています。でも、これもやっぱり「がらくた」ですね。

2005/8/1
太郎のラジオ技術講座 上巻 (寺澤春潮 著)

今日は昭和23年に売られた寺澤氏の「太郎のラジオ技術講座 上巻」です。著作権の関係で本文は載せることはできませんので、簡単に紹介します。ラジオ技術講座上巻ですのでラジオ受信機の最も基本の内容が書かれていますが、その文章の中で日本のラジオ受信機の現状と当時のアメリカの進んだラジオ受信機に関して書かれたものがあります。この本が出された昭和23年ころはまだスーパーヘテロダイン受信機は一般的ではなく、多くは並四や三ペン、といわれる受信機が使われていました。そのため 26Bを休ませよ  12Aを博物館へ 老朽セットに永眠を!旧型管を新型へなどと書かれたプラカードをもってデモ行進する挿絵が描かれています。このところが面白いですね。今ではこのような旧型管の方が価値が高くなっています。この本自体は最も基本的なラジオの知識が載っているだけなので、当時のラジオに関する資料的な価値しかありません。