過去の日記No.33


2005/7/3〜10

巡回時計
(K.HATTORI&CO.LTD)


SONY TRW−621(赤)
2005/7/18〜

大きな石油ランプ

2005/7/18
大きな石油ランプ(昔のランプのレプリカ?)

先日7月16日(土)にテレビの取材を受けました。我が家での取材でしたので、何となく恥ずかしく、思ったようにインタビューに答えることが出来ませんでした。地元新聞や市の広報などの取材は経験がありましたがTVの取材ははじめてでとても貴重な経験でした。プロ用のTVカメラを近くで見たのは、はじめてだったので感激しました。
 話はかわりまして、今日は大きな石油ランプです。このランプは最近製造されたもののようで、古さを感じません。昔の高級なランプはガラスの火屋や油壺の部分のつくりに高級感と品を感じますが、これには感じません。火を付ける部分にMADE IN JAPANの文字が見られますので、日本で作られたものと思われます。いつ頃の物でしょうか?飾りものとしての価値はあるかもしれません。ガラスの輝きは心惹かれるものがあります。特に古いガラスは味わいがあります。

2005/7/10
SONY TRW−621(赤)

以前TRW−621の灰色ボディーのものを載せましたが、今日はその色違いで赤色のものです。このタイプは当時、厳密な色の名前は不明ですが灰色、黒、赤の3色が発売されたようです。その当時の金額で1ヶ月の給料くらいの値段だったそうです。時計の風防はガラスではなくてプラスチックのような素材です。灰色ボディーの時計は動かないので、修理にチャレンジしてみましたが、素人には修理不可能でした。その修理の時に大きな失敗をしてしまいました。それは、アルコールで風防や文字盤を拭いてしまったことで、表面が少し溶けて、小さなヒビがたくさん入り部分的には曇りガラスのようになってしまいました。アルコールで簡単に溶けてしまうところをみると不安定な素材ですね。この赤色のボディーのTRW−621は時計も元気に動いています。

再度、失敗しないように、この赤いボディーのラジオはそのまま大切に保管しています。
このラジオの時計はとても元気に時を刻んでいます。

修理にチャレンジしたものの、大失敗したTRW−621の時計です。

内部の時計はセイコー製の機械式です。

細かいヒビがたくさん入った風防と、右上にあるタイマー用の文字盤。部分的には溶けている所の見られます。
セルロイドの素材であるならばこのような状態になるかもしれませんね。しかし、透明度が高いのでごく普通のプラスチックでしょうか?いずれにしても、アルコールを使うときには十分注意して使いましょう。

2005/7/3
巡回時計(K.HATTORI&CO.LTD 精工舎?)

今年も暑い季節の7月がやってきました。今日は巡回時計を載せます。巡回時計は学校や病院などの大きな施設で見回りするときに、各場所に設置された鍵をこの時計に入れて、巡回したときの時刻を記録する時計です。そのため12個の鍵があります。この巡回時計は鍵をさして回すと時間が書かれた丸い記録用紙にそのときの鍵番号が記録されるようになっています。その他に巡回時計の蓋を開けるための鍵やゼンマイを巻いたり、時刻合わせをする鍵も必要です。この時計は1966年7月(昭和41年)頃に作られたものでしょうか?内部を分解してみると66 7の刻印が時計部分にあります。もう少し昔の巡回時計はすべて真鍮でできていますから、やはり1966年の製造と推測されます。またK.HATTRORIの刻印があるところから精工舎のものであると思われます。記録用紙も12個の鍵もありませんから実用にはなりませんが、面白い時計です。今ではこんな重い時計をぶら下げて巡回することはたぶんないでしょう。それから、巡回時計を警備時計と言う方もいらっしゃいます。警備の方が主に使っていたからでしょう。

H。Kマークの巡回時計 しっかりとした皮のケースに入っていて肩から提げられるようになっています。
重さ1.2kg

K.HATTORIは服部金太郎の頭文字でしょうか?

銀色の丸い部分に丸い記録用紙をセットして、その紙が時計の動きで一緒に回転します。鍵を差し込んで回すと1〜12番の数字がその時刻に記録される仕組みになっています。面白いですね。でも、とても重い時計です。

機械式の時計部分とても元気に時を刻んでいます。

1966年7月製造でしょうか?その下の1454は製造番号でしょうか?

構造から推測すると鍵はとても単純なものであるようです。