過去の日記No.32


2005/6/1〜

ナショナル 
「パナペットR−72」


昔々のラジオのホーンスピーカー
(NEW HOME)

2005/6/26〜

機械式鳩時計

2005/6/26
機械式鳩時計(メーカー不明)

久しぶりの更新になります。こちら関東では真夏のような天気でとても暑い日が数日続いています。
さて、今日は昭和30年代の鳩時計です。日本では機械式の鳩時計の製造が中止され、今では電子回路で動作するタイプのものが主流になっています。私の家で現在使っている時計も、24年のものですが、ムーブメントはクオーツ式で、鞴をモーターで駆動して鳩の鳴き声を出しているもので、純粋な機械式鳩時計ではありません。この写真の時計はメーカー名をはっきりと読み取ることができません。当時としては手塚やミケンの時計が有名ですがこの時計はどこのものでしょうか?おもりを鎖で引き上げてそのエネルギーで動く、重錘式というもので鳩時計としては一般的なものです。錆や油ぎれなどで動かない状態です。時計屋さんならすぐ修理できるでしょうが、さて私にも修理できるでしょうか?いずれチャレンジしてみます。この時計は昭和32年に福島県いわき市にある渡邊中学校の校歌作曲記念に贈られたものです。

2005/6/12
昔々のラジオのホーンスピーカー(NEW HOME)

日本にラジオが普及し始めた頃。スピーカはこのようにホーン型をしていました。電気信号を音に変換する効率が悪かったのでホーンを使い効率を良くしていたと考えられます。蓄音機などでは、サウンドボックスから発生する空気振動をホーンに導き音を拡大しているのと同じですね。このスピーカーは錆が酷く傷みが激しい状態ですが、どうにか当時の形を留めています。メーカーは不明ですが、NEW HOMEという文字が薄く残っています。ホーンの部分には青錆がでていて、中程からしたの部分は鉄さびが見られますので、それぞれ金属の材質は違うようです。大正末期から昭和初期のものではないかと推測されます。

2005/6/1
ナショナル 「パナペットR−72」

ちょっと気が早いけど、都合により少し早く更新となります。
このラジオは私が集めているものとしては新しい時代のものですが、珍しいデザインなので載せます。1972年頃に売られていたナショナルのラジオで、クルリと回って円のようになり、手首などにも付けられるおもしろい形をしています。AM専用で電池は006Pで動作します。何ともユニークな形で面白いですね。これの先日古道具屋に立ち寄った際に店の主人が「電話のようなラジオがあるよ!」と教えてくれました。写真では見たことがありますが、実物を手にしたのはじめてでした。当時の若者はこんなラジオを持って街に出ていたっでしょうか?そうは言っても、当時は私も若者でしたが持っていませんでした。