過去の日記No.31


2005/5/1〜8

吊り下げ型石油ランプ

SONY TRW−621
(時計付きトランジスタ・ラジオ)

2005/5/19〜

古いデザインの差し込みプラグ
(ポニーキャップ WH 4000)

メーカー不明の蓄音機

2005/5/22
メーカー不明の蓄音機

こんにちは、今日は5月の連休に群馬県に遊びに行った時に寄った地球屋という店で購入した蓄音機を載せます。地球屋は群榛名山の麓にあり、広く綺麗で趣のある店です。その店のコーヒーが美味しく時々立ち寄っては楽しんでいます。この蓄音機は、製造元の表示が無く、どこの会社で作られたものは不明です。ほとんどは、なにがしかの名前が書かれているものですが、それらしき名は見あたりません。唯一、サウンドボックスにAUBADE TAKING MACHINE U.S.Aの名があります。作りや状態からそれなりに古い物のように思われますが、製造年代はわかりません。ゼンマイモーターの状態も良く、ターンテーブルは安定した回転をします。サウンドボックスは多少の傷みはあるものも使える状態です。SPレコードをかけてみると若干音が小さいように感じられます。分解して注油・調整が必要かもしれません。


2005/5/19
古いデザインの差し込みプラグ(松下電工 ポニーキャップ WH 4000)

掲示板で「黒くて丸い電源ソケット」の話題がでていました。言葉では表現しにくいので写真を載せます。これは、現在でも発売されている、昔のデザインそのままの差し込みプラグです。昔のラジオや電気器具によく使われているものと同じですね。古い電気器具のプラグは痛んでいることが多く、安全面から考えると交換した方が良いと思います。しかし、装飾品として飾っておくだけで使わないのであれば交換しない方がいいでしょう。

2005/5/8
SONY TRW−621(時計付きトランジスタ・ラジオ)

ゴールデンウィークも終わり、ちょっと気持ちを入れ替てがんばろうと思っています。
さて、今日は先日しばらくぶりに立ち寄った古道具屋で見つけたトランジスタラジオを紹介します。1960年に発売された製品で精工舎の時計が付いています。トランジスタ6石で機械式時計(腕時計の機械部分)が付いています。時計とラジオが連動してタイマー機能が使えるようになっています。当時はナショナルなどもこのような時計付きのトランジスタラジオを発売していたようです。戦前の真空管ラジオにも時計付きのものがあり、ラジオに時計を付けと便利だったんでしょうね。古道具屋の主人は「珍品で珍しいよ。最近入ったばかりだよ。」と言っていました。このラジオは確かに状態が良く傷一つありません。あまり使われていなかったものと思われます。ラジオは比較的良く受信できますが、時計は若干の修理が必要と思われます。

時計は電池ボックスの下に隠れて見えません。

2005/5/1
吊り下げ型石油ランプ

最近仕事が忙しく、がらくたで遊んでいる暇が無くなってしまいました。しばらくは我慢しようと思っています。
さて、今日は少し昔の吊り下げ型石油ランプです。どのくらい前のものかは不明です。錆やガラスの状態からすると数十年まえのものと思われます。ガラスには気泡が多数有り、ある程度昔のものかもしれません。電気式のランプの方が使いやすくて便利ですが、石油ランプは災害時などには便利かもしれません。最近あまり見かけなくなりました。