過去の日記No.30

 


2005/2/1〜12

Victorola ポータブル蓄音機

昔の八角時計(日本製)
2005/2/27〜3/20

丸形反射式電気ストーブ
(Seki Electric Works)


こんにゃく紙の試作

2005/4/3〜16

昔の照明器具
一文字笠(乳白色ガラス) 


汚れたナショナル真空管ラジオ

2005/4/16
汚れたナショナル真空管ラジオ

しばらくぶりに真空ラジオを載せます。今日のラジオはとても汚れているナショナルのラジオです。先日しばらくぶりに行きつけの骨董屋に行ってみると、店頭に置いてあり放送が流れていました。かなり汚れてはいるものの、欠品やケースなどの欠けはありませんでした。購入しようかしばらく悩みましたが、値段が安かったので買ってきました。使われている真空管は19A3、30A5、12AV6、12BA6、12BE6、12ZE8です。マジックアイの12ZE8は新品を見つけることが難しくなりました。先日秋葉原のあるお店で「12ZE8はありますか?」と尋ねると「ありません。あったとしても8000円くらいしますからね。」といことでした。確かにいくつかの店を探しても見つからず、インターネットで探しても見つかりませんでした。6E5は値段が高くなりましたが、いくつかの店で買うことができます。まだ在庫があるようですね。ラジオの型番は回路図の端の方に書かれてるようですが現在読み取れませんでした。後日確認します。

2005/4/3
一文字笠(いちもんじがさ 乳白色ガラス)

4月になりこちら関東でもちこらこちらで桜の花の開花はあじまりました。
さて、今日には私の小さい頃に、よく見かけた電器の笠です。ガラスの笠の色は乳白色でごく一般的なものなので、あまり価値はありませんが昔の雰囲気を漂わせています。良い物は笠の縁の部分に色ガラスが使われ綺麗なもののありますが、これは乳白色一色です。片方は引っかけろーゼットが付けられているので、ごく最近まで使われていたものでしょう。もう1つは陶器製のローゼットが付けられていて当時ままの状態です。電球はナショナルの「街灯用」で現在でも販売されているもので、道路を通る自動車などの振動に強く作られているようです。電球は消耗品なので交換されていて当然ですね。

2005/3/20
こんにゃく紙の試作

約1ヶ月ぶりの更新になります。
今日は、昨年8月に子どもと一緒に実験した「こんにゃく紙」の試作を載せます。こんにゃく紙は戦時中の風船爆弾に使われたことで知られていますが、強制紙としてそれ以前から紙衣(紙子)や陣羽織や道服や刀の鞘袋などの使われていた技術です。こんにゃく紙の作り方は、インターネットなどを調べても説明されたものは見つかりませんでしたので、こんにゃく糊による強制紙づくりという観点から実験・試作してみました。こんにゃく紙は時計の鞴などに使われていますが、薄いこんにゃく紙(強制紙)は売られいません。今回試作してた結果、完全なものではありませんが、どうにか本物もこんにゃく紙に近いものが作れたと思います。このホームページを見ていただいた方の修理に参考になれば幸いです。
<こんにゃく紙の試作>若干の修正を加えました。2005/3/20

2005/2/27
丸形反射式電気ストーブ(Seki Electric Works)

本当に久しぶりの日記更新です。
今日は戦前のものと思われる反射式電気ストーブを載せます。Seki Electric Works (Maide in Tokyo) 社製のもので100V 500Wの電熱線が使われています。電源コードは新しいもに交換されています。ちょっと、これでは合わないので当時に近いものに交換し直したいと考えています。磨くと綺麗になるでしょうが、古さが無くなってしまうので検討中です。最近、ハロゲンの丸い反射式ストーブが流行っていますが、この形は昔からあったんですね。松下電器から昭和2年にこのストーブによく似たものが7円で発売されています。当時の値段で7円は高価な物ですね。中心に見えるマークに書かれているSKの文字の書体が当時の芝浦製作所SEWにそれに少し似ています。このストーブも同じ昭和初期の製品のように推測されます。通電してみると、写真のように輝き暖かさが感じられました。

2005/2/12
昔の八角時計(日本製)

仕事が忙しいことと、最近がらくたを入手していないので、久しぶりの日記更新になります。がらくたの修理もやりのですが時間がありません。残念です。さて、だいぶ古いショートドロップタイプの8角型時計です。明治から大正頃のものでしょうか?文字盤が張り替えられていますが、内部はオリジナルのようです。この状態だと再度文字盤を張り替える必要がありますね。飾り鋲があり風格があります。

2005/2/1
Victorola ポータブル蓄音機

2月になり節分、そして立春も間近となりました。今日は昔の蓄音機を紹介します。この蓄音機はいつ頃のものでしょうか?戦後のものかもしれません。ゼンマイを巻くとターンテーブルは回りますが、スピードが不安定です。修理が必要でしょう。サウンドボックスは多少の傷みがありますがどうにか使える状態です。この蓄音機はターンテーブルに皮が貼り付けてあります。一般的にはフェルトを貼り付けてあるものは多いように感じます。ビクター製なので修理してみる価値はありそうです。内部はまだ見ていません。