過去の日記NO.3
この日記はいずれ、それぞれの品物の種類別のページに整理した後、順次削除します。

11/2〜8
Columbia Model1847
マツダランプNo.2
精工舎の柱時計
11/10〜14
1950年の広告No.8
TEN GT管5球スパー

蓄音機改造?
昔の広口瓶
11/17〜21
昔の蓄音機
MAGNA PHONIC
1950年の広告No.9
マツダラジオ

昔のオーディオセット
11/23〜27
1950年の広告No10
ナショナルUS−200

バカでかい電蓄

2002.11.27
バカでかい電蓄  ハーク社(HARK)製のフィールドコイル型スピーカー

お久しぶりです。仕事が忙しく日記もお休みでした。今日は以前から写真を載せようと考えてたバカでかい電蓄です。以前紹介しましたが。たぶん昭和28年頃から昭和30年頃にかけての自作電蓄で苦労して作ってあります。見ての通りキャビネットはとても豪華です。友達が購入して中身だけ譲ってもらいました。友人は中に現在使っているステレオセットを入れて使うそうです。我が家には、こんな大きなもの置くところはありませんので中だけの方が嬉しいです。見ての通り真空管はマツダ6WC5、マツダ6D6、マツダ6ZDH3A、?(ソケットだけ)、FUJI 80(1953−7)、マツダ6SL7GT、ナショナル6AR5×2でST管GT管MT管が付いています。面白いですね。トーンアームはアイワ製、フォノモーターはアカイ製の良いものが付いています。スピーカーは大きなフィールドコイルSPでハーク(HARK)社製のものが付いていました。昭和28年の雑誌にHARK社のスピーカーの広告が載っていましたので、このころ東京にあったんでしょう。この会社は今はありません。アウトプットトランスは黒くて大きな角形でこれにもまたHARK社のマークが付いています。この頃、自作で大きな電蓄を作るのが流行ったんですね。中身よりキャビネットに価値があるように思います。バリコンはケース付きの大きなしっかりとしたものでめずらしいです。画面ではツマミは付いていませんがすべて内部に残っていました。
 次回はこのハーク社製のフィールドコイル型スピーカーについて紹介します。



2002.11.24
大きなオーディオセット(電蓄)の分解
今日は友人の家に行き先日日記に書いた大きなオーディオセット(電蓄)の分解をしてきました。内部の回路をすべて譲ってもらい持帰ってきました。昭和28年頃に自作した大型電蓄と思われます。とても丁寧に作られていました。後日、キャビネットを含む写真を公開します。価値あるものではありませんが、なかなか面白いものです。特にSPがめずらしいです。ではまた、後日。

2002.11.23
1950年の広告No10 (ナショナルラジオ US−200)

またまた広告。今日は民間放送開始直前のナショナルのラジオです。このラジオもマジックアイは付いていません。でもデザインは少し新しさを感じます。「民間放送開始に先立ちナショナルはいち早く民間放送型スーパーラジオを発売。その高性能に加えて割期的的兼賣は多大の好評を博しましたが、引き続き造形美の先端を行くロマン調デザインと選波製に重点を置いた民間放送2号型を発売致すことになりました。本機もまた必ず皆様のご満足をいただくものと確信いたします。」と書いてあります。しっかりとした落ち着いた作りの良いラジオですね。この頃の8500円は大卒初任給1月分くらいだったと人から聞いたことがありますが本当でしょうか。今度、図書館で調べてみます。受信周波数530〜1700KCが少し拡張してあります。
それから、先日、日記に書いた大きなオーディオセットですが、中身だけで細かく写真などでご紹介できるかもしれません。

2002.11.21
はじめて見た昔のオーディオセット

今日は写真をお見せできないのが残念です。おもしろいモノを見ました。昭和20年代後半から昭和30年代にかけて、作られたオーディオセットです。メーカー製ではなく、個人が作ったもののようです。当時キットでこれの半分くらいの大きさもものはありました。これもキットだったんでしょうか?高さは平均的な大人の人が立った状態で胸より少し低いくらい、幅は両手を広げたよりも少し狭いくらいのものです。半分より下はスピーカーが入っている部分で当時のネットが張ってあります。上半分は取っ手(丸く大きな古い金具)の付いた観音扉になっていて、開けると、左側にレコードを入れる棚。右側はラジオ(確か3バンドMW、SWともう一つは不明)付きアンプ。このラジオ付きのアンプが面白い。真空管は80、6WC5、6D6、6ZDH3A、外されていた?、GT管、6AR5が2本、マジックアイ(たぶん6E5)でST管GT管MT管の3種類が使ってあります。大きなトランスが幾つか見られました。電源トランス以外にも出力トランスらしき大きな角形のものがありました。スピーカーは直径30cmくらいある、とても大きなフィールドコイル型でした。スピーカー室には吸音材として布団や綿が壁に貼ってあり音質に気を使っていたことわかります。このSPだけでも価値はありそうです。値段はそれなりだったんですが大きすぎて置き場所に困るので買いませんでした。とても風格があり家具としても価値のありそうなものでした。こんなオーディオセットを当時使っていた方はかなり裕福な方だったんでしょう。


2002.11.20
1950年の広告9 (マツダラジオ High Fidelity)

広告にはこんなことが書いてあります。「音質が良く分離が良い、しかしも感度がよくて故障がおこらない、これがらラジオセットの理想です。皆様にラジオを楽しく聴いて頂くためにそれを兼ね備えさせて作ったのがこのセットです。」一流ブランドのマツダらしい表現ですね。丸ダイアルのしっかりとしたデザインです。この頃のラジオにマジックアイが付いていないところを見ると、マジックアイ付きのラジオがたくさん出てきたのは民間放送が開始されてからのことなんでしょうね?個人的にはマジックアイ付きのラジオが好きです。あの、薄緑色に光る幻想的な光をみると嬉しくなります。マジックアイは最近とても値段が高くなり買うのにも勇気が要ります。私がラジオを集めはじめたときには秋葉原で1000円くらいで買えました。その後、あっという間に3500円になってしまいました。マジックアイは寿命が短いので大切に使いたいですね。私も安いときに買い貯めておいたものを大切にしています。


2002・11.17
昔の蓄音機(MAGNA_PHONIC)

仕事のイベントも一段落してほっとしたところです。今回は気晴らしにがらくた蓄音機を紹介します。蓄音機を収集していらっしゃる方が見ると価値のない粗大ゴミのような蓄音機です。でも、値段もそれなりなので私には合っています。ビクトローラやHMVなどのような一流品ではありませんが、それなりに当時の雰囲気を味わえます。これを買うときに店の主人は「もう1つ痛んでいるものがあるんだけど、そちらはビクトローラのVV1−9だからちょっと高いんだ。」と言っていました。この蓄音機はゼンマイモーターは正常に動作していて、ガバナーでの速度調節も良好でした。サウンドボックスは多少の傷みはあるものの使えるようです。内部はまだ開けてチェックしていませんが、たぶん前面の布と木製の飾り枠が交換されているよに感じられます。全体的に非常に重くしっかりとした作りです。

2002.11.14
摺り合わせの蓋の付いた広口瓶

今日は紅葉を見に群馬県の中之条町へ行って来ました。行く途中でリサイクルショップの看板があったので立ち寄ってみました。大通りからしばらく入った、静かな山の中にあるリサイクルショップへ入ると、主人が「片づけてないので散らかってるよ。価値のあるものは無いよ。」と言ってくれました。プレハブの中にたくさんの品物が置いてあり、私は「何かお宝はないかな?」とウキウキしながら見ていました。電気、機械類の品物は比較的新しいものばかりで古いものは見あたりませんでした。ふと、床の上に置いてある段ボール箱に目が止まり、良く見ると昔の広口の瓶です。お菓子などが湿気ないように小さいとき家で使っていたものと同じ、あの摺り合わせ蓋の付いた広口瓶です。店の主人に聞くと「古い家を解体して仕入れたばかりのものだよ」と教えてくれました。値段も安かったので買ってきました。紅葉もきれいでした。

2002.11.13
これぞ がらくた!(蓄音機改造?昔のレコードプレーヤー ラジオ付き)

ちょっと見ると高級な電蓄に見えますが・・・?これ、たぶん元々はゼンマイ式の蓄音機だったように思われます。何故かというと、中身が器用な人の手作りのようです。右側の写真をご覧になればすぐわかりますね。チューニング及びスイッチ類は右側面にあります。めずらしいのは、真空管がすべてGT管です。5Y3(FUTABA)、6V6(HYTRON)、6SN7(SYLVANIA)、6SA7(KEN−RADメタルチューブ)なんと真空管のメーカーもバラバラです。5球スーパーラジオを自作してプレーヤーを接続したものですね。アルミシャシーに丁寧に配線がしてあり、ラジオは今でも良く鳴ります。クリスタルピックアップが壊れているのでレコードの再生はできません。この頃のピックアップはだいたい壊れていることが多いです。湿気があるところに保管しておいたものはダメなものが多いですね。ターンテーブルのスピード調節は昔ながらのガバナーで調整します。機械部分はいまでも良好に動作します。昭和20年代に蓄音機のケースを使って自作されたものかもしれません?大きいので場所をとって困ります。こんなもの何の役にも立ちません。でも捨てられないんですから、ほとんど病気ですね(笑)。

2002.11.10
1950年の広告No.8 (TEN GT管5球スーパーラジオ)

神戸工業のGT管真空管ラジオです。この頃にすべてGT管を使ったラジオは少なかったようです。ほとんどがST管で作られています。GT管はST管に比べ小さくてしっかりとしたつくりで、先端の技術を感じます。神戸工業は以前川西機械と言って真空管も作っていましたね。古い真空管に時々見かけます。TENと言う真空管もたくさん見かけます。技術的には高いものを持っていたのでしょう。ラジオの絵からも最新のGT真空管を使った新鮮さを感じます。







                










2002.11.8
ちょっと昔の柱時計(精工舎

お久しぶりです。今日は時計です。四角い文字盤のSEIKOSHAの柱時計。これは残念ながら振り子室のガラスが割れています。文字盤が四角くてかっこいいので入手しました。ガラスには少し模様が付いています。比較的最近の柱時計なので価値はないでしょう。「猫またぎ」と言われるように、この頃のものは数も多く高級感はありません。粗大ゴミに近いです。ましてや、ガラスが割れていては限りなく粗大ゴミですね。でも捨てきれない味が少し残っています。
腕時計や懐中時計は精密に作られていて高級感があり、更にアクセサリーとしての価値もありますから、現在でも高い人気があります。しかし、柱時計も明治、大正期の質の良いものは高値で取引されているようです。行きつけの古物屋で最近、四つ丸時計や大正期の立派な柱時計を見かけました。やはり、そのころ(明治、大正期)のものは風格があります。数万円でもすぐ売れてしまいました。
私としは、これ以上大きなものが増えると置く場所が無いので腕時計や懐中時計の方がいいのですが、先立つものがありません(笑)。









            

2002.11.4
1950年の広告No.7 「よい子のあかり 新マツダランプ

うーん!レトロな雰囲気ですね。マツダ電球の広告です。先月ご紹介した同じ年のものです。かなり力を入れて宣伝してますね。「マツダ」「MAZDA」ゾロアスター教の光の神からこの名前が付いたらしいです。ヨーロッパにもMAZDAブランドがあります。1927年頃イギリスBTH(British Thomson−Houston)がMazdaブランドで真空管をだしていました。先にこの名前を付けたのはイギリスの方が早いんでしょうね?たしか、東芝の前身の東京電気K.K(TEC)は、はじめのころはサイモトロンという名前を使っていましたから・・。昔の真空管にサイモトロンと書いてありました。今「マツダ」と言えば自動車会社の方が有名ですね。撮影者の名前もしっかりと書いてるところがいいですね。 1950年10月29日の広告です。前回の8月に比べ秋も深まり暖かさを感じる広告です。電球の宣伝に季節を感じ取れる時代だったんでしょう。

2002.11.2
Columbia 1847

11月になり秋も深まって風も冷たくなってきました。今日はColumbiaのトランジスタラジオMODEL 1847です。これを見て「どこかで見たことがある!」とお気づきの方がいると思います。先日yahooのオークションで落札したものです。私は真空管に関しては時々オークションに参加するのですがトランジスタラジオははじめてです。電池を入れても使えないとのことでしたが、どうにかなるかな?との思いと、デザインが気に入ったのでつい入札してしまいました。品物が届いたので早速電池を入れてみました。ノイズも出ず何も音がしません。まずは電池ボックスの電源チェックをしてたところ、不安定で電圧が出ていません。そこで、外部から電源を供給してテストするとこれもダメ。今度は主電源のスイッチをみたところ少し腐食がみられました。ヤスリで腐食を取り去り再度チェック。これで幸い元気に受信できました。本格的な修理はこれからです。この頃のTRラジオは奇麗な色が付いているものがあり好きです。ほとんどのラジオが地味な色や黒が主体ですが、昭和30年代前半のものには奇麗なものがあるように感じられます。