過去の日記No.29

2005/1/1〜9

3号自動式卓上電話機

3号自動式卓上電話機の修理
(その1)

2005/1/16〜22

3号自動式電話機の修理
 (その2)


卓袱台(ちゃぶだい
2005/1/30

シャープ真空管ラジオ
(UC−100)

2005/1/30
シャープ真空管ラジオ(UC−100)

真空管ラジオ集めていて時々、ラジオのキャビネットの上の部分に何かを乗せて使っていたと思われる痕跡があるものと出会うことがあります。このラジオも何か熱いものを乗せていたのでしょうか?それとも、真空管の熱で柔らかくなって、乗せてあった物の重さで歪んだのでしょうか?原因は不明です。これでは、部品としては使えますが、飾り物としての価値がありません。使用真空管は35W4、30A5、12AV6、12AB6、12BE6です。

2005/1/22
ちゃぶだい

今日は機械や電器ものではありません。昔はごく普通の家庭で使われていたちゃぶだいの写真を載せます。私も子どもの頃このような丸い卓袱台(ちゃぶだい)に向かってご飯を食べた記憶があります。昭和30年代はごくありふれたものでしたが、今はあまり見かけなくなりました。足が折りたためて収納がし易くとても便利でした。無垢の木でできていて、木目も綺麗で傷も少ないのですが若干の反りがあります。どうにかこの反りを修正できればと思っています。

2005/1/16
3号自動式電話機(本体)の修理 その2

今日は前回の修理の続きを載せます。ダイアルの修理ができたので、次は電話機本体です。本体の配線を元通りに直すだけなので簡単ですが、ベルを鳴らす部分の調整は微妙で、ほんの少しで音が変わります。軽やかな透明感のある音で鳴って欲しいので少し時間をかけました。修理してみて、電話機はダイヤルが綺麗にきっちりと仕上がると、とても立派に見えるようになると感じました。この3号自動式電話機は風格のある電話機に仕上がったと満足しています。これで、2号、3号、4号電話機の修理が終わったので電話機の修理は終わりです。また以前のようにラジオの修理でもしょうかな?と思っています。でも、仕事が忙しいのでしばらくはできないかもしれません。

2005/1/9
3号自動式卓上電話機(2−Bダイヤル)の修理 その1

あっという間に正月気分も終わり、仕事が始まりました。忙しい!。先日3号自動式電話機の修理をしたので途中までですが載せます。いくつか回路が変更されていたり余分なものが点いていたりして修理を楽しめました。よろしければ修理日記の3号自動式卓上電話機の修理をみてください。

2005/1/1
3号自動式卓上電話機

新年あけまして おめでとうございます。12月31日にはこちらでもたくさん雪が降り大変でしたが、無事正月を迎えることができました。日記を見て頂いている方々に感謝します。
さて、今日は古い電話機です。3号自動式卓上電話機は、昭和8年に現在使われている電話のように、送話器と受話器を連結して一体化し使いやすくしたようです。それまでは、2号電話機のように送話器を受話器が独立していました。確かに片手で持って受話部分を耳に当てると自ずから送話器が口に近づき、とても使い安いですね。デザインは2号自動式電話機に比べて、現在の電話機に近くなってきましたが、4号自動式に比べて角張っていて古さを感じます。材質は黒のベークライトでずっしりとした重さがあります。この頃のものでベークライトが使われてるのは珍しいです。ラジオでベークライトを素材としたケースが使われたのは、昭和11年頃で「ナショナル AR−11型」というものがあったようです。当時としてはベークライトを使ったものは高級品だったのでしょう。この3号電話機はあまり状態は良くありませんが、どうにか修復できる範囲と思っています。やってみないとわかりませんが、いずれ修理の様子を修理日記に載せます。この3号電話機が製造された時期は、内部のコンデンサーに「1951−6 TOWA」と書かれていることから昭和20年代後半のものと思われます。電話機の底に「S.44.5.18」のシールが貼ってあることから、昭和40年代半ばまで実際に使われていたものでしょう。前回修理した2号自動式壁掛け電話機は、その後使用していますが問題なく動作しています。