過去の日記No.28

2004/12/1〜5

昭和36年7月発売のテレビ
(三菱 14T−880)


4号自動式電話機修理その後
2004/12/8〜11

絶縁抵抗計
SANWA DM−5218S


戦前のメーカー不明ラジオ
2004/12/18〜25

内線用電話電話機
(ナショナル TLT−102型)

三菱白黒テレビ
(14T−880)のその後

2004/12/25
三菱白黒テレビ(14T−880)のその後
がらくたとしか思えない昔のテレビの修理を少しはじめてみました。修理できるかどうかはわかりませんがそれなりに楽しめます。内部はゴキブリの卵と埃とゴミで酷い状態でした。どう見ても粗大ゴミです。 三菱テレビ14T−880(昭和36年7月発売)

2004/12/18
内線電話用電話機(ナショナル TLT−102型)

今年もクリスマスが近くなり、街のあちこちでクリスマス用の電飾が綺麗に飾られています。今日は、ゴミのような電話機を載せます。ちょっと見るとごく普通の電話機のように見えますが、内部を見るとダイアルがロータリースイッチの構造になっていて、受話器をとってその番号を回すと、その番号の電話機につながるようになっているようです。受話器を取った状態ではダイヤルは戻らず、受話器を置くと戻るような構造になっています。この電話は、私にとっては興味の対象外で全く価値を認めません。前回修理した4号A自動式のおまけとして付いてきたものです。

2004/12/11
戦前のメーカー不明ラジオ

このラジオはST管ラジオの項目の一番はじめに載せたラジオと同じタイプのものです。以前修理したものは、キャビネットの前の面が剥がれていたので、友人に張り替えをしてもらいました。このラジオはツマミが2つ無くなってることと、キャビネットに多少の虫食いが見られます。そこで、穴の中に殺虫剤を十分ふきこみ、その後ビニール袋で密封してしばらく保管して虫の駆除をしました。真空管の構成も同じで12F、26B、26B、27Aです。シャーシも同じ鉄製で縮緬加工がされています。メーカー名が書かれていませんので、有名メーカー製ではなさそうです。私は最近ラジオ修理をしていません。また気が向いたらラジオ修理を楽しみたいと思います。

2004/12/8
絶縁抵抗計(メガー) SANWA DM−5218S

今日の日記はちょっと一休み。ということで古い電気機器を修理するときに、以前から欲しいと思っていた、絶縁抵抗計(メガー)を最近手に入れました。昔の扇風機などを修理していて心配になるのが「絶縁は保たれているか?」ということでした。テスターなどで大まかな絶縁は調べられますが、しっかりとした絶縁試験はできません。各社からいろいろな絶縁抵抗計が発売されていますが、手頃な価格で比較的低い電圧の試験ができるもの、ということでSANWAのDMS−5281Sに決めました。125V(200MΩ)、250V(500MΩ)、500V(1000MΩ)の3レンジでテストができます。また、最大AC600V、DC60Vの電圧測定もできるようになっています。コンデンサーの簡単な絶縁チェックができるかも・・・?? コンデンサーの容量はLCR(AMREL 470D LCR METER)メーターで測定しています。

2004/12/5
4号自動式電話機修理その後

先月から修理をしてた、4号自動式電話機(昭和38年8月)の修理が終わりました。受話器と送話器が納められている、一般的には受話器の手で持つ部分の内部にある接続の断線がやはり原因でした。詳しくは電話の修理日記にあります。下側の写真は修理が終わった電話機です。その下は修理の部品取るために使った電話機です。

 4号A自動式電話機(昭和38年8月)

部品取りに使った4号A電話機の内部 少し新しいですね。ダイヤル本体も違いますが、回して戻るときの音が全く違います。どちらかとば、音は600形に近いように感じます。

2004/12/1
昭和36年7月発売のテレビ(三菱 14T−880)

木々の葉が色づき、秋の日に照らされた紅葉がひとときの安らぎを与えてくれる季節。今日は、最近いただいた昔のテレビを紹介します。昭和30年代はじめのころのテレビは、全体的に角がとれて丸みを帯びていている形のテレビが多いのですが、このテレビは昭和30年代半ばのもので、角が四角張っています。両側にスピーカーがあり幅が広いように感じます。ブラウン管の画面は全体的に角が丸みを帯びている古いタイプです。このテレビは保存状態が悪く、シャーシー等に錆が見られます。また、チャンネルツマミの飾りも外れてしまっています。修理可能かどうかは、良く調べてみないとわかりません。ブラウン管などの重要な部品の部品交換が必要な場合は修理不可能と言うことのなるかもしれませんし、私の修理技術が及ばない場合もあります。しかし、もともと頂いたものなので、気楽に修理にチャレンジしてみようと思っています。