過去の日記No.26

2004/10/1〜7

NIPPONPHON HARMONY
(ニッポノフォン ハーモニー)


1950年の広告No.24 
(精工舎の時計)
2004/10/10

PHOENIX SUPER 
(池田電機K.K 昭和31年)


ちょっと昔の精工舎の柱時計
2004/10/25
ナショナル真空管ラジオ
UX−500


1950年の広告No.25
(日立扇風機、
日立電氣井戸ポンプ)

2004/10/29
1950年の広告No.25 (日立扇風機、日立電氣井戸ポンプ)

こんにちは、今日は1950年の電氣井戸ポンプと扇風機の広告です。この頃の扇風機の形は戦前のものと大きな変化はなく、金属でできていて重いものだったようです。大正時代から昭和の20年代後半までこのデザインが主流を占めていたのでしょうか?この頃、扇風機がある家は少なかったと思われます。水道が完備ていなかった頃は手動式の井戸ポンプやこのような電氣井戸ポンプが活躍しました。私が小さいかった頃は、まだ町の水道もきていなかったし、電氣井戸ポンプもなく、手でガチャポンと動かすポンプが井戸についていました。

2004/10/25
ナショナル真空管ラジオ UX−500

このラジオは、昭和30年代のMT管使用のラジオでまだ木製のキャビネットが使われています。使用真空管は35W4,30A5,12AV6,12BA6,12BE6の構成です。受信可能な周波数帯はMWとSWの2バンド。デザインも悪いのでアンティークラジオとしては価値がなさそうです。

204/10/17
ちょっと昔の精工舎の柱時計

今日は昭和20年代から30年代にかけての精工舎の柱時計です。ごく普通のもので高級品ではありませんが、当時の雰囲気が漂う落ち着いたデザインですね。文字盤の綺麗に保たれています。年を経ると木部も深い味わいの色やつやが出てきます。

2004/10/10
PHOENIX (池田電機K.K 昭和31年)

フェニックスという名のあまり聞いたことのない会社のラジオですが、この名前で池田電機はラジオを販売したようです。12F、6K6(RCA Radio toron)、6Z−DH3A、6D6、6WC5、6E5の真空を使っています。なぜか出力管だけGT管を使っています。メーカー製だけあって作りはしっかりしています。昭和31年製造の文字があります。


2004/10/7
1950年の広告No.24 (精工舎の時計)

現在ほとんどの時計はクオーツ式になっていて、機械式時計は見かけなくなりました。クオーツ式の方が精度が高く、故障も少なくメンテナンスの面でも楽です。昭和25年頃の時計はゼンマイを用いた機械式時計ですから、精度やメンテナンスの面では良くありませんが味わいがあります。精工舎は一流の時計メーカーで良くできていています。目覚まし時計もなかなかレトロな感じでいいですね。

2004/10/1
NIPPONPHON HARMONY(ニッポノフォン ハーモニー)

しばらくぶりに蓄音機を紹介します。この蓄音機は昭和初期のもので株式会社日本蓄音機商会(現在の日本コロンビア株式会社の前進)のものです。60円ほどで売られたようで、その頃の一般庶民にとってはかなりの高額ですね。2重ゼンマイモーター、正面のホーン部分に扉が付いているタイプでデザインとしては好きなタイプです。サウンドボックスはマイカできてる古いタイプのもと思われます。これは、まだ内部を調べていませんが、ゼンマイが切れている可能性があり、大掛かりな修理が必要でしょう。