過去の日記No.25

2004/9/1〜

関東ラジオキャビネット
物品税完納協力会


ナショナル PROCEED 2600
2004/9/15〜

SEIKOSHAの八角型時計

戦後の4球ラジオ?
(SHIBADENKI MODEL-No.50)

2004/9/24

FULMITER
(SUBSTITUTER CHARGER)

2004/9/24
FULMITER(SUBSTITUTER CHARGER)

今日は日本積層ドライバッテリー社製のFULMITERというものを載せます。私には詳しいことはよくわかりませんが、乾電池で動作する真空管式ポータブルラジオのB電源用と思われます。内部は小さなセレン整流器、コンデンサー150V 45μF、抵抗3本、ネオン管などの部品が付いています。簡単な整流回路を組み込み、B電池の代わりと充電器の両方の機能を持たせたものと思われます。しかし、BL-145などは充電可能な電池だったのでしょうか?。充電に関しては、いささか疑問があります。知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。抵抗が少し焦げているのが見えます。かなり熱くなったのものと思われます。通電していませんので動作するかどうかは不明です。昔は一般的なものだったのでしょうか?

2004/9/20
戦後の4球ラジオ?(SHIBADENKI MODEL-No.50)

今日、紹介するのは、SHIBADENKI製のラジオでフレームが紙製のマグネチックスピーカーが使われた4球ラジオです。真空管の構成は12F、6Z-P1、6C6、6D6(オリジナルかどうかは不明)です。シャーシーはアルミ製であることがら戦後のものとおもわれます。デザインはシンプルで癖はないのですが、安物という感じがします。でも当時としては高かったのかもしれませんね。スーパーヘテロダイン式のものではないので、IFTも付いていません。修理をすれは使えるようになるかもしれませんが、ダイアル面の文字は水洗いすると、剥がれ落ちてしまいそうです。

2004/9/15
SEIKOSHAの八角型時計

しばらくぶりの更新になります。今日は、昔の精工舎の掛け時計です。文字盤周りが八角型のもので当時としては一般的な形だったものと思われます。状態は見ての通りで汚れは付いていますが、大きな欠損は無く比較的良い状態です。分解して磨き込むととてもきれいになるでしょう。内部もガラスも当時のもののようです。はっきりした製造年代は不明ですが、大正から昭和初期にかけのものでしょうか?裏側の木の汚れから時代の経過を感じます。

2004/9/6
ナショナル PROCEED 2600

少し秋らしくなってきましたが、台風18号が近づいていて心配です。さて、今日は久しぶりにBCLラジオです。8月の末にしばらくぶりに古道具へ行き何か無いかと探して見つけたものです。最近、古道具屋やリサイクルショップでBCLラジオをあまり見かけなくなりました。ネットオークションでは高値で取引されているようなので、そのためでしょうか?このナショナルPROCEED 2600は比較的少ないためか、あまり見かけません。周波数表示がデジタルで比較的新しく、大きさの割に持った感じは軽く、クーガ2200やSONYの5900などに比べると何となく安っぽく感じます。このPROCEED 2600は外観の汚れや傷も少なく状態は良好でした。

2004/9/1
関東ラジオキャビネット物品税完納協力会

いつ頃のものか正確な年代は私にはわかりませんが、たぶん昭和20年代の後半に売られれたものと思われます。裏蓋に左の写真のようなシールが貼られていました。その頃、関東ラジオキャビネット物品税完納協力会というものがあったんですね。キャビネットを作っていた会社はどのくらいあったのでしょう?昭和28年頃の5球スパーキットの値段は6WC5、6D6、6ZDH3A、6ZP1、12F、6E5(マジックアイ)で全パーツ一式で5,600円から5700円くらいで広告に記載されています。