過去の日記NO.24

2004/8/1〜

Columbia ポータブル蓄音機 
(MODEL−No.214)


1950年の広告
No.23 マツダランプ

2004/8/13〜

サウンドボックスの振動板の交換 
(Columbia No.15)


八角型ショートドロップ時計
(林時計)

2004/8/22

大型電蓄の中身

三ツ矢シャンペンサイダー
の箱

2004/8/29
三ツ矢シャンペンサイダーの箱

大きな台風16号が近づいています。そして、今年の夏もそろそろ終わりです。今日は6月22日に紹介した三ツ矢シャンペンサイダーの瓶を入れていたであろう箱です。ペットボトルなど無い時代ですから、ピンはこのような木製の箱に入って配達されてたのでしょうね。作りはいたって簡単ですが味わいのある焼き入れで文字が書かれています。右から左に向かって文字が書かれていますので戦前のものでしょうか?

2004/8/22
大型電蓄の中身

今日はしばらくぶりに、がらくたの詰まっている物置を整理しました。ずっと以前に買って置いたラジオや蓄音機や扇風機などゴミのようなものを片づけ処分し、ついでに写真を撮りました。そこで、先月の日記に書いた大型電蓄(20年代後半に自作?)の中身をご紹介します。キャビネットは市販のもので比較的軽くできています。中身は自作の5級スーパー(真空管は80,42,76,6Z−DH3A、6D6、6WC5、6E5で検波・低周波増幅6Z−DH3Aと出力管42の間に76が入っていますが・・・)スピーカーだけは、ONKYOのフィールドコイル型で大きなものがついています。シャシーにはマジックで書き込みがあり、まさに手作りの雰囲気が残っています。


2004/8/16
八角型ショートドロップ時計(林時計)

ホームページを開いて今日で2年が経ちました。今まで多くの方に見ていただき、お陰様でアクセスが20000カウントを超えました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
 さて、今日は八角型ショートドロップ時計で林時計製のものです。しばらく前にインターネットオークションで入手しました。明治後期から大正期にかけてもものでしょうか?正確な製造年代は私にはわかりません。小ぶりで部屋に飾ってちょうどいい大きさで比較的きれいです。内部の機械も元気に動いています。
 時計の原理や修理に関して参考となる本に、基礎時計読本(小林敏夫 著)があります。時計の歴史・基礎原理・修理に関することがわかりやすく解説されています。とても厚い本で472ページあり、内容も充実しています。

2004/8/13
サウンドボックスの振動板の交換 (Columbia No.15)

しばらくぶりに、修理日記を更新しました。以前からチャレンジしようと思っていた、サウンドボックスのダイアフラム(振動板)の交換をしてみました。

※最近、新しいパソコンに買い換えました。データーを載せ替えるのにとても時間がかかりましたが、とても快適に動いています。

2004/8/7
1950年の広告 No.23 マツダランプ

今日は昔の電球(マツダランプ)です。電球1個が50円から70円していたということは、現在の価格から比べるとかなり高かったんですね。宣伝文句がレトロでいいと思います。電球の販売用にホーロー看板を置いておく、そんな時代はだいぶ昔になってしまいました。ホーローの看板自体最近ほとんど見かけません。

2004/8/1
Columbia ポータブル蓄音機 (MODEL−No.214)

早いもので、今年も8月がやってきました。今年はこちら埼玉では雨が降らずとても暑い日が続きました。台風10号の影響でようやく雨が降り、庭や畑の植物もほっとしたことでしょう。さて、今日はコロンビアのポータブル蓄音機です。この蓄音機は見た目あまり変わりないように見えますがモデルナンバーが少しずつ違っています。今回のものはMODEL−NO.214です。内部は比較的きれいで大きな故障も無いようです。サウンドボックスも比較的状態がよく使える状態です。ケースに汚れがることが難点です。このようなポータブル型のものは、卓上型のものに比べれ安価で入手しやすく場所もとらないので修理をして遊ぶにはいいですね。音も比較的大きく当時の雰囲気を楽しむには充分です。