過去の日記NO.23


2004/7/1〜9

真空管ラジオ コンドル
(CONDOR 305−B)


1950年の広告NO.21
(NECの真空管)


ナショナル真空管ラジオ(GX−240)
2004/7/12

大型電蓄
(昭和20年代後半に自作?)


昭和初期の八角型時計 RUBY

1950年の広告
シャープ 強力拡声装置
 PA−30型

2004/7/24

ECHO 4球ラジオ

2004/7/24
ECHO 4球ラジオ

今年の夏は、とても暑く、雨が全く降りません。終戦の昭和20年もとても暑かったそうです。今日の真空案ラジオは、戦前、戦中のものか?あるいは戦後間のないものか?製造年代は不明です。ECHOと言う名前がかかれています。これが会社名でしょうか?デザイン的には戦中から戦後間もないもののように思われます。使用真空管は12F、26B、12A、56で古いタイプのものが使われています。すすがついて、だいぶ汚れています。昔、囲炉裏や竈を使っていた家では、その近くの高い棚の上に置かれたものは、すすがついて真っ黒になっていました。このラジオもそのような所に置いてあったのでしょうか?ACコードは切断されていて長い間通電した様子は見られません。ツマミ2つは交換されていてオリジナルのものでないように見えます。いずれにしても、60年くらい前の壊れたラジオです。古いラジオの趣味がなければゴミですね。

2004/7/20
1950年の広告(シャープ 強力拡声装置 PA−30型)

昔も今も人が集まるところには、大型PAシステムが必要になります。これはシャープの拡声装置で出力が30Wようです。デザインがとてもレトロできれいです。写真ではなくアンプやスピーカー機器が絵で表現されているのがいいですね。

2004/7/16
昭和初期の八角型時計 RUBY

今日は久しぶりに掛け時計です。昭和初期のものと思われるもので、周りに施された金色の彩色がきれいに残っています。多くのものは擦れや汚れてで消えてしまっています。状態も良くすべてオリジナルの状態を保っています。大切に使われていたものかもしれません。現在のクオーツ式の時計と比べると精度は落ちますが、飾っておくと何となく落ち着くのは私だけでしょうか?

2004/7/12
大型電蓄(個人で組み立て?)

今日は、昭和20年代の後半頃に組み立てられたと思われる大型の電蓄です。これは、ラジオを集め始めた頃に入手した物で、大きいので置き場所に困ります。内部の写真はいずれ載せますが、ごく普通のST管式5球スーパーです。真空管の構成は80,42,76,6Z−DH3A、6D6、6WC5、6E5で、出力管42と検波・低周波増幅6Z−DH3Aの間に76が入れられています。当時自作される方に流行ていたのでしょうか?こうのように76が入れられている自作ラジオ・電蓄をいくつか見たことがあります。昭和20年代後半に大型の電蓄キャビネットが流行ったようで、昭和28年の「図解と制作」に写真入りで紹介されています。プレーヤーはナショナルのSP、LP両方が使えるものが付いていますが、クリスタルピックアップは壊れていてレコードは再生できません。クリスタルピックアップの交換が必要です。クリスタルピックアップは壊れやすいようで、私が経験したものでは、ほとんどが壊れていて使えませんでした。スピーカーはONKYOの大型フィールドコイル型です。


2004/7/9
ナショナル真空管ラジオ(GX−240)

今日はとても汚れているナショナルの真空管ラジオです。デザイン色ともあまり良いものではありませんが、ただ汚れているだけで欠品などはありません。写真では周波数の文字が剥がれているように見えますが、実際はきれいです。真空管は回路図からわかるような構成(35W4、30A5、12AV6、12BA6、12BE6)です。特に変わったところは無く、ごく普通のMT管5球スーパーです。それから、前回のNECの真空管ラジオですが、日本電気製のものはあるようです。

2004/7/4
1950年の広告NO.21 (NECの真空管)

NECの真空管の広告ですが、なかなか奇麗で面白いデザインです。当時は真空管がラジオの心臓だったんですね。そう言えばNECの真空管は見たことがありますが、NEC製の真空管ラジオはまだ見たことがありません。この頃、NECはラジオを作っていなかったんでしょうか?NECと表示されていなくて、日本電気K.K 名の真空管ラジオはあるようです。

2004/7/1
真空管ラジオ コンドル(CONDOR 305−B)

昭和 1?年頃の田邊商店のラジオだと思われます。正確な製造年代はわかりませんが、好きなデザインで気に入っています。内部に汚れはあるもののオリジナルの状態を保っています。修理はまだしていませんので、通電もしていません。太平洋戦争開戦前のものと思われますので、作りが良くしっかりとできています。真空管は27A、26B、12A、12Bですべてオリジナルかどうかは不明です。CONDOR(コンドル)RadioReceiver MODEL 305-B  M no.15031